2018年10月05日

ほろ酔いの野鳥が続出? 窓や木に衝突相次ぐ 米ミネソタ州【CNN.co.jp2018年10月5日】

(CNN) 米ミネソタ州で、コマドリやヒメレンジャクなどの小鳥が方向感覚を失った様子で窓ガラスに突っ込んだり樹木にぶつかったりする姿が相次いで目撃されている。地元警察はこうした野鳥について、多少酔っているだけなので心配はいらないと説明した。

同州のギルバート警察はフェイスブックへの投稿で、「普段以上に『千鳥足』になっている鳥がいるらしい」と伝え、例年よりも早く降りた霜でベリー類が発酵し、それを食べた野鳥が酔った状態になっていると解説。「まだ南へ渡っていない野鳥も多いことから、例年よりも蔓延しているらしい」「幼鳥の肝臓は、成鳥に比べてうまく毒素を処理できない」と説明している。

野生生物の生態に詳しい米ウィスコンシン大学のアナ・ピジョン准教授によると、野鳥のほろ酔いは珍しい現象ではなく、「冬から早春にかけ、枝の先のベリー類が発酵すると、もっと頻繁に見られるようになる」。中でもそうした果実を餌とするコマドリやヒメレンジャクは「酔いやすい」傾向があるという。

ただ、酔った野鳥は方向感覚を失ったり、天敵から逃げる本能を失ったりして大きな危険にさらされるほか、アルコール中毒症に陥ることもある。

一方、北米の野鳥に関する著書がある専門家のローラ・エリクソン氏は、ミネソタ州北部で目撃された野鳥のほとんどは酔っていたわけではなく、同州を通過する渡り鳥が例年以上に多いことに関係があるとの見方を示した。

ほろ酔い状態の野鳥について警察では、「そうした鳥を見かけても通報する必要はありません。すぐに酔いは覚めるでしょう」とコメントしている。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35126611.html

http://archive.is/StHhC

posted by BNJ at 21:39 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥49種さえずる掛け時計 リズム時計【日本経済新聞2018年10月5日】

リズム時計工業は5日、野鳥49種類の鳴き声で時間を知らせる掛け時計を18日発売すると発表した。日本野鳥の会の理事が国内各地で録音した野鳥のさえずりを採用。正時ごとに音が約30秒流れる。四季と時間帯に合わせて野鳥の種類が変わるモードなど3種類の再生パターンを用意した。

リズム時計工業は野鳥49種類がさえずる掛け時計を日本野鳥の会と共同開発した

新製品は「日本野鳥の会 四季の野鳥報時掛時計」の2種類。さえずりはランダムと、カッコウが時間ごとに鳴く回数を増やしていくモードもある。掛け時計の側面にあるスイッチを左右に動かすと、モードの切り替えが可能だ。

時計周囲が暗くなると、自動で時間を知らせる機能を停止する仕組みも設けた。夜中に1時間ごとにさえずるという事態は避けられる。

音域の異なる野鳥の鳴き声を届けるための工夫も凝らした。従来品に比べて2倍以上の精度で音源を収録した。

木枠版は希望小売価格2万円(税別)で、年2400個の販売を目指す。ヒヨドリやカッコウなどが盤上の数字にとまっている。フレーム枠版は1万5千円(同)で年間販売目標は4800個。うぐいすやホトトギスが描かれている。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36172520V01C18A0000000/

http://archive.is/X1a4v
posted by BNJ at 21:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風24号 オシドリ観察小屋(日野)被害【山陰中央新報2018年10月5日】

台風24号の影響で浸水被害や一部流失に遭ったオシドリ観察小屋(中央奥)。左は日野川
 国内有数のオシドリ飛来地で知られ、シーズン中に全国から約1万5千人が訪れる鳥取県日野町根雨のオシドリ観察小屋が、台風24号の影響で増水した日野川の濁流によって浸水し、一部が流失した。11月1日の観察期間開始を目前に関係者はショックを隠せないが、ボランティアも加わって後片付けに懸命。町の協力を求め、目隠し用板壁を設置するなど観察環境の復旧を急ぐことにしている。
 日野川をまたぐJR伯備線第2日野川鉄橋下にある観察小屋は9月30日、台風接近に伴う大雨に遭遇。増水した濁流が床上約1メートルまで流れ込んだ。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1538702228600/index.html

http://archive.is/mUzxw
タグ:オシドリ
posted by BNJ at 21:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

瓢湖に「冬の使者」 阿賀野 ハクチョウ今季初飛来【新潟日報モア2018年10月5日】

瓢湖に飛来したコハクチョウ=4日、阿賀野市

 新潟県阿賀野市の瓢湖で4日、ハクチョウの飛来が今季初めて確認された。台風の影響で遅れも予想されたが、4日の初飛来は昨年と同じで平年並み。冬の使者の到来に、地元の関係者は「今年もこの季節がやって来た」と顔をほころばせた。

 午前6時すぎ、住民が8羽のコハクチョウが飛んでいるのを見つけた。湖の上空を何度か旋回してから着水し、30分ほど羽を休めると北方向に飛び立ったという。午後4時半前にも6羽が飛来した。瓢湖公園管理事務所の関隆男所長は「今朝は寒かったのでもしかしたらと思っていた。これから忙しくなる」と話した。

 管理事務所によると、飛来のピークは11月中旬〜下旬で、多い日には5千羽以上が来る。シベリアに帰る来年3月中旬ごろまで観察できる。近所の主婦鷹股小夜さん(67)は「隊列を組んで飛ぶ姿を早く見たい」とシーズン本番を待ちわびていた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181005423728.html

http://archive.is/A4CPf
posted by BNJ at 21:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国のトキ2羽、17日に佐渡へ 提供は11年ぶり、遺伝的多様性の向上に期待【新潟日報モア2018年10月5日】

 環境省は5日、中国からの提供が決まっていた国際保護鳥トキ2羽が17日に日本に到着し、佐渡市に届けられると発表した。中国からの提供は2007年以来約11年ぶり。それぞれ日本にいるトキとペアになり、来春の繁殖期に備える。今後、放鳥トキの遺伝的多様性の向上が期待される。

 環境省によると2羽は中国陝西省で繁殖、飼育された2歳の雄と雌。17日に成田空港で中国側から引き渡され、午後6時ごろ佐渡空港に着く予定。佐渡トキ保護センターに届けられる。

 中国の李克強首相が5月に訪日した際、トキのつがいを日本に提供すると表明。日本側はこれまで中国から提供された5羽と血縁的に遠いことなど希望を伝え、中国側が選定を進めてきた。

 陝西省などと交流を続けてきたNPO法人トキの島(同市)事務局長の中島明夫さん(55)は放鳥10周年の節目の提供に喜び、「日中友好の証の鳥。これを機にさらに絆を深められたらいい」と歓迎した。

 花角英世知事は「自然界でのより安定的な生息が期待される」と、三浦基裕佐渡市長は「生まれた子孫たちが、佐渡でさらに家族を増やすことを願う」とそれぞれコメントした。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181005423849.html

トキ2羽、17日に日本へ 中国から提供【共同通信2018年10月5日】
 環境省は5日、中国からの提供が決まっていた国際保護鳥トキが17日に日本に到着すると明らかにした。中国からの提供は2007年以来。

 環境省によると、2羽は中国陝西省で繁殖、飼育された2歳の雄と雌。17日に成田空港で中国側から引き渡され、同日中に佐渡空港(新潟県佐渡市)に到着する予定。佐渡トキ保護センターに届けられる。

 中国の李克強首相が5月に訪日した際、トキのつがいを日本に提供すると表明していた。

 原田義昭環境相は5日の閣議後会見で、2羽の提供によりトキの野生復帰が安定的に進むとの認識を示し「トキが日中友好の懸け橋になってほしい」と述べた。
https://this.kiji.is/420781321487844449?c=39546741839462401

トキ2羽、17日に日本へ 中国から提供【産経ニュース2018年10月5日】
 環境省は5日、中国からの提供が決まっていた国際保護鳥トキが17日に日本に到着すると明らかにした。中国からの提供は2007年以来。

 環境省によると、2羽は中国陝西省で繁殖、飼育された2歳の雄と雌。17日に成田空港で中国側から引き渡され、同日中に佐渡空港(新潟県佐渡市)に到着する予定。佐渡トキ保護センターに届けられる。

 中国の李克強首相が5月に訪日した際、トキのつがいを日本に提供すると表明していた。

 原田義昭環境相は5日の閣議後会見で、2羽の提供によりトキの野生復帰が安定的に進むとの認識を示し「トキが日中友好の懸け橋になってほしい」と述べた。

 新潟県の花角英世知事は「新たなトキが加わることで、遺伝的な多様性が確保され、環境への適応力が高まる。新たなトキからひなが生まれ、佐渡の大空に羽ばたく日が早くくることを願っている」とのコメントを出した。
https://www.sankei.com/life/news/181005/lif1810050018-n1.html

11年ぶり、中国のトキ2羽が17日到着へ【読売新聞2018年10月6日】
 環境省は5日、日中両国政府が提供で合意していた中国のトキ2羽が今月17日に日本に到着すると発表した。中国からのトキ提供は2007年以来11年ぶりとなる。提供されるトキは、中国陝西省で飼育されていたオス、メス1羽ずつ(ともに2歳)。新潟県の佐渡島で飼育し、日本で生まれたトキとの間で人工繁殖を試みる。


 国の特別天然記念物に指定されているトキは、03年にいったん絶滅した。一方、1999年以降、中国から計5羽を譲り受け、人工繁殖と放鳥を続けてきた。現在、野生のトキは佐渡島を中心に約350羽まで回復したが、全て5羽の子孫であるため、遺伝的な多様性の確保が課題になっている。

 新潟県の花角知事は「トキの遺伝的な多様性が確保され、自然界でより安定的な生息が期待される。新たなトキからヒナが生まれ、佐渡の大空に羽ばたく日が早く来ることを願っている」とコメントした。
https://www.yomiuri.co.jp/eco/20181005-OYT1T50151.html

http://archive.is/XruoT
http://archive.is/Kj57R
http://archive.is/Qz4b1
http://archive.is/sGeyP
日本へのトキ引き渡しを前に 中国の飼育施設公開【NHKニュース2018年10月1日】
中国、トキ2羽提供へ 安倍首相訪中に合わせ【共同通信2018年9月30日】
トキのつがい10月佐渡へ 11年ぶり、首相訪中へ友好演出【共同通信2018年9月26日】
新たなトキ求む 二階氏が訪問先の中国で要請へ【朝日新聞デジタル2017年12月22日】
タグ:トキ 中国
posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最古参キハ532、走る美術館に【読売新聞2018年10月5日】(野鳥の写真)

竜ヶ崎線で6日から
 龍ヶ崎市の関東鉄道竜ヶ崎線で6日から、鉄道ファンに人気の最古参車両「キハ532」内にアート作品を飾る「走る美術館」がお目見えする。様々なジャンルの作品を10回に分けて展示し、来年3月末まで運行される。


 関鉄や市、市民らでつくる「市地域公共交通活性化協議会」が地域振興の一環で企画。来年1月12日までは毎週土曜に運行し、以降は平日の走行も検討する。展示されるのは、和歌山県の彫刻家の作品写真を手始めに、油絵やアクリル画などで、各回6点。来年2月下旬からは、市歴史民俗資料館のボランティアが製作した織物や市内在住の写真家が撮影した牛久沼の野鳥の写真を予定している。

 「竜鉄」の愛称で親しまれる竜ヶ崎線は、市中心部の竜ヶ崎駅とJR常磐線に接続する佐貫駅4・5キロを約7分で結ぶ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20181005-OYTNT50039.html

http://archive.is/XKdtf
posted by BNJ at 21:26 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最上川に冬の使者…コハクチョウ飛来【読売新聞2018年10月5日】

酒田市の最上川に飛来したコハクチョウ(白色の鳥)=4日

 酒田市の最上川に4日、冬の使者・コハクチョウが今季初めて飛来した。

 「日本白鳥の会」会員で元理事の角田分わかつさん(71)(同市本楯)が同日午前6時33分、市内の最上川の中州で6羽のコハクチョウを確認した。

 水浴びをしたり、盛んに羽ばたいたりしており、角田さんは「酒田に飛来して羽を休め、元気になったんだろう」と話した。午後3時過ぎには10羽ほどに増えた。

 コハクチョウはロシア極東から日本列島に飛来し、越冬地を探しながら南下する。同市では例年、10月末〜11月上旬に飛来のピークを迎え、計約1万5000羽が降り立つ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/yamagata/news/20181005-OYTNT50118.html

コハクチョウ 今季初の飛来 酒田 /山形【毎日新聞2018年10月5日】
 酒田市に4日、「冬の使者」の白鳥が今季初めて飛来した。午前6時半ごろ、最上川に架かる両羽橋上流にコハクチョウ6羽が降り立っているのを、日本白鳥の会会員、角田分(わかつ)さん(71)=酒田市本楯=が見つけ、カメラに収めた。飛来日は昨年と同じで、例年並み。

 最上川河口付近は中州があるため他の動物に襲わ…
https://mainichi.jp/articles/20181005/ddl/k06/040/185000c

http://archive.is/H6iiQ
http://archive.is/BxBak
posted by BNJ at 21:24 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル初動万全に 宮城県職員ら防疫演習 大郷【河北新報オンラインニュース2018年10月5日】

防護服を着て防疫手順を確認する担当職員

 高病原性鳥インフルエンザの発生に備え、宮城県仙台地方振興事務所などは4日、鶏の殺処分や搬出など初動対応を確かめる防疫演習を大郷町B&G海洋センター運動場などで実施した。振興事務所と管内14市町村の職員、養鶏農家ら約120人が参加した。
 昨年3月の栗原市での発生を踏まえ、今年3月策定した対応マニュアルに基づく初の演習。鶏30万羽を飼育する養鶏場で、高病原性鳥インフルエンザが検出されたとの想定で行った。
 担当者が防護服やゴーグル、マスクを着用しウイルスへの感染防止対策を施した後、模型の鶏が入ったバケツに二酸化炭素を注入して処分、フレコンバックに詰める作業に取り組んだ。
 現地演習に先立ち県は、連絡調整会議を仙台市青葉区の仙台合同庁舎で実施し、防疫資材の搬出訓練を宮城野区の資材倉庫で行い、実践的な形で初動体制を点検した。
 仙台家畜保健衛生所の大場実所長は「各養鶏場で病原体の侵入を防ぐのが大事。訓練を基に課題を検証し、実際に起きた場合に迅速に対応できるよう備えたい」と語った。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181005_13035.html

http://archive.is/97FNW
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

義足のタンチョウ初公開 釧路市動物園【北海道新聞2018年10月5日】

釧路市動物園で初めて公開された義足のタンチョウのモモ
 国の特別天然記念物のタンチョウの治療・保護活動を知ってもらおうと、釧路市動物園は園内の療養施設で義足のタンチョウ1羽を初めて公開している。近年、生息数が回復傾向にあるが、車と衝突したり、電線に引っ掛かったりする事故が絶えない。動物園は「タンチョウとの共生について考えて」と呼び掛ける。

 昨年8月に十勝管内大樹町の牧場で保護された雄のモモ。当時、生後4カ月とみられ、牛に蹴られて左脚を骨折し、皮1枚でつながっているような状態で動物園に運ばれた。

 獣医師の飯間裕子さん(38)が8月中に2度の手術を行い、長さ25センチ、直径5センチの自作の義足を付けた。

残り:354文字/全文:630文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/235363/

http://archive.is/y04gX
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 21:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリップアドバイザー「旅好きが選ぶ」でアドベンチャーワールドが日本の動物園部門1位【産経ニュース2018年10月5日】

 世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」が発表した「旅好きが選ぶ!日本の動物園・水族館ランキング2018」の動物園部門で、白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」が1位に選ばれた。

 同サイトは、ホテルやレストラン、観光スポットなど旅行に関する口コミ、価格比較などを手がけ、世界最大級の閲覧数を誇る。

 日本の動物園・水族館ランキングは、平成29年8月〜30年7月の1年間、同サイト上に投稿された日本語の口コミの評価(5段階)点、口コミ投稿数などを基に順位を決めた。

 トップ10の2位以下は、2位=高知県立のいち動物公園(高知県香南市)▽3位=旭山動物園(北海道旭川市)▽4位=神戸どうぶつ王国(神戸市)▽5位=掛川花鳥園(静岡県掛川市)▽6位=東山動植物園(名古屋市)▽7位=神戸市立王子動物園(神戸市)−など。

 今年4月に開園40周年を迎えたアドベンチャーワールドは、動物園、水族館、遊園地の3つを併せ持つ全国でも珍しいスタイルのテーマパークで知られる。特にジャイアントパンダの人気は高く、子供のパンダの誕生会や母の日、父の日、七夕にちなんだパンダのイベントなどを一般公開。間近でパンダのしぐさや行動を観察できる。

 1位となったアドベンチャーワールドは「広い敷地で伸び伸びと過ごす動物たちの姿を観察でき、ゆっくりとパンダを見られる点などを評価され、心より感謝申し上げます」とのコメントを発表した。
https://www.sankei.com/region/news/181005/rgn1810050030-n1.html

http://archive.is/DbEP5

犬と触れ合い癒やし 県動物愛護センター【岐阜新聞2018年10月5日】(インコ)

セラピー犬と触れ合う子ども=美濃市片知、県動物愛護センター

 岐阜県美濃市片知の県動物愛護センターで、動物と触れ合うフェスティバルが開かれ、多くの家族連れらが犬や鳥と楽しく遊んだ。

 市民らに同センターの活動を知ってもらうとともに、動物と触れ合って愛情を持ってもらおうと毎年開催している。

 来場者は、犬猫の迷子札制作や犬の散歩体験を楽しんだり、Dogボランティアクラブ(美濃加茂市)が連れてきたセラピー犬のゴールデンレトリバー「エマ」やインコと交流するなどして、動物への愛着を深めた。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20181005/20181005-79329.html

http://archive.is/pC3G4
タグ:インコ一般
posted by BNJ at 10:50 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【神奈川】小動物ふれあいや地元の農産物販売 麻生であすイベント【東京新聞2018年10月5日】

各種イベントで川崎産の農産物を使った食品などを販売するVege&ArtFesの店舗(同フェス提供)

 子どもから大人まで幅広い地域住民に参加してもらい、親しみやすく、魅力ある公園を目指すイベント「麻生区ふれあい公園」が六日、川崎市麻生区の王禅寺ふるさと公園で開かれる。同区の主催。

 近年続けられているイベントで、子どもたちに人気があるのは、ポニーの乗馬や牛の乳しぼり体験、バターづくり体験、小動物とのふれあいなどのコーナー。野鳥や動物クイズ、工作コーナー、花の種の配布などもある。また、起震車による地震体験や炊き出し訓練による炊き出しの無料配布も行われる。

 今回は、川崎の農家や女性起業家らが立ち上げ、地元の農産物などを販売する「Vege & Art Fes(ベジ アンド アート フェス)」も行われる。

 地域密着を掲げるフェスは、川崎の農産物を使った米粉の菓子、川崎野菜を使ってごはんに合う料理、地元で採れた川崎野菜の販売がある。子供服のフリーマーケットやダンスコーナーもあり、親子で楽しむことができそうだ。

 開催は午前十時〜午後三時。参加費無料(物品販売、飲食は除く)。王禅寺ふるさと公園は、小田急線の柿生駅南口から市営バスの溝口駅南口行き、東急バスのたまプラーザ駅行きなどで、バス停「梨木団地入口」下車一分。問い合わせは同区役所道路公園センター=電044(954)0505=へ。 

  (安田栄治)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201810/CK2018100502000135.html

http://archive.is/B0v1L
posted by BNJ at 10:47 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハシビロコウ 同居始まる 初々しい姿に来園客笑顔 那須どうぶつ王国【動画】【下野新聞SOON2018年10月5日】

 【那須】ハシビロコウの繁殖に取り組む大島の那須どうぶつ王国は4日、9月中旬に来園した雄の「ボンゴ」と雌の「カシシ」を同園内のウェットランドで同居させ、一般公開を始めた。やや離れた距離から視線を合わせるなど2羽は初々しい様子で、訪れた来園客がほほ笑ましく見守った。

 Web写真館に別カットの写真

 同園は2017年11月からハシビロコウの繁殖に取り組んでいる。雄のボンゴは9月17日に姉妹園の神戸どうぶつ王国から来園。雌のカシシと隣り合わせの飼育舎でしばらくお見合いをさせ、おじぎをし合うなどの親しげなしぐさが見られたことから同居を始めた。

 しかし新婚生活はぎこちない雰囲気でスタート。雌のカシシがボンゴに急接近すると、人見知りなのかボンゴは羽を開いて威嚇。その後は視線こそ交わしたものの、つかず離れずの関係が続いた。

 飼育員の松田英和(まつだひでかず)さん(39)は「雌の方が積極的かもしれない。まだお互い緊張しているようなので焦らず見守りたい」と話した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/83099

神戸から移送のハシビロコウ公開 那須どうぶつ王国【産経ニュース2018年10月5日】
 那須どうぶつ王国(那須町大島)は4日、ウェットランドでハシビロコウの雄「ボンゴ」と雌「カシシ」の展示を始めた。

 同園では8月に、ハシビロコウの雄「アサラト」が死んで、カシシ1羽だけになったため、9月に神戸どうぶつ王国からボンゴを移送。繁殖機会が見込める1、2カ月程度の期間限定で同居させている。同園では「飼育下での繁殖事例は世界で2例。未解明な部分も多くあるので繁殖につながるよう、引き続き注意深く飼育に努めたい」と気を引き締めている。
http://www.sankei.com/region/news/181005/rgn1810050033-n1.html

http://archive.is/fNTIQ
http://archive.is/UUT1S

農林水産関係の被害669億円 北海道地震【鶏鳴新聞2018年10月5日】

農林水産省は9月6日に発生した北海道胆振東部地震の農林水産関係の被害状況(9月27日現在)を北海道からの報告を中心にまとめた。

農地・農業用施設への土砂堆積や損傷が約338億円、林地の大規模崩壊や林道の損傷が約276億円、農作物等の被害が約46億円、水産関係が約9億円で、全体では約669億円としている。

うち畜産は、家畜被害(鶏・豚のへい死、乳用牛の廃用など)が37万6762頭羽で約6000万円、畜産物被害(生乳、枝肉・卵の損失など)が2万3787トンで約24億2000万円、畜産用施設(畜舎など)が54件で約9000万円など。停電により稼働が停止した乳業工場や食肉処理施設などは、現在はすべて再稼働している。養鶏ではこのほか、停電による給餌や設備機器のストップなどから産卵や増体に影響が出たりした。また、鶏卵や鶏肉出荷の混乱などもあったが、出荷については「25日ころから正常化した」との声も聞かれている。

北海道胆振東部地震による災害については、9月28日の閣議で激甚災害に指定することを決定し、10月1日付で公布・施行された。
http://keimei.ne.jp/article/%E8%BE%B2%E6%9E%97%E6%B0%B4%E7%94%A3%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AE%E8%A2%AB%E5%AE%B3669%E5%84%84%E5%86%86%E3%80%80%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%9C%B0%E9%9C%87.html

http://archive.is/1cDy8
posted by BNJ at 10:43 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする