2018年09月18日

(特派員メモ)保護された動物に学ぶ @米国・イエローストン【朝日新聞デジタル2018年9月18日】

アメリカキンメフクロウのアーカディア=米モンタナ州ウェストイエローストン

 世界初の国立公園、米国イエローストンは、バイソンや大型のシカ・エルク、グリズリー(ハイイログマ)など野生生物の宝庫だ。西の玄関口モンタナ州ウェストイエローストンには、野生動物を詳しく学べる展示施設がある。

 猛禽(もうきん)類の生態を知るイベントで職員が紹介したのが、メスのアメリカキンメフクロウのアーカディアだ。体重100グラムちょっとの愛くるしい姿に、子どもたちは夢中だ。

 実は8年前に車にぶつかり、右目がほとんど見えない。保護されたが野生には戻せず、施設に来た。担当者は「野生にいたら狩りができず、おそらく死んでいたでしょう」と話す。

 ログイン前の続きこの展示施設にいるのは、ほとんどがアーカディアのような困難を抱えた動物たちだ。猟銃で誤射されたり、散弾の鉛中毒で飛べなくなったりしたハクトウワシ。人になれすぎて観光客を襲った母親が駆除され、取り残されたグリズリーの兄弟。「みんなここが終(つい)のすみかになったのです」

 人と自然はどう向き合うべきか。動物たちが「大使」となり、身をもって教えてくれている。(香取啓介)
https://www.asahi.com/articles/ASL8S3SF3L8SUHBI00T.html

http://archive.is/W95aS

posted by BNJ at 22:57 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わくわく 夜の動物園 不思議な雰囲気に大歓声 徳島市【徳島新聞2018年9月17日】

 徳島市のとくしま動物園北島建設の森で16日、恒例の「夜の動物園」があり、大勢の家族連れらが昼間とは異なる雰囲気を楽しんだ。

 LEDのイルミネーションに彩られた園内では、ライオンやオオカミといった夜行性動物が活発に行動。ホッキョクグマのポロロも飼育員が投げ入れた餌を勢いよく口にくわえ、子どもたちの歓声が上がった。

 神秘的な色を浮かび上がらせたフラミンゴの群れや、生きた魚を追ってプールを泳ぎ回るペンギンも人気を集めていた。

 家族で訪れた宇賀麻陽ちゃん(6)=城東幼稚園=は「お昼に来た時とは違って面白かった。イルミネーションもきれいだった」と話した。

 23日と10月6、13日にも開かれる。

餌をくわえたホッキョクグマのポロロに見入る家族連れら=徳島市のとくしま動物園北島建設の森
https://this.kiji.is/414215683473589345?c=39546741839462401

http://archive.is/DXeqN

敬老の日、フラミンゴつがいも長寿の祝い 広島・安佐動物公園【産経WEST2018年9月18日】

長寿フラミンゴ

 敬老の日の17日、広島市安佐動物公園(広島市安佐北区)で長寿の動物を祝う会があり、来園した大勢の家族連れらが、昭和46年の開園当初から飼育されているチリーフラミンゴのつがいを祝福した。

 2羽はチリーフラミンゴの平均寿命とほぼ同じ50歳(推定)。病気もなく、今も元気で食欲があるといい、この日は土を高く盛った塚の上に並んで立ち、仲の良さを披露していた。

 祝う会では、森本隆幸副園長が飼育係の栗原龍太さん(50)に2羽への長寿のお祝い状と好物の固形の餌をプレゼント。見守っていた家族連れや子供たちは「フラミンゴさん、おめでとう」と声を掛けた。

 この後、フラミンゴにちなんだクイズ大会があり、「なぜ体の色がピンクなの」「片足で立つ理由は」などの問題に、子供たちの笑顔がはじけた。

 フラミンゴの世話をして23年目の栗原さんは「2羽は私と同い年。『これからもお互い元気で行こうな』との思いです」とエールを送っていた。
https://www.sankei.com/west/news/180918/wst1809180011-n1.html

推定50歳 フラミンゴの長寿祝う【中国新聞アルファ2018年9月18日】
フラミンゴ池の前でチリーフラミンゴについて説明する栗原さん(奥右) 敬老の日の17日、広島市安佐動物公園(安佐北区)で動物の長寿を祝うイベントがあった。同園が、推定50歳のチリーフラミンゴ2羽にお祝い状を贈った。(ここまで 73文字/記事全文 272文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=466285&comment_sub_id=0&category_id=112

身近な野鳥の魅力感じて 静岡・葵区、写真で紹介【静岡新聞アットエス2018年9月18日】

身近な野鳥を紹介する写真展=静岡市葵区の戸田書店静岡本店
 静岡市葵区の戸田書店静岡本店と日本野鳥の会静岡支部は11月25日まで、同店で「私たちに身近な野鳥を知ろう!フェア&写真展」を開いている。
 同会が静岡市内を中心に撮影した野鳥の写真26点が、名前や生息地の説明と共に並ぶ。普段は見逃してしまいがちな鳥の美しい姿に買い物客が足を止めている。同会が製作した鳥をあしらったTシャツや手袋なども販売している。販売収益の一部は野鳥の保護活動に役立てるという。
 井谷晋弥店長(37)は「グッズもかわいいので、興味があればぜひ来てほしい」と来場を呼び掛けた。
http://www.at-s.com/news/article/local/central/542129.html
タグ:写真展
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハシビロコウお見合い 那須どうぶつ王国に神戸から移送【産経ニュース2018年9月18日】

 那須どうぶつ王国(那須町大島)に17日夕、神戸どうぶつ王国から繁殖のため移送されたハシビロコウの雄が到着した。那須どうぶつ王国では8月、ハシビロコウの雄「アサラト」が死に、雌の「カシシ」1羽だけとなっていた。

 神戸から移送されたのは雄の「ボンゴ」。繁殖機会が見込める1、2カ月程度の期間限定でカシシと同居させ、展示。“お見合い”が成功するか注目される。

 カシシは8月上旬〜中旬に雄への接近など繁殖行動がみられ、アサラトの死後も、繁殖行動がみられたこともあり、同時期に生殖可能な状態のボンゴを迎え入れた。ボンゴは推定7歳。

 また、研究機関にアサラトの死因究明の検査を依頼したが、特定には至らなかった。(伊沢利幸)
https://www.sankei.com/region/news/180918/rgn1809180028-n1.html

ハシビロコウ繁殖へ お見合い相手が到着 那須どうぶつ王国【下野新聞SOON2018年9月18日】
17日に来園したボンゴ

 【那須】絶滅危惧種の鳥、ハシビロコウの繁殖に取り組む大島の那須どうぶつ王国は17日、姉妹園の神戸どうぶつ王国から雄の「ボンゴ」を迎えた。健康状態を調査後、那須どうぶつ王国で飼育している雌の「カシシ」とお見合いさせる。

 同園では2017年11月からハシビロコウの雄雌各1羽を飼育し繁殖に取り組んでいたが、今年8月19日に雄の「アサラト」が死んだ。直前には、カシシに繁殖行動や営巣行動が見られていたため、ボンゴを同居させて見守る。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/75762

栃木)ハシビロコウの繁殖目指し雄到着 那須【朝日新聞デジタル2018年9月21日】
那須どうぶつ王国へ来たハシビロコウの雄「ボンゴ」=9月17日午後4時26分、栃木県那須町、那須どうぶつ王国提供

 大きなくちばしが特徴で、あまり動かない鳥として知られる「ハシビロコウ」を飼育する栃木県那須町の「那須どうぶつ王国」が、繁殖を目指して雌と雄の同居の準備を始めた。近く公開する。

 同園では昨年11月から雌、雄の1組で繁殖を目指していたが、8月19日に雄が死んだ。その直前に営巣行動が見られていたため、今月18日に神戸市内のグループ園「神戸どうぶつ王国」から新たに雄の「ボンゴ」を迎えた。雌の「カシシ」と同居させ、繁殖を試みる。

 ハシビロコウは絶滅危惧種で、日本動物園水族館協会は国内での繁殖例について「聞いたことがない」としている。協会加盟の6施設で計13羽が飼育されているという。(池田敏行)
https://www.asahi.com/articles/ASL9L42MVL9LUUHB007.html


http://archive.is/NmWZ8
http://archive.is/kg81f

群馬)猛暑で畜産業に打撃、衰弱死など 今後の影響も【朝日新聞デジタル2018年9月18日】(養鶏)

鶏の様子に目を配る養鶏場の担当者=2018年9月16日午後1時33分、前橋市二之宮町

 記録的な暑さとなった今年の夏。全国有数の飼育数を誇る群馬の畜産現場で、鶏や牛が例年以上に死ぬなどの被害があった。9月に入って暑さは落ち着いているものの、畜産農家は今後への影響を懸念している。

 前橋地方気象台によると、6〜8月の平均気温は前橋で26・5度。1897(明治30)年の統計開始以来、2010年と並んで最も高かった。35度以上の猛暑日も32日あり、記録が残る1910(明治43)年以降で最も多かったという。

 県内の採卵鶏と乳牛、豚の飼育頭羽数は、いずれも全国5位に上る(農水省畜産統計、今年2月)。県畜産課によると、暑さの影響で今年7〜8月、報告があっただけでも、採卵鶏が9278羽(前年同期比6・7倍)、ブロイラーが1万2431羽(同2・7倍)、乳牛は78頭(同1・8倍)が死んだり、卵や乳をとれなくなったりする被害があった。

 また、鶏が餌を食べる量が減り、卵が全体的に小ぶりになったという。7〜8月の生乳生産量も、前年に比べて5〜7%ほど落ち込んだ。 前橋市や渋川市、東吾妻町で6カ所の養鶏場を営む大島養鶏(渋川市石原)では、約7万羽を飼育する前橋市二之宮町の養鶏場で特に大きな被害が出た。

 「2カ月で2500羽ほどが暑さでやられた。死んでしまったら焼却処分するしかない」と社長の大島善次さん(82)は嘆く。 8年前の猛暑を受けて、霧状に水を噴出する装置も設置していたが、十分に防げなかった。水道代や電気代は例年の1・5倍ほど。より冷却効果のある新しい設備を導入するには、最低でも1億円が必要という。

 「暑さは農家の経営が成り立つかどうかに関わる問題。自然と向き合いながらやっていくしかないのだが」と大島さんは悩ましい表情だ。

 年間約4500頭の豚を出荷する「近藤スワインビジネス」(前橋市富士見町)では、妊娠中や出産中の母豚が、体内に熱がたまって死ぬケースが例年より多い5例ほどあった。食べる餌の量も3分の2程度に減り、栄養剤を混ぜるなど工夫したが、ぐったりした様子の豚が目立ったという。

 秋以降も、猛暑によってたまった疲れが出そうだという。近藤崇幸社長(40)は「母豚の受胎率が落ちてしまうのでは」と心配を口にする。今月に入って、岐阜市の養豚場で豚(とん)コレラウイルス陽性の豚が確認されたことも挙げて、「心配は尽きない」と語った(森岡航平)
https://www.asahi.com/articles/ASL9K43PRL9KUHNB001.html

http://archive.is/atKv7
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする