2018年10月02日

奈良 インコの飼い主見つかる「皆さんに感謝」【毎日新聞2018年10月2日】

奈良県警生駒署から飼い主の元に返されたアキクサインコの「小梅」=奈良県生駒市東松ケ丘の生駒署で2018年10月2日午前11時52分、数野智史撮影

約2週間ぶりに飼い主の中田恵子さん(右)の元に帰ったアキクサインコの「小梅」=奈良県生駒市東松ケ丘の生駒署で2018年10月2日午前11時52分、数野智史撮影

奈良県警生駒署で保護されて飼い主に元に戻ったアキクサインコ=奈良県生駒市東松ケ丘の同署で2018年10月2日午前11時54分、数野智史撮影
 先月21日に奈良県生駒市の路上で保護され県警生駒署員らが世話をしてきたアキクサインコの元の飼い主が見つかり、2日、手元に返された。飼い主は「もうダメだと思って諦めていたのでうれしい。小さな命をつないでくれた皆さんに感謝している」と再会を喜んだ。

 飼い主は奈良市鳥見町の主婦、中田恵子さん。インコは生後約10カ月の雄。中田さんが「小梅」と名付け、ひなの時から育ててきた。ところが9月19日夕方、中田さんが自宅の庭で別のインコのケージを掃除していた際、小梅のケージの出入り口を閉め忘れてしまい、そのまま飛んで逃げた。

 一方、小梅は2日後の21日午後3時半ごろ、自宅から約2.5キロ西の生駒市中菜畑の路上で通行人の男性の肩に舞い降りた。男性は飛ぶ元気もなさそうな小梅を肩に乗せたまま近くの交番に行き、拾得物として届け出。署員が自宅で水や餌をやり、室内に止まり木を設置するなど献身的に世話をしたところ、自由に飛び回るほど元気を取り戻した。

 中田さんも必死に捜していたが行方は分からず、わずかな望みをかけて県警のホームページをチェック。1羽のインコの特徴が小梅と一致したため、2日に同署を確認のため訪れた。小梅との再会を果たした中田さんは「想像していたより元気そうでホッとした」と胸をなで下ろしていた。【数野智史】
https://mainichi.jp/articles/20181003/k00/00m/040/036000c

奈良県警保護の迷子インコ、2週間ぶり飼い主と再会【産経ニュース2018年10月4日】
奈良県警生駒署の羽根康英副署長(右)の肩に乗るアキクサインコの小梅と、飼い主の中田恵子さん=奈良県生駒市

 迷子になり、奈良県警生駒署で保護されていたアキクサインコが、約2週間ぶりに飼い主の元に戻った。以前と変わりなく元気に飛び回る姿に、飼い主で奈良市の主婦、中田恵子さんは「本当にうれしい」と再会を喜んだ。

 インコは生後10カ月のオス、小梅(こうめ)。9月19日午後4時ごろ、中田さんが庭で鳥かごを水洗いした後、小梅をかごの中に入れて乾燥させていた際にうっかり扉を閉め忘れ、飛び立ってしまったという。

 この2日後、自宅から約2・5キロ離れた同県生駒市内の住宅街で、小梅が通行人男性の肩に止まった。男性は近くの交番に「拾得物」として預け、届け出を受けた同署は署員の自宅で保護することに。当初は衰弱していたというが、餌をもりもり食べ、日に日に回復。署員は「とても人懐っこく、大切に育てられてきたのだろうと思った」と話す。

 小梅の行方が分からなくなって以来、中田さんは近所を捜索したり、SNSで検索したりしたが、なかなか手がかりをつかめなかった。わらにもすがる思いで頼ったのが、県警ホームページの「落とし物照会」。ここで小梅と特徴が似たインコを見つけ、今月2日、同署で待望の再会を果たした。

 中田さんは「もう見つからないと思って諦めていたので、ありがたい気持ちでいっぱい」と感無量の様子だった。
https://www.sankei.com/life/news/181004/lif1810040007-n1.html

http://archive.is/VPpIX
http://archive.is/Y6xez

posted by BNJ at 21:54 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図柄入りナンバー交付始まる 新潟、長岡で手続きGO【新潟日報モア2018年10月2日】(トキ)

 景勝地や名産品などの図柄が入った自動車用ナンバープレートの交付が1日、新潟と長岡を含む全国41地域で始まった。新潟ナンバーはトキと萬代橋の夕焼け、長岡は花火がデザインされている。取り付けたドライバーらは「新潟の魅力をアピールできる」と意気込んでいた。

 図柄入りナンバーは...
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181002423063.html

http://archive.is/mN8dm
タグ:トキ
posted by BNJ at 21:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラムサール条約 葛西海浜公園と志津川湾を追加登録へ【毎日新聞2018年10月2日】(他3ソース/既報関連ソースあり)

 環境省は2日、国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約の登録地に、東京都江戸川区の「葛西海浜公園」(367ヘクタール)と宮城県南三陸町の「志津川湾」(5793ヘクタール)を新たに登録すると発表した。21日からアラブ首長国連邦のドバイで開かれる締約国会議で正式決定する。日本の登録地は52カ所(15万4696ヘクタール)となる。

 葛西海浜公園は東京湾にある干潟。高度成長期以降、生活排水で水質が悪化したが、下水道の整備のほか、カキやアサリなどの繁殖によって水質改善が進み、約2万羽のガン・カモ類が飛来するようになった。

 しかし水質改善に取り組むNPO法人「ふるさと東京を考える実行委員会」の関口雄三理事長(70)は「増えた水鳥が貝類を食べ、再び環境が悪化する恐れもある。水鳥も大事だが、海の生物多様性全体を考えるべきだ」と懸念を示す。

 一方、志津川湾には、海流がぶつかり合い、寒い海のマコンブと暖かい海のアラメなどが共存する珍しい藻場がある。東日本大震災に伴う津波で海藻が流された場所があったが、その後生息地は回復に向かっており、登録に支障はないと判断した。【五十嵐和大】
https://mainichi.jp/articles/20181003/k00/00m/040/066000c

葛西海浜公園、都内初のラムサール条約登録へ 水鳥生息【朝日新聞デジタル2018年10月2日】

 環境省は2日、葛西海浜公園(東京都江戸川区)と志津川湾(宮城県南三陸町)の2カ所を、水鳥の生息地として国際的に重要な湿地を守る「ラムサール条約」の登録地に申請すると発表した。21日からアラブ首長国連邦のドバイで開かれる締約国会議までに登録される見通し。葛西海浜公園が登録されれば、都内初となる。

 環境省野生生物課によると、葛西海浜公園は荒川と旧江戸川の河口に広がる367ヘクタールの干潟で、多くの渡り鳥が越冬し、ガン・カモ類が2万羽以上飛来することなどが登録基準に合うという。志津川湾は三陸海岸南部の海域5793ヘクタール。藻場が広がり、国の天然記念物コクガンの餌場になっているという。

 また登録済みの円山川下流域(兵庫県豊岡市)は、国の特別天然記念物コウノトリの野外生息数が増えたため、区域を2倍近くの1094ヘクタールに広げる。
https://www.asahi.com/articles/ASLB25HH0LB2UBQU00R.html

葛西海浜公園、ラムサール条約登録へ…東京都初【読売新聞2018年10月2日】
 国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約(事務局・スイス)に今月、葛西海浜公園(東京都江戸川区)と志津川湾(宮城県南三陸町)が登録される見通しになった。環境省が2日発表した。登録されれば国内で52か所となる。


 葛西海浜公園は面積約367ヘクタール。スズガモやマガモなど2万羽以上の渡り鳥が飛来する都会の湿地として知られ、登録されれば東京都では初めてとなる。ただ一部の地元民間団体は鳥の食害で貝が減少するなどとして反対している。

 志津川湾は面積約5793ヘクタール。国天然記念物のコクガンが越冬するほか、アマモなどが生育する藻場として保全する価値が高いと判断した。

 ドバイで21日から条約の締約国会議が始まる予定で、同省はその前に登録されることを見込んでいる。
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20181002-OYT1T50136.html

宮城・志津川湾など推薦へ ラムサール条約の登録湿地 【日本経済新聞2018年10月2日】
環境省は2日、国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に、宮城県南三陸町の志津川湾と、東京都江戸川区の葛西海浜公園の登録を推薦すると、中央環境審議会野生生物小委員会に報告した。

10月中旬に正式登録され、アラブ首長国連邦で21日(日本時間)から始まる締約国会議で認定証が授与される見通し。国内の登録湿地は52カ所になる。

環境省は、登録地の一つ兵庫県豊岡市の円山川下流域・周辺水田について、登録面積を約2倍の1094ヘクタールに拡張するよう条約の事務局に申請することも報告した。コウノトリの繁殖地などが広がったためとしている。

志津川湾は、海水の浄化作用があり、小魚の産卵場となるアマモなどの海草が生い茂る。国の天然記念物コクガンの越冬地にもなっている。葛西海浜公園は都が所管する干潟と周辺海域で、ガンやカモ類が2万羽以上飛来する。

ラムサール条約は、多様な生物を支える湿地を守るため、1971年にイランのラムサールで採択された。日本は80年に加入。尾瀬(群馬など)や釧路湿原(北海道)など計約15万ヘクタールが保全対象として登録されている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36028680S8A001C1CR8000/

<ラムサール条約>宮城・南三陸町の志津川湾を登録へ 海藻200種超【河北新報オンラインニュース2018年10月3日】
 環境省は2日、国際的に重要な湿地の保全を目指すラムサール条約に、宮城県南三陸町の志津川湾と、東京都江戸川区の葛西海浜公園の登録を推薦すると、中央環境審議会野生生物小委員会に報告した。
 10月中旬に正式登録され、アラブ首長国連邦で21日(日本時間)に始まる締約国会議で認定証が授与される見通し。国内の登録湿地は52カ所になる。
 志津川湾は暖流と寒流の影響をバランス良く受ける海域で、同じ場所に生息するのが珍しいアラメやマコンブなど200種類以上の海藻が確認されている。海水の浄化作用があり、小魚の産卵場となるアマモなどの海草が生い茂る。国の天然記念物コクガンの越冬地にもなっている。
 ラムサール条約は、多様な生物を支える湿地を守るため、1971年にイランのラムサールで採択された。日本は80年に加入。尾瀬(群馬など)や釧路湿原(北海道)など計約15万ヘクタールが保全対象として登録されている。東北では青森(仏沼)、宮城(伊豆沼・内沼、蕪栗沼・周辺水田、化女沼)、山形(大山上池・下池)の3県で5カ所が登録済み。

環境省がラムサール条約の新規登録候補地とした宮城県南三陸町の志津川湾(町提供)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181003_11040.html

http://archive.is/vHG3h
http://archive.is/4DF9A
http://archive.is/LgjOo
http://archive.is/3ih4x
http://archive.is/k8kOk

葛西の干潟、国がラムサール登録推進…地元反発【読売新聞2018年3月31日】

ラムサール条約湿地の新規登録候補地について 環境省報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/106019.html
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルカ飼育の是非を考える あす千代田で【朝日新聞デジタル2018年10月2日】(犬吠埼マリンパーク/フンボルトペンギン/既報関連ソースあり)

閉鎖された「犬吠埼マリンパーク」のイルカ「ハニー」=8月、千葉県銚子市、坂野正人さん撮影

 楽しいショーを見せてくれたイルカの行く末は――。水族館閉鎖で行き場をなくしたイルカ「ハニー」をめぐり、イルカ飼育の是非を考えるトークセッション「イルカ問題の真実」が東京都千代田区内で27日、開かれる。

 千葉県銚子市の「犬吠埼マリンパーク」のメスのハンドウイルカ「ハニー」は今年1月の施設閉鎖後も引き取り手がない。「多くの人がイルカショーを楽しみながら、イルカの置かれた状況を考えずにいる。一方で飼育イルカを野生に戻すのは困難だ」。ハニーを見たイルカジャーナリストの坂野正人さん(64)ら市民グループが一緒に考える場をつくろうと企画した。

 会場は千代田区神田駿河台1丁目のレストラン「エスパス・ビブリオ」。午後3〜5時は参加無料で、坂野さん、動物保護団体「PEACE」の東さちこ代表ら登壇者らと自由に話せる。午後6〜8時半のパネルディスカッションなどの参加費は1500円。申し込みは電話(03・6821・5703)か、「9/27イルカ問題の真実希望」、名前と電話番号、参加人数を書いてメール(info@espacebiblio.superstudio.co.jp)。先着70人まで。

 千葉県衛生指導課によると、マリンパークには、イルカ1頭、フンボルトペンギン46匹、魚や爬虫(はちゅう)類・両生類200〜300匹がまだ飼育されており、引き取り手を探しているという。
https://www.asahi.com/articles/CMTW1809261300002.html

http://archive.is/q0xJe

閉館施設にイルカやペンギン、騒動に 千葉・銚子市【日本経済新聞2018年9月19日】
民間水族館が閉館、イルカなど引き取りないまま【読売新聞2018年8月28日】
犬吠埼マリンパーク ありがとう 老朽化であす閉館 /千葉【毎日新聞2018年1月30日】

ライチョウ秋色に衣替え 御嶽山【岐阜新聞2018年10月2日】

秋羽と呼ばれる茶褐色の羽をまとったライチョウ=岐阜・長野県境の御嶽山

 岐阜・長野県境の御嶽山(3067メートル)に生息する国の特別天然記念物「ライチョウ」が、紅葉を背景に登山者を出迎えている。

 ライチョウの羽毛は年3回、季節に応じた色に生え替わる。現在は秋羽と呼ばれる茶褐色の状態で、初冠雪の時季には白い羽毛に変わっていく。

 2014年の噴火を受けて岐阜県は16年、継子岳からサイノ河原にかけて生息状況を調査。県側は降灰の影響がほぼ無かったとして「生息数に大きな減少はない」と結論付けた。

 ただ、「希少種であることは間違いない」(県環境企画課)。県は1日、乗鞍岳や笠ケ岳を含めた保護計画の検討委員会を立ち上げた。有識者らが年度内に計画を取りまとめる方針。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20181002/20181002-78362.html

http://archive.is/SEbOT
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 11:10 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立山の自然を感性豊かに 岩峅雄山神社で児童画展【北日本新聞2018年10月2日】(ライチョウ)

 立山一帯の自然や文化をテーマにした「立山をえがく児童画展」が1日、立山町岩峅寺の岩峅雄山神社(前田逸男権宮司)で始まった。児童が描いた感性豊かな作品が並んでいる。20日まで。

 立山に関心を持ってもらおうと、実行委員会と北日本新聞社が企画し、16回目。県東部の小学校17校から257点の応募があり、大賞には富山市大庄小学校5年の細田翔太君の「称名滝」が選ばれた。日本画家の坂田潤世さん(立山町)と竿下純子さん(富山市)が審査した。

 ライチョウやカモシカなど題材は多彩で、入賞・入選作79点を社務所で展示している。8日に同神社で表彰式を行う。
http://webun.jp/item/7504227

http://archive.is/oQdmL
タグ:ライチョウ
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マガン、鴨池で冬支度 加賀に飛来【北國新聞2018年10月2日】

翼を広げ飛び立つマガン=加賀市片野町の片野鴨池

 加賀市片野町のラムサール条約登録湿地、片野鴨池に渡り鳥のマガンが越冬のため飛来し始めた。市鴨池観察館によると、今季の初確認は9月29日で、昨年より4日早く、ほぼ平年並みとなる。

 国天然記念物のマガンは体長約70センチで、片野鴨池には毎年9月から12月ごろにかけてシベリア方面から群れで飛来し、3月ごろまでに北へ戻る。

 29日に2羽が飛来し、1日現在では昨年から居着いている1羽を合わせ計3羽が羽を休めており、餌を求めて近隣の水田へ向かう姿が見られた。同観察館によると、片野鴨池には28日現在、マガンの他、コガモやマガモなど渡り鳥約1500羽が飛来している。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20181002103.htm

冬の使者 マガン飛来…加賀・片野鴨池【読売新聞2018年10月3日】
羽を広げるマガン(加賀市片野町の「片野鴨池」で)=竹村一朗撮影

 ラムサール条約に登録されている加賀市片野町の湿地「片野鴨池かたのかもいけ」に、冬の訪れを告げる国天然記念物のマガンが飛来した。

 鴨池観察館によると、9月29日午後4時頃、2羽の飛来が今シーズン初めて、確認された。昨年より4日ほど早いという。マガンは池で休息したり、羽を伸ばしたりしている。

 マガンはこれから、飛来が増え、ピーク時の1、2月には2000羽ほどに達する見込み。同池には毎冬、トモエガモやマガモなどの水鳥が多数飛来し、国内有数の越冬地として知られる。
https://www.yomiuri.co.jp/local/ishikawa/news/20181003-OYTNT50051.html

http://archive.is/41D9A
posted by BNJ at 11:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オオタカやサシバなどの渡りを観察 寄居の展望デッキ、愛鳥家らの人気スポットに 口コミで広がり定着【埼玉新聞2018年10月2日】

 タカなどの猛きん類の渡りを見ようと、埼玉県寄居町秋山の中間平緑地公園の展望デッキが双眼鏡やカメラを持った愛鳥家らでにぎわっている。サシバやツミなど10数種類を10月上旬まで見ることができるという。

 中間平は同町南西部の釜伏山中腹に位置。観察スポットとして専門誌や口コミでバードウオッチャーらに広がり、定着している。

 日本で繁殖し子育てを終えたタカ類が越冬地の東南アジアへ向かうため、この時期、標高370メートル地点に設置されたデッキから多くのタカ類を観察することができる。

 タカ類は上昇気流を利用して飛んでいく。8月下旬から観察している「中間平でタカを見る会」会員の千島康幸さん(65)は「今年は天候不順で、観察できる日が少ない」と説明。天気に恵まれた9月28日は午前8時ごろから観察を始め、午後1時半までにサシバ164羽、ツミ3羽、ハチクマ2羽、オオタカ1羽を確認した。

 観察者の一人が「(タカが飛んで)来たぞ」「あそこにいる」と声を上げると、ほかの人たちも、望遠レンズを取り付けたカメラや双眼鏡を一斉に向け、渡ってくるタカの姿を楽しんでいた。

 東京都の俳句グループの女性6人は吟行会で訪れた。指導者の奥坂まやさんは「タカの真っすぐな意志を感じ、透けて見えた羽根は黄金のようでした」と話していた。

 渡りは10月上旬まで見られる。デッキからは関東平野も一望できる。

 問い合わせは、同町総務課(電話048・581・2121)へ。

観察者でにぎわう中間平の展望デッキ=埼玉県寄居町秋山
空を飛ぶノスリ(寄居町提供)
https://this.kiji.is/419563516988195937?c=39546741839462401
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早くも 冬の使者? 田んぼにハクチョウ飛来 大田原【動画】【下野新聞SOON2018年10月2日】

田んぼに飛来したオオハクチョウ

 【大田原】黒羽地区の休耕田に「冬の使者」ハクチョウが飛来し、地域住民を驚かせている。飛来地として知られる羽田の羽田沼で、越冬したもののシベリアに帰れず県に一時保護された一羽が9月上旬から同沼周辺に現れなくなっており、このハクチョウの可能性が高い。約10キロの距離を移動してきたとみられる。

 Web写真館に別カットの写真

 県自然環境課によると種類はオオハクチョウ。近隣の農業男性(75)の話ではやって来たのは5日ほど前で、1日は休耕田と隣の稲刈り後の田んぼの水たまりを行き来しながら餌をついばんでいた。男性は「台風でどうなるかと思ったが飛んでいかなかった。静かに見守りたいね」と話した。

 「羽田沼白鳥を守る会」の長嶋昭夫(ながしまあきお)会長(58)は「ハクチョウが飛来するのは早くても今月下旬なので、いなくなったハクチョウにおそらく間違いない。黒羽方面に飛んでいったと聞いたので、探していた。生きていて良かった。沼に戻す方法を考えたい」と話した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/81660
posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする