2018年09月25日

道内のオオジシギは推定3万5千羽 日本野鳥の会が初調査【北海道新聞2018年9月25日】

主に北海道で繁殖する渡り鳥のオオジシギ=2017年6月、釧路管内鶴居村(日本野鳥の会撮影)
 日本野鳥の会(東京)は25日、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されている渡り鳥オオジシギについて、今年の道内生息数は推計3万5千羽と発表した。今春に初めて全道で個体数調査を行い、生息地域は道東に集中していた。

 オオジシギは体長30センチほどで北海道を主な繁殖地とし、秋冬はオーストラリアなどの南半球で過ごす。自然環境の豊かさを計る指標とされるが、近年は減少傾向にある。苫小牧市の勇払原野では2001年に107羽が観察されたが、昨年は3割少ない77羽だった。

 調査は今年5月に道内14エリアで行い、求愛のため尾羽で音を立てながら急降下する雄を観察して数え、生息数を推計した。

残り:162文字/全文:453文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/231650

http://archive.is/03nmB

タグ:オオジシギ
posted by BNJ at 23:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バンコクでハトへのエサやり禁止 罰金最大2万バーツ【newsclip2018年9月25日】

【タイ】タイ軍事政権は公共の場所でハトなどの野鳥にエサを与えることを原則禁止する。バンコクの一部地区などで人がエサを与えたためハトの数が増えすぎ、衛生面の懸念が生じた。

 バンコク都庁は軍政の方針を受け、公衆衛生法に基づき、公共の場所で野鳥のエサを販売した場合、禁錮3年以下、罰金2万5000バーツ以下、公共の場所で野鳥にエサを与えた場合、禁錮3カ月以下、罰金2万バーツ以下の罰則を科す方針を打ち出した。

 都庁はまた、21日に都内トンブリ区のチャオプラヤ川沿いにあるブッカロー寺でハトを捕獲し、伝染病に感染していないかどうか調べるため血液検査を実施した。
http://www.newsclip.be/article/2018/09/24/37633.html

http://archive.is/T7gCG
posted by BNJ at 11:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高病原性鳥インフルエンザの防疫対策の強化で通知 農水省【鶏鳴新聞2018年9月25日】

農林水産省は9月12日、各都道府県に対し、消費・安全局長名で「平成30年度における高病原性鳥インフルエンザ等の防疫対策の強化について」を通知し、渡り鳥の本格的な飛来シーズンを迎えることから、発生予防対策と、万が一の発生に備えたまん延防止対策に万全を期すことを求めた。

通知では、発生予防対策として「飼養衛生管理基準の順守状況の確認と指導」と「人や車両、野鳥を含む野生動物を介したウイルスの農場内と家きん舎への侵入防止」、まん延防止対策として「早期発見・早期通報」と「的確な初動対応の徹底と連携体制の確認」「発生に対する必要な人員と防疫資材などの確保」「埋却地などの確保」、このほかの対策として「異常家きんの届出を受けた場合の対応」と「環境省の野鳥のサーベイランスへの協力」などの実施を求めている。

この中で、家きん飼養農場での飼養衛生管理基準の順守状況の確認と報告については、家畜伝染病予防法第51条の規定に基づく立ち入り検査で順守状況を確認して適切な指導を行ない、特に長期にわたって立ち入り検査に応じない所有者に対しては、罰則の適用を含めて厳格に対処することと、立ち入り検査の結果を11月30日までに農水省に報告することを求めている。
http://keimei.ne.jp/article/%E9%AB%98%E7%97%85%E5%8E%9F%E6%80%A7%E9%B3%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%96%AB%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%81%A7%E9%80%9A.html

http://archive.is/0YGPy
posted by BNJ at 11:32 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島)平川動物公園で慰霊祭「感動をありがとう」【朝日新聞デジタル2018年9月25日】

トカラヤギとウサギも飼育員とともに献花をした平川動物公園の慰霊祭=2018年9月24日、鹿児島市

 動物愛護週間(20〜26日)にあわせて、鹿児島市の平川動物公園で24日、園内で永遠の眠りについた動物の慰霊祭があった。職員約30人や「動物代表」のウサギとトカラヤギが参列した。

 同園ではこの1年で、アカカンガルーやマゲシカ、ヨーロッパフラミンゴなど36種・61頭羽の動物たちが病気や老衰などで息を引き取った。

 慰霊祭では、一日園長に任命された同市立谷山小6年の吉村瑳琉(さりゅう)君(11)が「僕たちに感動や楽しみを与えてくれた動物たちに感謝の気持ちを伝えたい。安らかに眠ってください」と弔辞。全員で慰霊碑に向けて白い菊を捧げ、入園客も献花の列に加わった。(ライター・知覧哲郎)
https://www.asahi.com/articles/ASL9S5HP0L9STLTB00P.html

http://archive.is/y7yBb

高知)「タカ柱」見られるかな のいち動物公園で観察会【朝日新聞デジタル2018年9月25日】

「いた!」。野鳥を探して空を見上げる参加者=2018年9月24日午前10時42分、高知県香南市野市町

 サシバやハチクマなどタカの仲間が南方へ渡る姿を観察するイベントが24日、高知県香南市野市町の県立のいち動物公園で開かれた。日本野鳥の会高知支部の会員や入園者ら約10人が、秋の休日に野鳥を探すひとときを過ごした。

 身近な自然に触れてほしいと同園が春の「小鳥版」に続いて企画。野鳥の会会員によると、四国で比較的多くみられるサシバは9〜10月に越冬地の東南アジアへ旅立つ。体力温存のため上昇気流を利用して舞い上がる際、数十羽が集まって「タカ柱(ばしら)」と呼ばれる珍しい光景が見られるという。

 のいち動物公園は三宝山に接し、上空で上昇気流が起きやすいとされる。この日は2時間の観察中にサシバとみられる1羽が飛び去るのが確認できただけだったが、双眼鏡を手にした参加者から歓声が上がった。須崎市から夫婦で訪れた西川裕文さん(64)は「観察会だと見えた鳥の名前が分かるので、より感動します」と話していた。(清野貴幸)
https://www.asahi.com/articles/ASL9S5CV9L9SPLPB006.html

http://archive.is/3wZb1
posted by BNJ at 11:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七五三大祭 一足早く、健やかな成長祈願 新潟・護国神社 /新潟【毎日新聞2018年9月25日】(ハト放鳥)

 新潟市中央区西船見町の県護国神社で24日、一足早い「七五三大祭」が行われ、3回の式典に70組の親子が参加した。両親や祖父母に連れられた晴れ姿の子どもたちは大拝殿での神事のあと、新装された回廊そばの芝生広場でテープカットをし、色とりどりの風船を放つと約40羽の白いハトが飛び立った=写真・日報連会員の…
http://mainichi.jp/articles/20180925/ddl/k15/040/116000c

http://archive.is/38rkJ
タグ:ハト一般
posted by BNJ at 11:25 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人ふでがき 「軽井沢野鳥の森」の自然情報を発信 大塚敏之さん(48)=軽井沢町 /長野【毎日新聞2018年9月25日】

生き物の暮らし伝えたい
 ツキノワグマの保護管理や自然観察ツアーを行う「ピッキオ」(軽井沢町)の案内人として、「軽井沢野鳥の森」を中心に自然や生き物の動向をウオッチし、ブログで情報発信している。ピッキオのスタッフ約25人の中でも野鳥や昆虫など生き物全般に詳しく、「歩く図鑑」とも呼ばれている。

 1974年に国が設けた「軽井沢野鳥の森」は標高950〜1100メートルで、面積は約100ヘクタール。植林されたカラマツ林に広葉樹が交じる森だ。そのうち南半分に約3キロの遊歩道が整備され、年間約80種の野鳥を観察できる。

 この森を二十数年、見続けてきた。「95年ごろカラマツの間伐が行われ、伐採後の明るい環境に草木が生え…
http://mainichi.jp/articles/20180925/ddl/k20/070/003000c

http://archive.is/Qrmn5
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理科野外学習からミッションの自覚へ…清泉女学院【読売新聞2018年9月25日】

 清泉女学院中学高等学校(神奈川県鎌倉市)は6月1日、中学1年生を対象とした理科の校内野外学習を行った。この日、生徒たちは植物観察、野鳥観察、森林観察から教室での実験観察学習まで一日中、構内の自然と向き合った。理科野外学習は範囲を広げながら中高の5年間を通して行われ、生徒たちは、自然や生命の大切さを学びながら、自分の生き方も考えるようになる。

校内の森林は自然の教科書
森林に囲まれた校舎

 玉縄城跡に建つ清泉女学院中学高校の構内には、美術室や音楽室、生徒会室などが入っているラファエラ館がある。廃城となってから400年近くがたった現在、同館の裏手はコナラやスダジイなど、さまざまな木々が生い茂った森林になっている。この森林は、野外学習に格好な自然の教科書だ。

 植物観察、野鳥観察に続いて森林観察が始まり、担当の佐藤美紀子教頭が、23人の生徒の先に立って、その森林へと踏み入っていく。

 佐藤教頭が足を止め、生徒たちに問いかけた。「この木とこの木、仲よく見えますか。それとも、仲が悪く見えますか」

 その場所に並んでいたのは、モッコクとコナラの木だ。コナラの幹はゴツゴツと筋張っていて、大人が一抱えするほど太く成長しているのに対し、モッコクの幹は木肌がすべすべとして、それほどの太さもない。これから枝葉を伸ばそうとする若木のようだ。佐藤教頭の視線を追って、対照的な2本の木を見上げていくと、10メートルほどの高さのところで、モッコクの細い枝とコナラの枝が絡まり合っていた。佐藤教頭は、「モッコクはけっこう我慢していて、コナラが枯れたらいいのに、と思っているようにすら見えますね」と説明した。

森林に分け入っての観察

 次に、その木々の根を見やると、少ない光を少しでも多く浴びようとする植物があった。漠然と見ていれば、それぞれの植物が平和に枝を伸ばしているとしか見えない森林だが、実は、それぞれが生きるために必要な光をめぐって競合し合ったり、時には協調したりしていることを生徒たちは知る。

 生徒の1人は、「たくさんの木が生えていて迫力がありました。協力しながらも戦って、一本一本の木が育っていくのを知って人間社会に似ていると思いました。私だったら、たくさん光を浴びたいな」と話した。

 また、別の生徒は「野鳥観察の時には暑すぎて干物のようになりそうだったけど、次の森林観察では元の調子にもどりました。森林の中はこんなにも涼しくて湿気があることに驚きました。耳を澄ますと、たくさんの鳥の声が聞こえます」と話した。

野外学習の成果を深める観察実験の授業
 「あれ、さっきの毛むくじゃらなやつ、どっかにいっちゃった」

 理科実験室で顕微鏡をのぞきこむ生徒が戸惑いの声を上げながら、レンズの下にあるシャーレを動かしている。シャーレの中には前日に、フィールドワークをした森林からボランティアの生徒が採取してきた土壌動物がいる。普通の昆虫と違って見慣れない形の土壌動物を分類できるよう、生徒たちには検索図が配布されている。この生徒はせっかく検索図にあてはまらないような珍しい動物を見つけたのに、見失ってしまったようだ。

 同校の理科体験学習は野外でのフィールドワークだけには終わらない。観察実習をすることにより戸外で得た知識をいっそう深めていく。森林の土壌動物を観察し、どのような形態をしているのかスケッチする班もあれば、受粉のために花粉管を伸ばす様子を観察する班もある。

理科室での土壌動物の観察実習

 土壌動物の観察ではまず、ミミズやオケラなどの大型の土壌動物をふるいにかけて見つけた後、牛乳パックを利用してつくった「ツルグレン装置」と呼ばれる採取装置で小型の土壌動物を採取する。小型の土壌動物の中には大きさ1ミリに満たないものもいる。一度顕微鏡のレンズを通して発見しても、シャーレを動かすちょっとした手の動きで見失ってしまいがちだ。

 先ほどの生徒は、そうした微妙な操作を繰り返しながら土壌動物を探し続けていた。授業も最後の方になって透明なクモのような動物を見つけて、そのスケッチを発表したが、「毛むくじゃらなやつ」はついに探し出せなかった。

 この観察授業の後、ある生徒は、「フィールドワークで歩いた森林の土壌だけでなく、普段、何げなく踏みしめている土の中にも小さな虫や動物が無数にすんでいると気付いて、もっと土壌動物のことを知りたいと思いました」と話した。知的好奇心を揺さぶられた様子だ。

身近な環境から自然と生命を学ぶ
5年間を通じて行われる野外学習の教材

 同校の実験観察学習は、戦後間もない時期までさかのぼる。理科教育の第一人者で、清泉女子大で教鞭きょうべんを執っていた津田栄が、高校生にも実験を重んじた理科教育を行っていた。津田の専門が化学だったので、当初は化学が中心だったが、1963年に現在の鎌倉市城廻に移転してから地学中心の野外学習が盛んになっていった。佐藤教頭が生徒だった1970年代は、神奈川県内の箱根や真鶴で泊りがけの実習が単発的に行われていたという。

自らも清泉女学院で野外学習を体験してきた佐藤教頭

 こうした理科教育が5年間を貫く実習となったのは、1984年からだという。さらに「身近な自然を美しいと思わなければ、自然保護の心は育たない」という考えから、学校を取り囲む環境を生かした体験学習が加わり、学習分野も地学だけでなく生物も組み込んで、教室の授業とも連関させていった。

 学年が進むのに合わせて、フィールドワークの範囲は、同県内の三浦半島、箱根、真鶴と広がっていく。生徒は実習を通じて、自然界には、さまざま生物が互いに関わり合いながら生きていること、いずれも欠けてはならない存在であることを学ぶ。

 卒業生の1人が、「地球上に撒まき散らされた、分解できない化学物質を浄化する研究をしたい」と佐藤教頭に強い決意を語ったという。5年間の実習を通して、自分が「世界平和のために、地球環境のために一体何ができるのか」を考えた結果だ。それはキリスト教精神に基づくミッションの自覚ともいえる。

 その思いに至る第一歩は、中学1年の理科野外学習から始まる。

(文・写真:鶴見知也)

 清泉女学院中学高等学校について、さらに詳しく知りたい方はこちら。
https://www.yomiuri.co.jp/kodomo/jyuken/information/CO027672/20180919-OYT8T50006.html

http://archive.is/uxs9w
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背中に棒が刺さったウミネコ 原因は…宮城【日テレNEWS2018年9月24日】(既報関連ソースあり)

宮城県名取市の沿岸で23日、ケガをしている鳥がいると通報があった。発見されたのは背中に棒が刺さったウミネコ。なぜこのような状態になったのか原因はわかっていない。
http://www.news24.jp/articles/2018/09/24/07404833.html

ウミネコに植物貫通 県、救出試みる 銚子漁港【千葉日報ウェブ2018年8月18日】
植物のヨシが貫通したウミネコ(県海匝地域振興事務所提供)
 銚子市の銚子漁港で16日午後、ヨシと見られる植物が体に貫通した痛々しい姿のウミネコが見つかった。ウミネコを治療するため、千葉県が確保を試みている。

 県海匝地域振興事務所によると16日午前、同漁港を訪れた釣り人が細長い形のものが貫通している鳥を見つけ、銚子署を通じて鳥獣保護を担当する同事務所に連絡した。現場に向かった同事務所職員が同日午後3時ごろ、ヨシと見られる植物が刺さったウミネコを見つけた。刺さった理由や、傷病の状態は不明という。

 同事務所は「一刻も早く確保して、手当てしてあげたい」とコメントした。
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/524258

ありえない…! ウミネコの体に「棒のようなもの」いったい何が?【FNN.jpプライムオンライン2018年8月21日】
体に刺さっているものは、水辺に生える“ヨシ”という植物
専門家曰く「通常ではありえない状況」
保護しようと捕獲を試みるも失敗、ウミネコの今後は?
専門家「ありえない状況」
千葉県・銚子市の漁港にて、神妙な面持ちでじっと何かを見つめる担当者。その視線の先には、街灯の上に停まった2羽の鳥、ウミネコがいた。


よく見てみると、ウミネコの体には何やら、棒のような物が突き刺さっている。いったい、何が起きたのだろうか。

鳥獣保護を担当する、千葉県海匝地域振興事務所によると、このウミネコは先月下旬から、棒状のものが体に刺さった状態で目撃されており、刺さっている棒状のものは、水辺に生える“ヨシ”とみられる植物だという。


手の平に押し付けてみるも、まったく折れないヨシ
その、ヨシという植物を実際に、人の手の平に押し付けてみたが、少しも折れることはなかった。

東京大学・樋口広芳名誉教授:
非常にありえない状況なので、どうしたんだろうと。恐らく、人による行為ではないかと思う。羽毛と体を貫通して突き刺さっていることは、通常ではありえない。

ああいうもの(ヨシ)が体に突き刺さるということは、ウミネコの動き方からしても、ヨシの生えているところの状況からしても考えにくい。射抜いたかなんかしたのではないかと。気になるのは、上の方の端がへこんでいる。例えば弓の糸にひっかけやすいような形状になっている気もする。


ウミネコに刺さったヨシの端がへこんでいる

ウミネコは元気よく飛んではいるが、ヨシとみられる植物が貫通した状態だ。これが、何者かによるイタズラだとしたら、あまりに心ない行為だ。

このウミネコを見た街の人も、悲痛な思いを口にした。

「かわいそうね。貫通しちゃってるの!」
「誰かがやっているとすれば、とんでもない話」

捕獲作戦を試みるも…
そんなウミネコを保護するため、千葉県の職員は捕獲作戦を決行した。
その方法は、防鳥用のネットに餌となるイワシを置き、ウミネコが食べようとしたところを捕獲するというもの。


ネットの上にイワシを置く職員
用意を終えた職員たちが、車の陰に隠れながら、その時を待つも、近くにウミネコは下りてきてはいるが、当該のウミネコだけは下りてこない。
また、餌のイワシを投げてみても、警戒しているのだろうか。思うように近寄ってきてくれない。

千葉県海匝地域振興事務所・平野明久さん:
ちょっとこの状態だと、捕獲は厳しい。4日連続でやっていますので…。地元のバードウォッチャーの方も、ご自身たちも知ってはいたが、見守ってきたという話も聞けたので、そういう方法もひとつあるのかなと。

事務所としては、ヨシの刺さったウミネコに、衰弱の様子が見られないことや、捕獲の際に傷口が広がる恐れがあることから、今後はパトロールを継続して、様子を見ることにしている。

いったい誰が、何のためにこんなことをしたのだろうか。

(「プライムニュース イブニング」8月21日放送分より)
https://www.fnn.jp/posts/00352780HDK

http://archive.is/sjFkv
http://archive.is/1h284
http://archive.is/fwUYY
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする