2018年10月30日

長野 松本城で18日に鷹狩りの技披露 諏訪流放鷹術保存会【中日新聞2018年10月30日】

11月のイベントをPRする大塚さんとハリスホーク=松本市丸の内の松本城本丸庭園で

 タカを使って狩りをする放鷹(ほうよう)術の技を披露する「国宝松本城と鷹狩り」が11月18日に、松本市丸の内の国宝松本城本丸庭園などで開かれる。

 松本城管理事務所によると、松本城北側には江戸時代、タカを飼育して放鷹術を仕込む鷹匠(たかじょう)を任ぜられた松本藩士が住んでいた。幕府にタカを献上していたとされ、「鷹匠町」の旧町名が残っている。

 十一月の催しは市と市教委の主催で、松本藩に鷹匠がいた事実を市民に知ってもらおうと昨年から始め、二回目。

 実演には、織田信長や徳川家康に仕えた鷹匠の技術を受け継ぐ諏訪流放鷹術保存会(東京都青梅市)の鷹匠数人が参加する。古代から鷹狩りに使われたとされるオオタカや、南米原産で人に慣れやすいハリスホークの二種類のタカ数羽を用いる。

 二人の鷹匠の腕から腕に飛び移る「振替(ふりかえ)」や鷹匠の腕から近くの木に飛び移る「渡り」、飛び出したハトをタカに捕らえさせる「飛び流し」などの技を披露する予定。

 同市大手の大手公民館では、鷹匠の歴史を研究している県立大の二本松泰子准教授の講演もある。松本藩の鷹匠だった一族に伝わる古文書に記された飼い方のほか、松本藩主のために読み物として書かれたとみられる鷹匠を主人公とした物語についても解説する。

 二十八日は、諏訪流放鷹術保存会の大塚紀子宗家らがタカを腕に乗せて松本城本丸庭園を練り歩き、観光客に催しをPRした。松本城管理事務所の担当者は「松本の歴史に親しむ機会になればうれしい」と話した。

 実演は午前十時半〜正午、講演は午後一時半〜同三時四十分。いずれも無料。講演は事前に申し込む。(問)松本城管理事務所=0263(32)2902

 (川添智史)
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20181030/CK2018103002000026.html

https://megalodon.jp/2018-1030-1120-54/www.chunichi.co.jp/article/nagano/20181030/CK2018103002000026.html

posted by BNJ at 11:21 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<いのち育む海の森>志津川湾ラムサール登録(下)活用のビジョン【河北新報オンラインニュース2018年10月30日】

磯の観察会で海の生き物を探す子どもたち=6月、宮城県南三陸町志津川

◎学びの場へ 広がる可能性
 「登録はゴールではなくスタート。町の地方創生の柱として生かしたい」
 宮城県南三陸町の志津川湾が今月、ラムサール条約に登録されたのを受け、アラブ首長国連邦での認定証授与式から戻った佐藤仁町長が意気込んだ。

<「価値の可視化」>
 条約は湿地の保全だけでなく「賢明な利用、交流や学習への活用」を目的に掲げる。町内には登録による観光振興や水産物のブランド化に期待する声もあるものの、官民ともその道筋は描けていないのが実情だ。
 世界的な評価をいかに地域振興に結び付けるか。町内の一般社団法人サスティナビリティセンター代表理事の太斎彰浩さん(48)は「条約の価値を可視化する必要がある」と指摘する。
 先行例の一つに、国内有数のマガンの越冬地として2005年に登録湿地となった大崎、登米、栗原3市にまたがる「蕪栗沼・周辺水田」がある。
 周辺では、冬も水田に水を張る冬期湛水田の取り組みが進められていた。渡り鳥が飛来しやすくなり、土地は鳥のふんで肥沃(ひよく)になる。農薬や化学肥料に頼らずに生産されたコメは、「ふゆみずたんぼ米」のブランドで宮城県内外で販売された。地元の酒造会社の酒造りにも使われている。
 「登録湿地になってコメの知名度が上がった。当初は全国から視察に訪れる人が増え、PRにつながった」。蕪栗沼に隣接する大崎市田尻の伸萠(しんぽう)地区の「伸萠ふゆみずたんぼ生産組合」の事務局長西沢誠弘さん(64)が振り返る。

<豊かな自然発信>
 志津川湾は、海藻藻場の湿地として国内初の登録となる。希少価値をうまくアピールできれば、多くの人が訪れ、自然や環境を学ぶフィールドになる可能性を秘める。
 南三陸町では住民や研究者でつくる団体が自然観察会を開くなど、5年前から草の根の活動を続けてきた実績がある。町も来年2月、国内の登録地の子どもを集めた交流イベントを計画。志津川湾を含む豊かな自然を発信する考えだ。
 町自然環境活用センター(ネイチャーセンター)は東日本大震災で被災したものの、来年度中に再び開設される。調査研究の中核を担うほか、学習や交流の拠点にもなる。
 町ネイチャーセンター準備室の研究員阿部拓三さん(44)は「アクション次第でメリットは無限。研究活動にとどまらず、50年後、100年後を見据えた取り組みが重要だ」と強調した。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181030_13007.html

http://archive.is/EJGMu

<いのち育む海の森>志津川湾ラムサール登録(上)豊穣の藻場【河北新報オンラインニュース2018年10月28日】
posted by BNJ at 11:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今、プライベートなんで…ペンギン お散歩【読売新聞2018年10月30日】

飼育員に付き添われて散歩するペンギンたち

 下田市の下田海中水族館で、フンボルトペンギンが愛らしい「お散歩」姿を披露している。運動不足の解消のためで、例年気温が下がった時期から実施している。

 同館ではペンギン23羽が飼育されており、午前11時25分からのショーや来場者との記念撮影といった一仕事を終えると、2〜15羽がペンギン小屋周辺の通路を歩き回る。その日の気分次第でコースが変わり、よちよち歩く様子に、観光客や子どもたちは「かわいい」と歓声を上げていた。
https://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20181029-OYTNT50242.html

フンボルトペンギン 下田海中水族館でお散歩 間近で一緒に記念撮影を /静岡【毎日新聞2018年10月24日】
 下田海中水族館(下田市)で、歩くペンギンを間近で見られる「フンボルトペンギンのお散歩」が始まっている。毎年、気温が下がるこの時期に行われ、20年以上続く恒例行事という。

 同館では、南アメリカ原産のフンボルトペンギンを23羽飼育している。お散歩は、運動不足解消が目的で、ショー終了後の午前11時ごろか…
https://mainichi.jp/articles/20181024/ddl/k22/040/011000c

http://archive.is/fy6pM

思わず「ぎゅ〜」したくなる! 『もふもふ もふもふ〜 ふくろうの赤ちゃん』発売! 春〜初夏の北海道で出会えるふわもこ天使たち! 株式会社講談社【プレスリリース2018年10月30日】

■ようこそ ふくろうの森へ■
春、新緑が美しい北海道の森。
この森でいちばんの「ふわふわ」「もふもふ」、な〜んだ?

それは、ふくろうのひな!

そのかわいらしさは、まさに生きたぬいぐるみか、森の妖精のよう! 思わず「ぎゅ〜」したくなるほどの「ふわふわ」「もふもふ」なのです。

この本に登場するのは、国内のふくろうのなかでも最も白く、かわいらしさも一番と言われるエゾフクロウのひなたちです。北海道の森で暮らす「ふわもこ」天使たちとの感動の出会いと成長の日々を、とっておきの写真で紹介します。

ひなたちのかわいい姿にほっこり癒やされながら、北海道の豊かな森の雰囲気も、たっぷり味わうことができます。

■主役はエゾフクロウのひな!■
ひなたちは、好奇心がとっても旺盛です。枝にとまって、上をきょろきょろ、下をきょろきょろ。ときには“きょうだい”並んで、一斉に同じ方向を見つめることも。また、親子や“きょうだい”同士はとっても仲良し。お互いに羽づくろいしたり、じゃれあったり……。

この本は、北海道をフィールドに活躍する9人のカメラマンが撮影した貴重なカットをぜいたくに使い、エゾフクロウのひなたちが見せてくれる、さまざまなしぐさや表情をたっぷり収録。その純粋でまっすぐな生き方に元気をもらえること間違いなしです。

ひなたちのかわいらしさを“ぎゅ〜”っと凝縮したこの一冊。きっと、この本のことも「ぎゅ〜」っと抱きしめたくなるはずです。

■森の中で出会える喜びは格別!■
「ふくろうって、本当にいるんだ!」。森の中で初めて野生のふくろうに出会った人の多くは、そんな感想を持つはずです。かつては近所の森や屋敷林、神社の森などでも、その姿が見られ、身近な存在であったはずのふくろうも、今では動物園やフクロウカフェなどでしか本物を見る機会がありません。

このようにふくろうが暮らせる森がどんどん少なくなるなか、北海道にはふくろうが暮らし、ひなたちを育てることのできる豊かな森が、まだたくさん残っています。とはいえ、相手は夜行性。野生のふくろうに出会うのは、簡単なことではありません。だからこそ、出会えたときの感動は、きっと忘れがたいものになるでしょう。

そんな出会うことが難しい野生のふくろうも、この本を通してなら、森で暮らす自然なしぐさや営みをすぐそばで見ているかのような気持ちになれるはずです。「ぎゅ〜」したくなるほどのかわいいひなたち。しかしペットのように簡単に「ぎゅ〜」できないからこそ感じられる、野生動物本来の美しさ、そして愛おしさをお楽しみください。

【商品概要】
商品名: もふもふもふもふ〜 ふくろうの赤ちゃん
監修者名: 大橋弘一
定価:本体1300円(税別)
発売日:2018年10月31日
判型/ページ:変形(150×150ミリ)/96ページ
ISBN:978-4-06-513122-0
発行:講談社ビーシー/講談社
Amazon● https://amzn.to/2PRQb5P

■監修/大橋弘一(おおはし・こういち)
野鳥写真家。東京生まれ。札幌在住。幼少の頃に見た鳥類図鑑に魅せられ、会社員生活を経てこの道へ。北海道を拠点に全国の鳥を30年以上撮影し、"野鳥の伝道師"として出版、講演、文筆活動やテレビ・ラジオ出演などで野鳥の魅力を発信。鳥の語源や文学作品との関連など幅広い取材による独自の野鳥雑学解説が好評で、代表作『庭で楽しむ野鳥の本』(山と溪谷社)はただいま11刷のベストセラー。他に『野鳥の呼び名事典』(世界文化社)、『日本野鳥歳時記』(ナツメ社)、『北海道野鳥ハンディガイド』(北海道新聞社)、『ふくろうたちのひとりごと』(中西出版)など著書多数。日本鳥学会会員。日本野鳥の会会員。日本自然科学写真協会会員。ウェルカム北海道野鳥倶楽部主宰。

■そのほか、ページサンプル

以上
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001920.000001719.html

http://archive.is/qq9G8

もふもふもふもふ~ ふくろうの赤ちゃん

講談社
売り上げランキング: 475,541

posted by BNJ at 11:15 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

親子環境教室 秋の公園観察 来月10日に服部緑地、参加者募集 /大阪【毎日新聞2018年10月29日】

 自然観察をして身近な環境を考える「第14回親子環境教室」(豊中市教職員組合、毎日新聞社主催)が11月10日、豊中市服部緑地の服部緑地公園で開かれる。小中学生・未就学児や保護者らの参加者(子どもは必ず保護者同伴)を募っている。

 当日は、同公園の西中央広場で午後1時から受け付け開始。1時半〜3時半、動植物に詳しい元教師ら「とよなか市民環境会議アジェンダ21」や豊中生物同好会のメンバーを講師に、グループに分かれて公園内を散策する。ドングリを拾ったり、草花、野鳥を ...
https://mainichi.jp/articles/20181029/ddl/k27/040/198000c

http://archive.is/czmYC
タグ:探鳥会
posted by BNJ at 21:27 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする