2018年09月19日

周南・徳山動物園で「飼育員」目線の写真展 猛獣の寝室など動画上映も【周南経済新聞2018年9月19日】

撮影時の様子を語る飼育員の佐藤さん

 飼育員が担当動物を撮影した「秘蔵写真展2」が9月15日、周南市の徳山動物園(周南市徳山)の展示館で始まる。

一般展示を控える生後1カ月半のレッサーパンダ

 昨年4月に初めて開催し、ネットニュースなどで話題を呼んだ写真展。今回は、飼育員が担当動物を撮影した写真43点に加え、動画5点も公開。生体展示だけでは伝わりにくい動物の特徴を飼育員目線で解説することで、来場者に動物の新しい一面を伝える。

 生後1カ月半のレッサーパンダや岩国市の川で保護されたオオサンショウウオなど一般展示されていない動物たちをはじめ、麻袋の穴からひょっこり顔をのぞかせるコツメカワウソ、巣箱の中で無防備に寝転がるミーアキャット、だるまのような姿が愛らしいダルマワシ、スリランカゾウの口の中の様子など、担当飼育員しか見ることができない動物たちの様子を紹介している。

 動画コーナーでは、ミーアキャットの子どもや、ホシガメの産卵、新ペンギン舎へ引っ越し、猛獣たちの寝室での様子、ヨウムが「はとぽっぽ」を歌う様子の5点の動画を常時上映する。

 飼育員の佐藤優里さんは「写真を見て動物の新しい発見を見つけてほしい。動画コーナーでは写真だけでは伝わりにくい、音や動きに注目してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開園時間は9時〜17時。11月25日まで。
https://shunan.keizai.biz/headline/399/

http://archive.is/RTK90

鳥フル防疫意識高める 学生、獣医師ら講習会【宮崎日日新聞2018年9月19日】

鳥インフルエンザについて理解を深めた家禽疾病講習会=19日午後、宮崎市・宮崎大
 高病原性鳥インフルエンザへの防疫意識を高めようと、宮崎大産業動物防疫リサーチセンターは19日、家禽疾病講習会を同大学で開いた。学生や獣医師、養鶏関係者ら約70人が参加し、防疫体制や野生動物による媒介対策などについて理解を深めた。
https://this.kiji.is/415106635736958049?c=39546741839462401

http://archive.is/53OrJ
posted by BNJ at 21:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(スポーツ好奇心)野球独立リーグ参入「堺シュライクス」とは?【朝日新聞デジタル2018年9月19日】(市の鳥/モズ)

運営会社の夏凪一仁代表は堺ビッグボーイズから大阪・浪速高に進んだ。「しがらみもないので、若い感性でやりたい」=大阪市北区

 来季から関西を拠点とする野球独立リーグ「ベースボール・ファースト・リーグ(BFL)」に新球団が参入する。堺市に本拠を置く「堺シュライクス」で、初代監督はプロ野球近鉄などでプレーした大西宏明氏(38)。ゼロから立ち上げ、決まったのは球団名と監督だけ。そもそも、なぜ堺市なのか。

 新球団にまだ選手は一人もいない。

 7月に大西監督の就任を発表し、公募していた球団名は今月12日に「堺シュライクス」に決まった。堺市の市鳥モズが由来。その英訳がシュライクだ。

 今後は11月に開催するトライアウトなどで陣容を固め、チームを形作っていく。運営会社「つくろう堺市民球団」の夏凪(なつなぎ)一仁代表(37)が、資金集めから広報活動まで一人でフル回転している。「既存のチームとは違う『未来型球団』をつくりたい」と話す。

 現在、BFLは「兵庫ブルーサ…
https://www.asahi.com/articles/ASL9G55NTL9GPTQP009.html

http://archive.is/BOC7C
タグ:市の鳥 モズ
posted by BNJ at 21:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウ 生後3カ月 成鳥並み体格 いしかわ動物園 /石川【毎日新聞2018年9月19日】

 県は、いしかわ動物園(能美市徳山町)でふ化した国特別記念物ニホンライチョウのひな3羽の生育状況を発表した。生後3カ月を過ぎ、成鳥とほぼ同じ体格に成長したひなは、徐々に白い冬羽に生えかわっているという。

 富山市ファミリーパークから同園に移送された受精卵3個から6月13日、オス3羽がふ化。今月13日時点で体長約35センチ、体重は469〜517グラムにまで成長した。…
https://mainichi.jp/articles/20180919/ddl/k17/040/277000c

http://archive.is/k72Ww

着陸直後の日航機に鳥衝突 新千歳、一時滑走路閉鎖【産経ニュース2018年9月19日】

 19日午前10時45分ごろ、新千歳空港に着陸した直後の羽田発日航507便ボーイング737が、鳥と衝突した。着陸や滑走に問題はなく、乗客乗員171人にけがはなかった。死骸が見つかったB滑走路は清掃で午前11時40分ごろまで閉鎖されたが、もう一方のA滑走路で発着を継続し、大幅な遅れは出なかった。

 国土交通省や日航によると、左主翼の前部にある「スラット」と呼ばれる部分にへこみが確認され、修理のため、中部行きの日航3110便が欠航となった。

 国交省新千歳空港事務所によると、影響で3機が着陸やり直し(ゴーアラウンド)をしたほか、離陸予定の1機が数分間待機となった。
https://www.sankei.com/affairs/news/180919/afr1809190015-n1.html

http://archive.is/7zrNv
posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

触れる鳥の巣【宮崎日日新聞2018年9月19日】

 ◎…空き家の有効活用です-。えびの市のえびのエコミュージアムセンターは、ホオジロなどの野鳥の巣を、自由に触れる形で展示している=写真。感触を確かめられる珍しさが来館者から好評だ。

 ◎…自然に関心を持つきっかけにしてもらおうと、6月から触れるように。ススキなどの草を使い作られた巣は、外側は固いが穂先などを敷いた内側はふかふかで、「すごい」と驚く子どもも多い。

 ◎…「手に残る感触から、親鳥の大変さなどを感じてもらえるのでは」と同センターの渡邊健さん(32)。本来の役目を終えた巣から、自然を愛する心がスクスクと育つことを願っている。
https://this.kiji.is/414803271203718241?c=39546741839462401

http://archive.is/uIEoE
タグ:ホオジロ
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“野良○○”大群現る!「キレイ」影響は?【日テレNEWS24 2018年9月18日】

今、高知県の町にある野生の動物の大群が住みつき、話題となっている。その動物を探しに私たちは高知県へ向かった。近隣住民はどうしているのか。そして、その影響は−。
http://www.news24.jp/articles/2018/09/18/07404404.html

高知)野良ニワトリ、鈴なりに まなざし温かく 中土佐【朝日新聞デジタル2018年9月14日】
【動画】峠道沿いの空き地に野良ニワトリ鈴なり=堀内要明撮影

道ばたの木の枝に鈴なりになった野良ニワトリ=中土佐町久礼

 野良ニワトリが集団でうろついているとの情報が寄せられ、中土佐町久礼に向かった。四万十町との境にある七子峠へ向け、つづら折りに国道56号の久礼坂をぐんぐん進むと、久礼坂大橋付近から「コケコッコー」と甲高い声が響いてきた。

 濃い緑に覆われた道路脇の空き地にニワトリたちはいた。15羽ほどはいるだろうか。近づくとこちらを警戒してか、山肌や木の枝へ走り去って鈴なりになってこちらを見ている。一帯は山間を貫く国道の峠道で付近に民家はない。

 なぜこんなところにニワトリの大群がいるの?

 「1年ほど前からでしょうか数羽いるなあ、誰かが捨てたのかなあ、という感じで眺めてはいたのですが」。案内してくれた中土佐町役場の小松賢介さんも首をかしげる。 小松さんや地元の人によると、ニワトリがすみ着いている場所は久礼坂の道路沿いにある休憩できる駐車スペースだ。10年ほど前から時々、ニワトリや猫などが捨てられることがあった。だがこの1年でニワトリが急増しているという。 農家では庭先でニワトリを飼育し、老いたニワトリは絞めて食べることもかつては多かった。

 小松さんは「最近は絞めた経験がない若い世代も多く、殺すのを嫌がって捨ててしまうのでは」と推測する。 餌をやる近隣住民もおり、「名所」になっている。写真を撮っていると、町内に住む女性3人が寄ってきてボウルに入れた米粒や水を与え始めた。女性の一人は「心配でつい見に来てしまう。餌は毎日換えに来ています」

 。他の女性は「昔やったら、捨てられた端から誰かに持っていかれてしもうたがよ。絞めて食べるが普通やったき」と話す。 住民の心配をよそに、ニワトリたちは山肌でミミズやコオロギをついばむなど「自活」に余念がない。次第に人影に慣れてきたのか、木の枝から飛び降り、空き地を闊歩(かっぽ)する姿も見られた。

 「厳密に言うと『不法投棄』になりますが、見守る人もいて、害もない。温かい目で見守っていただきたいが、どうかこれ以上は捨てないで」と小松さんは話していた。(堀内要明)
ASL9C5246L9CPLPB00K.html

http://archive.is/YGR7v
http://archive.is/kPlT7
タグ:ニワトリ
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餌狙い?養鶏場から出てきたクマが男性襲う【日テレNEWS24 2018年9月19日】

17日夕方、富山県小矢部市で養鶏場から出てきたクマに男性が襲われてケガをした。鶏舎では鶏が1羽死んでいたが、小矢部市などは、クマが直接襲ったのではなく、鶏の餌を狙ったものとみている。
http://www.news24.jp/articles/2018/09/18/07404386.html

http://archive.is/mQkEb
タグ:事件事故
posted by BNJ at 11:13 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

閉館施設にイルカやペンギン、騒動に 千葉・銚子市【日本経済新聞2018年9月19日】

 1月に閉館した千葉県銚子市の水族館「犬吠埼マリンパーク」にイルカやペンギンが残され、騒動となっていたことが19日、県や市への取材で分かった。水族館を運営していた会社が世話を続け、健康状態に問題はないが、情報を公開していないため保護を求める声が市に殺到。専門家は「やむを得ず飼い続ける場合は、飼育状況を公表すべきだ」と指摘している。

水族館閉館後も屋外プールに残るバンドウイルカのハニー(8月、千葉県銚子市)=動物保護団体「PEACE」提供、共同


 県や市によると、水族館は1954年に市営施設として開業し、63年に民間に売却。その後、運営権は別の会社に移ったが、東日本大震災などによる来館者数の減少と施設の老朽化で閉館した。

 8月末現在、ショーで活躍した18歳ぐらいの雌のバンドウイルカ「ハニー」やフンボルトペンギン46羽、魚類や両生類が残る。

 県は動物愛護法に基づき、月1回程度立ち入り検査し、運営会社が餌やりなどをしていることを確認。会社は取材に応じていないが、県に「譲渡交渉が難航している」と説明したという。飼育状況を不安視した動物保護団体が8月、「ハニーを助けて」とインターネットで呼び掛けると、心配する手紙やメールが市に1500通以上届いた。

 日本動物園水族館協会の担当者は「ハニーは若くない。事前に交渉を進めるべきだった」と閉館施設での飼育の長期化を懸念。飼育状況をネットなどで公開する必要性を訴えている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35506420Z10C18A9CC0000/

http://archive.is/2hPuF

民間水族館が閉館、イルカなど引き取りないまま【読売新聞2018年8月28日】
犬吠埼マリンパーク ありがとう 老朽化であす閉館 /千葉【毎日新聞2018年1月30日】

動物さん ゆっくり休んでね 園児祈る 桐生が岡動物園慰霊祭【上毛新聞2018年9月19日】(フンボルトペンギン)

 この1年で死んだ動物たちを供養する「動物慰霊祭」が18日、群馬県桐生市の桐生が岡動物園で行われた。来園者や近くのたちばな保育園、西幼稚園の園児ら50人が、今年2月に推定26歳で死んだ雄のフンボルトペンギン「イチロウ」をはじめ、26種42匹の安らかな眠りを祈った=写真。

 園内の「動物の碑」の前で開かれた。リンゴやバナナなどが供えられ、園児らは動物たちを思い浮かべながら焼香して、手を合わせた。斎藤隆浩園長は「自然界と私たちをつなぐ懸け橋の役割を果たしてくれた。安らかに休んで」と感謝の言葉を述べた。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/80252

http://archive.is/p8yWZ