2018年10月06日

複雑?【産経フォト2018年10月6日】

米カリフォルニア州で夕暮れに見つけたオウムたち。3羽の関係が気になります。
http://www.sankei.com/photo/daily/news/181006/dly1810060002-n1.html

http://archive.is/5JGjz

posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サル2匹脱走 富山市ファミリーパーク【北日本新聞2018年10月6日】

■1匹は園外の可能性 捕獲まで休園

 富山市ファミリーパーク(同市古沢、石原祐司園長)は5日、雄のニホンザル2匹が脱走したと発表した。1匹は園内にいるのを確認しているが、もう1匹は園外に逃げた可能性があるとし、目撃情報の提供を呼び掛けている。同園は、逃げたサルを捕獲するまで休園する。

 同パークでは、高さ3メートルと5メートルの二重の電気柵で囲われた「里山生態園」でニホンザル36匹などを飼育している。9月29日に職員が総数を数えたところ、体長約50センチの雄(5歳)がいなくなっていることが分かった。

 通常営業しながら職員が捜していたところ、5日午後2時50分、雄の「パール」(10歳)が高さ3メートルの柵をよじ登ったのを目撃。施設内に戻そうとしたが、パールは5メートルの柵も越えてしまった。その後15人で里山生態園を包囲し、日没の午後6時ごろまで捜索を続けた。パールは柵の裏のやぶにいるのを確認している。

 6日は午前7時から職員20人で捜索する予定。残りのサルは同日、園内の別の施設に収容する。

 同パークはパールを捕獲し施設点検を終えるまで休園し、外に逃げた可能性がある1匹の捜索は、パールが見つかるまで保留とする。

 同パークではかつて、タンチョウがおりから逃げたことがあったが、すぐに捕獲している。石原園長は「動物園としてあってはならない事故を起こしてしまい、大変申し訳ない。見掛けた際はむやみに近づかず連絡してほしい」と、情報提供を呼び掛けた。

 市教委によると、同パーク周辺の同市古沢小、長岡小、呉羽小、老田小、池多小、呉羽中は5日、児童、生徒の保護者にサルへの注意を呼び掛けるメールを送った。

 情報提供は同パーク、電話076(434)1234。


■目の前で電気柵越え
 のどかな秋晴れの白昼に起きたサルの脱走劇−。富山市ファミリーパークの職員は5日、目の前で起きた突然の事態への対応に大わらわとなった。脱走時に園内にいた客を出入り口まで誘導した上で、閉園時間前に園内を閉鎖。多くの来場が見込まれた3連休もサルを捕まえるまで休園し、イベントも全て中止する。

 同パークのニホンザルは2011年に完成した里山生態園で飼育しており、9月29日、1匹の雄(5歳)がいなくなっていることが月に一度の個体数点検で判明した。脱走したか確認できなかったことなどから公表せず、通常通り開園しながら、職員は見回りを強化。脱走経路や痕跡を探していた。

 雄の「パール」が脱走したのは9月末に逃げたサルを捜している最中だった。同パークによるとサルは秋に発情期を迎える。パールは雌の取り合いで別の雄に追い回され、高さ3メートルの電気柵を越えたとみられる。その後も威嚇され、さらに5メートルの柵もよじ登った。

 脱走を目撃した村井仁志動物課長は「柵に触れた瞬間、バチバチと音がした。非常に痛い思いをしてまでも逃げだしたかったんだろう」と話す。もう1匹の脱走理由は不明だが、発情期が関係していると推測する。

 パールが脱走した時間帯、広い園内のあちこちに客がいた。職員が分担して車を走らせ、理由を説明しながら出入り口まで乗せていった。午後4時前には全員退園させ、全ての出入り口を封鎖。同5時半の記者会見直前まで扉を開けなかった。園内での報道陣の行動は制限され、終始ピリピリした空気が漂っていた。
http://webun.jp/item/7505434

http://archive.is/EjKXb

研究者の知見でカラス撃退 宇都宮大発VBが装置開発 「危険察知」鳴き声を再現【日刊工業新聞2018年10月6日】

【宇都宮】宇都宮大学発ベンチャー企業のCrowLab(クロウラボ、宇都宮市、塚原直樹社長、028・614・3690)は、音でカラスを追い払う「CrowController」を開発した。10月中にも発売する。塚原社長はカラスを研究している宇都宮大バイオサイエンス教育研究センターの特...
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00491028

【ビジネス最前線】カラス対策装置に注目 宇都宮商議所で新商品発表会【産経ニュース2018年9月26日】
 宇都宮商工会議所の会員企業に新商品、新サービスの発表の機会を設ける合同発表会が宇都宮市内で開かれた。会員のベンチャー企業や中小企業の販路拡大を目的に、平成27年から定期的に開催しており、今回で7回目。新たな発想の事業に注目を集めるベンチャー企業も登場し、今後の展開が期待される。

 今回は審査で5社を選考。発表会は今月10日、同会議所(宇都宮市中央)で開かれた。今回、商品や事業を発表したのは、カラス被害対策装置を開発している「クロウラボ」▽九尾の狐(きつね)から着想したいなりずしを販売する「唐金(からかね)カンパニー」▽ホームページ制作、マーケティングの「ハッスルウェブ」▽仮想現実(VR)体験ができる飲食店「クロスリアリティー」▽ソフトウェア開発の「数学屋ほん舗」−の5社。

 注目を集めたのは、クロウラボ。宇都宮大でカラスの生態を研究してきた塚原直樹社長がカラス被害の防止システムを開発。市のふるさと納税を活用した市内の起業家支援事業にも選ばれている。

 また、ハッスルウェブは、上級ウェブ解析士の佐々木邦雄社長が人工知能で完全自動化のウェブサイトで集客するシステムを開発。国内でも初めてのシステムといい、低コストで圧倒的な効果を発揮するとアピールした。

 クロスリアリティーは、VRの普及を目指し、同市池上町でVRサロンを運営。ゲームだけでなく教育や安全体験、観光、医療など幅広く活用してもらうため、セミナーも計画している。

 会員の情報交換の場として、多くの会員企業が5社の発表を聞き、連携を模索する動きもある。同会議所の佐藤佳正専務理事は「これまでに36社が発表し、販路拡大や新商品開発につながった。今回もさらなるビジネスチャンスにつながれば」と期待を寄せている。(松沢真美)
https://www.sankei.com/region/news/180925/rgn1809250020-n1.html

http://archive.is/IM74j
http://archive.is/RmsBr

ドローンでカラス撃退、警戒され空振りに 山形で実証実験、スピーカー誘導は成功【山形新聞2018年9月20日】
カラス対策にドローン実験 山形・追い払い効果は実証【山形新聞2017年9月15日】
新実験でカラスの群れ動いた! 山形市、誘導作戦成果に手応え【山形新聞2017年9月14日】
ドローンと音で迷惑カラス誘導 山形市、仙台市との連携生かす【河北新報オンラインニュース2017年9月1日】
posted by BNJ at 11:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道地震1カ月 養鶏業男性、再起へ…地域おこしで定住【毎日新聞2018年10月6日】

鶏舎で生き残った鶏を見つめる小林廉さん=北海道厚真町幌里地区で2018年10月5日、北山夏帆撮影
 北海道胆振地方を震源とする地震で大きな被害を受けた厚真町幌里地区で、養鶏業を営んでいた若い農家が再起を図ろうとしている。放し飼いで育てる卵を販売している札幌市出身の小林廉さん(35)。地震では自宅が潰れ、飼っていた約1500羽の鶏の大半を失った。「よそ者だった私を就農させてくれたのが厚真町。ここで諦めるわけにはいかない」。年内の再開を目指して町内を奔走している。【北山夏帆】

 山々が黄色く色付き始める中、自宅は土砂に押し潰され、1階部分が沈みかけていた。近くの鶏舎では、逃げ惑って圧死したり餓死したりした鶏の死骸が横たわり、生き残った鶏の鳴き声が悲しい。町中心部から農園への道は土砂で覆われたままで、5日に避難所から自宅を見に行った小林さんはつぶやいた。「残った鶏たちを連れ出す方法もない。こんなに元気なのに」

 小林さんはこの1カ月、避難所で暮らしながら、新たな農園の候補地を探し回った。心が折れそうになり養鶏をやめることも考えた。だが、同じく被災した町民から「大変だったな」と励まされ、「農園の再建が、私がこの町のためにできることだ」と再挑戦を決めた。

 あの日午前3時過ぎ、自宅2階で就寝中に揺れに襲われた。「ドーン」という音とともに家は傾き、妻の路子さん(35)と窓から飛び降りた。隣家まで約1キロ。道を覆う土砂に膝まで埋まりながら2時間歩いた。

 小林さんは20代のころ、札幌の繁華街でバーを開いた後、東南アジアを放浪。帰国後、親類が経営する養鶏業を手伝いながら「好きなことを仕事にしたい」と起業を志した。厚真町が募集する「地域おこし協力隊」を知り、2011年に応募。第1期生として基礎から農業を学び、13年から「小林農園」を始めた。

 「鶏の鳴き声で近所に迷惑を掛けたくない」。そんな思いから人里離れた町の奥地に土地を借り、鶏舎を建てた。200羽から始めた事業は、鶏を草地で「平飼い」し、抗生物質も使わない。こだわりの卵は地元の飲食店も使ってくれた。今年は少しずつ1500羽まで増やし、事業を広げたばかりだった。

 「現実から逃げることは、支えてくださった方の思いからも目をそらすことになる」。9月24日に決意表明をした会員制交流サイト「フェイスブック」にはこれまで3120件以上の「いいね」がついた。「また小林農園の卵が食べたい」。メッセージの一つ一つが心の支えになっている。
https://mainichi.jp/articles/20181006/k00/00m/040/196000c

http://archive.is/BNd3O
posted by BNJ at 11:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする