2018年10月31日

【動画あり】ミヤコドリ秋深し 福岡・和白干潟 [福岡県]【西日本新聞2018年10月31日】

博多湾の和白干潟に飛来しているミヤコドリの群れ=福岡市東区

 秋の深まりを告げる渡り鳥ミヤコドリが、福岡市の博多湾に姿を見せている。昨シーズン過去最高だった28羽の飛来数に迫る22羽を既に確認。1983年から観察を続けている「和白干潟を守る会」の山本廣子代表は「年々、飛来数が安定しており、30羽を超えてほしい」と期待する。

 ミヤコドリは、頭から尾にかけて背中が黒く、赤くて長いくちばしが特徴で、秋に繁殖地の朝鮮半島などから越冬のため渡ってくる。

 山本代表によると、このうち、最多の7羽が和白干潟など博多湾周辺にとどまって夏を越していたことも判明。越夏した理由は不明だが、九州環境管理協会環境部主席研究員の岡部海都(ひろと)さん(49)は「可能性の一つとして、温暖化の影響などに伴い、渡りのコースが変化したことから、ミヤコドリの飛来数が増えたのかもしれない」と話している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/461693/

http://archive.is/RlMQK

タグ:ミヤコドリ
posted by BNJ at 10:50 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬鳥飛来、にぎわう干潟 広島【中国新聞アルファ2018年10月31日】

黄金色の朝日に照らされた干潟に集まるカモなどの冬鳥(30日午前6時50分)

 広島市佐伯区の八幡川河口にカモなどの冬鳥が飛来し、秋が深まる干潟ににぎわいを添えている。快晴だった30日朝、朝日に照らされた冬鳥のシルエットが幻想的に浮かび上がった。
(ここまで 84文字/記事全文 218文字)
http://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=477251&comment_sub_id=0&category_id=112

http://archive.is/RXeZs
タグ:カモ一般
posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オニオオハシ幼鳥展示 いしかわ動物園【北國新聞2018年10月31日】

 能美市のいしかわ動物園は31日、飼育する南米の鳥「オニオオハシ」の幼鳥、2羽の展示を始める。

 オニオオハシは長さ約20センチの大きなくちばしが特徴で、今年7月に2羽が誕生した。現在体長約40センチとなり、自力で餌を食べられるまでに成長した。

 十分な飼育スペースの確保が難しいことから、1羽をケージに入れて展示し、もう1羽は園内に設置したモニターでライブ映像を公開する。展示開始に合わせ、毎日午後3時10分から飼育員が繁殖に関するガイドを行う。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/OD20181031501.htm

http://archive.is/ySBIC

2018年10月30日

台北で「南極先生」写真展 「地球の生命熱愛賞」授与【読売新聞2018年10月30日】

開催中の写真展で南極について説明する池田宏さん=28日、台北市内(共同)
 【台北共同】南極を撮り続けてきた写真家、池田宏さん(84)=東京都中野区=が台北市内で写真展を開催している。台湾では「南極先生」と呼ばれ、28日には地元の団体から「地球の生命熱愛賞」を授与された。
 池田さんはテレビ局勤務後、フリーの写真家に転じて世界各地を回り、1966年から南極を撮影。計24回、南極を取材した。台湾でも池田さんの南極写真集が出版されており、写真集を見たのがきっかけで南極へ行く人も多いという。
 写真展では、南極の氷山やペンギンの夫婦が子どもを挟んで左右対称に向き合う瞬間を撮った写真など35枚を披露した。写真展は11月18日まで。
https://this.kiji.is/429661535430919265?c=39546741839462401

http://archive.is/18ViC
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

源氏物語にも登場 希少種渡り鳥ヒクイナ飛来 明石【神戸新聞NEXT2018年10月30日】

明石に飛来したヒクイナ=明石市大久保町茜(則本さん撮影、提供)

 希少種の渡り鳥ヒクイナが兵庫県明石市大久保町茜の八十島池に飛来し、近くに住む写真愛好家の則本修美さん(73)がカメラにおさめた。

 クイナ科の水鳥。体長25センチほどで顔から胸、足にかけて赤い羽衣で覆われ、目も赤い。県のレッドデータでブックでは絶滅の危惧が増大しているとされるBランクに指定されている。

 夏の季語で、紫式部の「源氏物語」明石の巻にも登場する。

 春から秋にかけて水田や河原などの湿った草むらなど繁殖し、冬季は南に渡る。県内では宅地化などの影響で減少しているという。

 則本さんは23日早朝、池でカエルの群れを撮影しようとして偶然見つけた。

 「朝の光を受けて、浮かび上がった姿が印象的だった」と話す。(中西大二)
https://www.kobe-np.co.jp/news/akashi/201810/0011776277.shtml

http://archive.is/D9H2F
タグ:ヒクイナ
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする