2018年10月12日

トキと暮らす島 佐渡・放鳥10年【新潟日報モア2018年10月12日】

 佐渡市でトキの放鳥が2008年9月に始まってから10年となり、島の暮らしに溶け込んできた。放鳥されたトキは計308羽を数える。自然界でふ化に成功した12年以降は、野生下でも繁殖が進み、生息数は約350羽に達した。

 餌となる生物を育む稲作など島民の支えが後押しし、試行錯誤が続いた野生復帰の取り組みは「軌道に乗った」と評されるまでになった。一方、トキが「普通の鳥」に戻るにつれ、保護と観光・農業振興の両立など新たな課題ものぞいている。10月14、15日に記念式典と放鳥式が行われる。トキと暮らす島の今を追った。

【写真】トキの初放鳥。秋篠宮ご夫妻も出席し、木箱から飛び立たせるハードリリース方式で行われ、トキが約27年ぶりに佐渡の空を舞った。大勢の観客が見守る中、10羽が放たれた=2008年9月25日、佐渡市新穂正明寺

目次
<1> 活用 観察場所公表、観光支援に
<2> 定着 豊かな生物、水田が餌場に
<3> 繁殖 「数」から「質」へ転換



<1> 活用 観察場所公表、観光支援に
 トキ放鳥から10年となった9月下旬の佐渡・新穂地区。国中平野の水田地帯を横切る市道のすぐ脇で、十数羽のトキの群れがしきりに土をつついていた。稲刈り直後の田んぼは絶好の餌場。人里が近く、車や農作業の人が多く行き交うが、気に留める様子はない。

 「こんなに増えるとは思わなかった。今じゃ数えるのが大変」。初放鳥からボランティアでモニタリングを続ける土屋正起さん(68)はスコープを手に10年の歳月を実感する。

 今では「トキロード」と呼ばれ、観光バスの定番コースにもなった。道沿いには「朱鷺の道ゆっくり走ろう」と書かれた看板。周囲では出くわしたトキを刺激しないよう迂回(うかい)する車も見られる。

あぜ道で休息する野生のトキ。多くが人里近くに生息している=2018年8月、佐渡市新穂地区


1000羽視野

 環境省による放鳥は2008年9月に始まり、年2回に増えた11年以降は毎年30羽以上を放してきた。野生下の繁殖は初期こそ苦戦し、抱卵中止なども続いた。それでも、12年に初めて8羽が巣立って以降、野生下生まれの生息数は年々増え、18年には放鳥トキを逆転した=グラフ参照=。

 人に育てられた放鳥トキより、親鳥の行動を身近で体験した野生下生まれの方が繁殖成績や生存率が高い傾向があり、野生下生まれが増えるにつれて全体の増加ペースも上がる好循環が指摘されている。

 当初19%と低かった繁殖成功率は平均で30%近くに改善。新潟大朱鷺・自然再生学研究センターの永田尚志教授(58)の試算では、現在の生存率と繁殖成功率を維持できれば、放鳥をやめても早ければ今後10年ほどで、島内のトキは1000羽まで増えるという。






地域に還元

 野生復帰が順調に進み、共生の在り方も転換期を迎えている。その一つが観察スポットの公表だ。

 環境省は放鳥当初から保護優先のためねぐらや餌場などの詳細は公表せず、市民らの情報発信も自粛を要請。観察時は「車から降りない」といったルールの徹底を呼び掛けてきた。

 だが、環境省は19年夏のオープンを目指し、新穂地区で整備する野生トキの観察施設「トキのテラス(仮称)」など、近年は観光や経済振興への「活用」を掲げ始めた。今月からは佐渡市と協力し、トキを頻繁に見られる場所にバス停を模した看板を設け、「トキのみかた停留所」としてPRを始める。

 背景にあるのは、人口減に伴う水田維持の難しさや観光低迷など島全体で続く縮小だ。屋内観察ができる「トキの森公園」の入場者は、13年度の約21万人から17年度は13万4千人に減少。長岡市の「トキみ〜て」など島外施設のトキ公開が減少傾向に拍車を掛けるという懸念もある。

 案内役を務める「トキガイド」の連絡協議会事務局、三浦正道さん(66)は「これだけトキがいるのにジレンマがあった。活性化につながるし、トキを育む自然の豊かさも説明しやすくなる」と歓迎する。

 環境省佐渡自然保護官事務所の若松徹・首席自然保護官(40)は「人口減が続けば水田などトキの生息環境も保てない。過保護と受け取られかねない部分があったが、地域への還元を考えていかなければいけない」と強調する。

「トキひかり」を収穫する曽我至さん。平場の水田がトキの主な餌場になっている=2018年9月、佐渡市真野地区


<2> 定着 豊かな生物、水田が餌場に
 黄金色の稲穂を刈り取るコンバイン。その脇からは、虫たちが驚いたように飛び出す。9月中旬の佐渡市真野地区。収穫に精を出す「佐渡トキの田んぼを守る会」会長の曽我至さん(59)は「ウナギみたいに大きなドジョウを見たこともある」と笑顔を見せる。

 栽培するのは、トキの餌となる生き物を増やすために農薬、化学肥料を一切使わないコシヒカリ「トキひかり」。雑草は細かな水の管理や発酵したおからの散布などで抑える。通常に比べ「収量は半分で値段は2倍弱」と苦労は多いが、毎年舞い降りるトキを見ると「少しは役に立っているのかなってうれしくなる」。

 2001年に旧新穂村などで取り組み始め、現在の作付面積は10ヘクタール程度だ。

 これを下地に08年、市認証米「朱鷺(とき)と暮らす郷(さと)」の生産がスタートした。冬も水場を残すことなどを条件に農薬、化肥の使用は慣行の5割以下とした普及版。作付面積は08年度の426ヘクタールから12年度は1367ヘクタールに増え、若干減った現在も主食用米全体の約4分の1を占める。

 トキにとって稲が伸びて田に入れない夏は除草剤を使わないあぜ、冬は雪に埋もれにくい水場が貴重な餌場となっている。






想定とずれ

 生き物を育む農法の普及は野生絶滅前、山間部を中心に生息したトキの暮らしを変えた。現在の生息地は認証米の作付けが多い国中平野が中心=地図参照=。餌場が近く天敵が少ない人里の屋敷林などにねぐらや巣を構える傾向もある。環境省佐渡自然保護官事務所の若松徹首席自然保護官(40)は「かつては人間に追われ山奥に逃げ込んだとも考えられる」と説明する。

 元々、環境省が生息地として想定したのは小佐渡山地東部だった。新潟大や市民団体などはこのエリアを中心にビオトープ整備を進めたが、あまり利用されていない。広大な平場に"快適"な生活基盤を得て繁殖が進む中、水田にかかる負担は大きくなっている。



農家の負担

 懸念されるのは田植え直後の「苗踏み」による市民感情の悪化。金井地区の木林吉春さん(71)の田でも近年、10羽以上が群れで餌を探す。撮りためたトキの写真を自宅に飾るほど愛着はあるが、「増えすぎて植え直しが大変」と心境は複雑だ。市に寄せられる報告は年10件弱とはいえ、潜在的な被害が指摘されている。

 市などは13年から、踏まれた田のコメを「朱鷺踏んじゃった米(まい)」として販売したものの、条件を満たす農家が少なく3年で終了した。収量の実害の把握や補償制度の検討につなげようと新潟大は本年度、検証実験を本格化した。

 高齢化などで主食用米作付面積は放鳥開始後の9年間で約15%減っており、水田以外の周辺の生息環境も求められている。県は今月、新穂地区の天王川流域で湿地などの復元に向けたコンクリート護岸の改修に着手。里山周辺を再生し、トキの誘導を試みる市民の動きもある。

 佐渡のトキ保護の第一人者、故佐藤春雄さんの長男辰夫さん(66)は9月、両津地区の大佐渡山脈の麓でビオトープ整備を始めた。教員の仕事や農作業に追われ、関わってこなかったトキ。でも今は「人の手で増やしたからには、すみよい環境を整えるのも責務。それが人間のためにもなる」と強く感じている。

トキの飼育ケージで学生に説明する金子良則さん(左)。ノウハウの継承に力を入れている=2018年9月、佐渡トキ保護センター


<3> 繁殖 「数」から「質」へ転換
遺伝的多様性改善課題に

 「こいこいこーい」。9月上旬、佐渡トキ保護センター(佐渡市)に獣医師金子良則さん(60)の声が響いた。周りのトキを落ち着かせるための合図だ。

 空の飼育ケージに手招きしたのは、初めてインターンシップで受け入れた獣医師志望の学生。けがが相次ぎ天井にネットを張ったこと、ストレスを与えないよう手入れは1時間で切り上げること−。「将来トキに関わる仕事がしたい」と目を輝かせる青年に、工夫や経験を惜しみなく伝えた。

 1991年にセンターに赴任し、99年に国内初の人工繁殖に成功したベテランは放鳥するトキの飼育にも尽力。自然界での生存・繁殖力を高めるため、飼育下でも親鳥に餌やりなどをさせる「自然ふ化・育雛(いくすう)」へ切り替えが進む中、破卵などを予防するノウハウを培ってきた。

 今春、定年を迎え再任用となった。「少しでも蓄積を伝えないといけない。それが死んでいったトキへの罪滅ぼしになる」と思いを強める。3月に約9年ぶりに改定された、全国の飼育施設で用いる「トキ飼育ハンドブック」に、その知見の多くを盛り込んだ。






収容力が鍵

 「全国の空に再び」。金子さんらトキ保護の関係者の夢は道半ばだ。本州への飛来は散発で繁殖には至っていない。環境整備や予算の問題から島外放鳥のめども立っていない。より現実的とみられているのは佐渡のトキが限界まで増え、あふれ出るシナリオだ。

 放鳥当初からトキの生態を研究する新潟大朱鷺・自然再生学研究センターの永田尚志教授(58)は「環境収容力」と繁殖ペースの維持が鍵を握ると指摘。「個体群を安定して維持できる500羽以上の生息を目指すとともに、生息地を確保していかないといけない」と強調する。

 環境面では水田や里山の荒廃が進めば、餌場や営巣地を巡る争いが激しくなる。人口や予算が減少する中で、持続的な取り組みが求められている。



種の持続性

 繁殖の「質」も長期的に改善が必要な状況だ。雌雄のバランスは、飼育下で雄が多く生まれる傾向や生存率の差から、野生下でも雌が10%近く少ない。ペアになれない雄が繁殖を妨害する懸念も出てきている。

 また、病気や環境変化への適応に関わる遺伝的多様性も依然、課題となっている。国内のトキは全て99〜2007年に中国から提供された5羽の子孫=図参照=。飼育下でも人間で言う3親等内の交配を余儀なくされ、野生下では一定数のきょうだいペアが継続的に確認されている。

 永田教授は「有害な遺伝子が潜んでいる場合、近親交配が進むと10〜20世代でふ化や生存の確率が下がる」と危惧する。野生トキの増加に伴い、識別用の足輪を着けられないひなも増え、影響を含め追跡しきれていないのが実情だ。

 12年の沖縄県・尖閣諸島を巡る関係悪化で途絶えていた、中国からのトキ提供は今月、11年ぶりに実現する。それでもなお、国内の遺伝的多様性は中国トキの3分の2にとどまり、今後も提供を受けていく必要があるという。

 自然界で持続的に繁殖できるトキが増えたことなどから、「野生絶滅」となっている環境省レッドリストのランクは年明けに引き下げの条件を満たす見込みだ。「数から質へ」(永田教授)。野生復帰の試みは新たなテーマに挑む。

http://www.niigata-nippo.co.jp/select/topic/084855.html
http://www.niigata-nippo.co.jp/select/newsfile/toki10th-2.html
http://www.niigata-nippo.co.jp/select/newsfile/toki10th-3.html

http://archive.is/5qPZN
http://archive.is/VJ9Pc
http://archive.is/9Bt2z

中国のトキ2羽、17日に佐渡へ 提供は11年ぶり、遺伝的多様性の向上に期待【新潟日報モア2018年10月5日】
トキ放鳥10周年は「ハード」方式採用 10月に佐渡【新潟日報モア2018年9月4日】

タグ:佐渡島 トキ
posted by BNJ at 21:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライチョウ、大人の風格 冬に向け羽も徐々に白く 那須どうぶつ王国【下野新聞SOON2018年10月12日】

ほぼ成鳥の大きさに成長し、羽も白く生え替わり始めたニホンライチョウ(那須どうぶつ王国提供、10日撮影)

 国の特別天然記念物ニホンライチョウの人工繁殖に取り組む那須町大島の那須どうぶつ王国(佐藤哲也(さとうてつや)園長)は11日、7月に受精卵を受け入れてふ化し、生後丸3カ月が経過した雄のニホンライチョウが順調に生育し、ほぼ成鳥の大きさになったと発表した。

 雄のニホンライチョウは7月6日、上野動物園(東京都)から移送した受精卵4個からふ化した1羽。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/85894

http://archive.is/WEk2g

秋冬の多々良沼 多様な鳥、いつまでも【上毛新聞2018年10月12日】

 猛暑と豪雨、台風や北海道の地震で、亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、けがをした方たちのお見舞いを申し上げます。人の心や自然が傷付いた夏も終わると、秋から冬へと季節は変わるが、果たして例年同様に冬鳥たちが来てくれるか心配になる。

 9月下旬になると水位の下がった多々良沼の中州に、シベリアなどの北極圏で繁殖活動した旅鳥でシギ科のアオアシシギ、ツルシギ、オジロトウネン、トウネン、タカブシギなどが越冬地の南半球などへ渡る途中に立ち寄る。長いものでは、1カ月以上も滞在するシギもいる。

 また、この時期は珍しいシギを撮るために大勢のカメラマンが集まり、沼の周囲がにぎわう。旅鳥とは、日本より北の地域で子育てをして、南半球などで越冬する鳥のこと。

 10月! 冬鳥たちの飛来が期待される時季である。カモ科のコガモやオナガガモ、カイツブリ科のカンムリカイツブリが沼の水面に見られるようになる。冬鳥ではないが、上空にはミサゴ科のミサゴが魚を捕まえるために水面にダイビングする光景が見られ、カメラマンたちの絶好の被写体となる。

 中旬になると、冬の使者といわれるハクチョウの飛来もあるだろう。周辺の草地や林などでは留鳥または漂鳥のホオジロ、メジロ、セッカ、モズなどが日ごとに数を増し、目にすることが多くなる。

 これからの季節、日を追うごとに気温が下がってくると、いつも見られるスズメやキジバト、ムクドリなどに交じって、本州では留鳥だが、北海道でも子育てをするヒヨドリ、冬鳥のジョウビタキ、オオジュリン、ツグミ、シメ、ベニマシコや留鳥のカワラヒワなどが沼の周辺で観察できる。

 沼の水面では、シベリア方面から渡ってきた冬鳥のカモやハクチョウなどでにぎわいを見せる。特にカモ科のミコアイサは白と黒の色模様がパンダのように見えるので人気があり、一度見たら印象に残るカモである。例年30〜50羽くらいが越冬する。

 この他、海鳥のセグロカモメはシーズン中観察でき、ユリカモメ、ウミネコは時々数羽飛来する。

 多々良沼では、毎シーズン飛来するマガンが数羽見られる。2017年12月から18年2月には、80羽を超すマガンが東方のねぐらから多々良沼に飛来してきた。

 こうして、多々良沼に飛来する鳥たちを見ていると季節感が分かる。しかし、近年は地球温暖化の影響とみられる変化があるように感じられる。

 これからの季節は、ハクチョウ見物の人たちや珍鳥などを追うカメラマンなどでにぎわいを見せる多々良沼に例年同様、鳥たちの飛来を願いつつ終わりたい。



前・日本野鳥の会群馬館林分会長 太田進 館林市松原

 【略歴】民間企業を退職後、日本野鳥の会群馬館林分会に入会。1996年から2017年5月まで同分会長。多々良沼自然公園を愛する会の世話人。館林市出身。
https://www.jomo-news.co.jp/feature/shiten/85341

http://archive.is/lQszD
posted by BNJ at 21:37 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋のごちそう求め 鶴居の畑にタンチョウ【北海道新聞2018年10月12日】

収穫後のデントコーン畑に集まるタンチョウ=4日、鶴居村雪裡原野
 【鶴居】国の特別天然記念物タンチョウが、釧路管内鶴居村のデントコーン(飼料用トウモロコシ)畑に舞い降りる季節になった。釧路湿原などで夏を過ごした後、餌を求めて人里近くに姿を見せる秋ならではの光景だ。

 4日午後、村内雪裡(せつり)原野の収穫が終わったデントコーン畑。約50羽が時折甲高い声を響かせながら、落ちた実をついばんでいた。

 タンチョウは夏、タニシやザリガニ、昆虫類などを食べる。デントコーンの収穫が始まる9月下旬から畑に現れた。その様子を見物したり、写真に撮ったりする観光客も少なくない。

残り:126文字/全文:374文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/237298/

http://archive.is/oxeJJ
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥フル防疫「見える化」 県、54養鶏場にカメラ【宮崎日日新聞2018年10月12日】

 渡り鳥の飛来シーズンを前に、高病原性鳥インフルエンザの発生リスクを減らそうと県は、ウイルスを農場内に持ち込む可能性がある小型野生動物の侵入実態調査に取り組んでいる。県内の54養鶏場内に赤外線センサーカメラを設置。24時間体制で農場周辺に出没する野生動物の動きを監視し、宮崎大でデータを解析する。侵入リスクを「見える化」することで効率的な防疫対策に結び付けたい考えだ。
http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_34948.html

http://archive.is/od6DS
posted by BNJ at 11:46 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

=探鳥日記= アカアシシギ 寒さの訪れ告げる【佐賀新聞LiVE2018年10月12日】

アカアシシギ

 秋の渡りの時期となり、シギ・チドリ類の多くが南の国へ向かうのですが、中には佐賀で冬を過ごすシギやチドリの仲間もいます。特に数が多いのはハマシギで、佐賀県は日本で最大の越冬地です。干潟の上を大群で舞う様子は冬の風物詩ともなっています。

 ハマシギ以外にも、アオアシシギ、ダイシャクシギ、ダイゼンなどを干潟や海岸で見ることができます。

 イラストはアカアシシギです。大きさはハトくらいで名前の通り赤い足が特徴です。冬に見られる数は少ないのですが、毎年必ず同じ場所で10羽ほど見かけます。アカアシシギたちに会うと、もうすぐ寒くなるなあと思います。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/287789

http://archive.is/gbxCG
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の途中にアカエリヒレアシシギ、米子に飛来【産経ニュース2018年10月12日】

 鳥取県米子市の米子水鳥公園に、山陰地方では珍しい旅鳥アカエリヒレアシシギが飛来した。

 公園職員が10日朝、幼鳥とみられる1羽を確認。小型のシギで、広いl園内の池をしきりに方向を変えながら泳ぎ回り、プランクトン類を食べている。上面は黒色で、目を横切る黒い線がチャーミング。全長18センチ。

 ユーラシア大陸などの北極圏で繁殖、フィリピンなどの沿岸で越冬する。国内には春と秋、太平洋などの沖合などに訪れる。渡り時期には海上にいるが、天候の悪化で内陸の池などに姿を見せることもあるという。間もなく越冬地に旅立つとみられるが、桐原佳介主任指導員は「公園には、かつては100羽以上の群れで現れました。近年は時折、単独で見られる程度です」と話している。
https://www.sankei.com/region/news/181012/rgn1810120015-n1.html

http://archive.is/dmhEX
posted by BNJ at 11:41 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏ボート連盟が豊岡市視察 東京五輪の強化合宿候補地に【神戸新聞NEXT2018年10月12日】(コウノトリ)

円山川や周辺の自然環境などを視察する、フランスボート連盟のパスカル・ブトン強化副委員長(中央)クリスティン・ゴセコーチ(右)ら=豊岡市城崎町楽々浦
 2020年の東京五輪に向けた強化合宿の候補地を選ぶため、フランスボート連盟の強化副委員長らが、兵庫県豊岡市を視察している。11日には、漕艇場がある同市城崎町の円山川や、コウノトリなどを育む市内の自然などを見て回った。

 視察に訪れたのは、同連盟強化副委員長のパスカル・ブトンさんと、女子チームのヘッドコーチを務めるクリスティン・ゴセさんの2人。9日夜から同市に滞在し、10日は「城崎ボートセンター」(同市城崎町楽々浦)のトレーニング設備などを確認した。

 2人はこの日、円山川のほとりまで足を運び、川の流れや周囲の環境を確認した。ゴセさんは「川が長く、幅も広い。静かな場所でいい環境だ」と評価。ブトンさんは「豊岡市とどんな協力関係を築けるかなども含め、検討したい」と話した。

 今年9月には、ドイツのボート代表チームが、豊岡市を五輪直前の事前合宿候補地に決定。同市によると、フランスは事前合宿は自国でする予定だが、大会前年の2019年には日本で合宿を行う方針だといい、同市スポーツ振興課は「合宿の実現を目指し、今後もフランスにアピールし続けたい」としている。(秋山亮太)
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201810/0011722981.shtml

http://archive.is/UAnst
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:38 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ飛来地のコメ、全国に 珠洲・粟津協議会、ネット発売 環境保全に売り上げ活用【北國新聞2018年10月12日】

インターネットで地域の魅力を発信する農家と市職員=珠洲市三崎町粟津
トキ飛来地のコメ、全国に 珠洲・粟津協議会、ネット発売 環境保全に売り上げ活用 2018/10/12 02:01
 珠洲市三崎町粟津の地域振興団体「粟津村おこし推進協議会」は、地元で栽培されたコメを12日から「奥能登粟津のお米」のブランドで販売する。新潟・佐渡島で放鳥されたトキが何度も飛来する同所の自然の豊かさをアピールする。売り上げの一部は、水生生物の生息環境保全に充てられ、世界農業遺産に指定された能登半島の東端に近い地で、トキが定着できる環境を整える。

 協議会が売り出すのは、新米のコシヒカリ、のとひかり、ひとめぼれで、鮮度を保つため発送直前に精米する。農家の発案で、購入者が1合ずつ調理しても余らないように1升(約1・5キロ)と2升(約3キロ)の袋詰めにした。価格は送料別で1升1300円、2升2600円で、協議会のウェブページなどで予約を受け付け、12日に発送を始める。

 協議会は荒れた竹林を伐採して竹炭を作り、販売するなど、地域の環境保全活動を展開してきた。4月からは、農家が撮影した田植えや祭りなどの風景を、市職員や市内のデザイン会社などの協力を得て、インターネットのブログ「粟津発 奥能登GIAHS(世界農業遺産)的ライフスタイルジャーナル」で発信している。

 粟津には2010年以降、佐渡で放鳥されたトキがたびたび飛来している。粟津に長期間とどまったトキが、ドジョウなどを餌としていたことから、コメの売り上げの一部は、ドジョウが排水路から水田に入りやすくなるように、魚道整備などに充て、野鳥の餌場を守る予定である。協議会副会長の白潟(しらかた)隆義さん(65)は「インターネットを使って、コメとともにトキが来る地域の自然を広く発信したい」と意気込んだ。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20181012105.htm

http://archive.is/wiq8a
タグ:トキ
posted by BNJ at 11:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

獲物を狙うサギの姿、見せます 飯田市立動物園にグッドアイディア賞【信濃毎日新聞2018年10月12日】

水流によって上がってきた冷凍アジを水槽の上から狙うチュウサギ=飯田市
 飼育動物の生活環境を豊かにする動物園などの取り組みを表彰する今年の「エンリッチメント大賞」(特定NPO法人市民ZOOネットワーク主催)で、飯田市立動物園が「グッドアイディア賞」に選ばれた。サギの一種チュウサギが自然により近い状況で魚を捕食できるように―と同園が考案した特殊な水槽が、「待ち伏せなどチュウサギ特有の採食行動を最大限に引き出す」と高く評価された。

 同ネットワークによると、エンリッチメント大賞は2002年から毎年行っており、県内からの受賞は今回が初。今年は22件の取り組みについて計32通の応募があり、グッドアイディア賞のほかに大賞と奨励賞が各1件選ばれた。

 水槽は幅120センチ、深さと奥行き各60センチ。内部に設置したポンプで水流を起こすと、餌の冷凍アジが泳いでいるかのように水面近くに上がってくる仕組み。タイマーで水流の発生を不定期にする機能もあり、簡単には餌が確保できないような工夫も凝らした。園内の鳥類飼育場「バードホール」に設置している。

 考案した飼育員の前裕治(まえゆうじ)さん(37)=飯田市=は、和歌山大在学中、干潟でサギ類が餌を捕る様子を観察し、論文にまとめた経験がある。水槽を考えたのは「動物園を訪れた人に、サギ本来の姿を見せたかったから」と説明。野生に近い環境づくりは、動物の生活環境の向上に加え、来園者が動物の行動を理解する助けになる―と強調している。
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20181012/KT181011GWI090033000.php

登呂遺跡にコウノトリ 写真愛好家や住民ら見守る【静岡新聞アットエス2018年10月12日】

登呂遺跡に姿を見せたコウノトリ。雄の「りゅう」とみられる=静岡市駿河区
 静岡市駿河区の登呂遺跡で11日、国の天然記念物のコウノトリ1羽が姿を見せた。3日に同区の安倍川で確認された3羽のうち、装着された足環から福井県から飛来した雄の「りゅう」とみられる。
 りゅうは2018年5月に生まれ、9月に放鳥されたばかり。水田をゆっくりと動き回り、くちばしで小魚を捕らえて飲み込んでいた。犬の散歩で訪れた地元住民によると、10日と11日の朝も登呂遺跡にいたという。
 登呂遺跡では2017年4月にも雄の「ひかる」が目撃されている。日本野鳥の会静岡支部の伴野正志副支部長は「水田などの水場を好むコウノトリにとって、登呂遺跡は空から格好の餌場に見えるのではないか」と分析する。
 11日は写真愛好家や地元住民らが集まり、珍しそうに眺めていた。伴野副支部長は「敏感な鳥なので、あまり近づかずに見守ってほしい」と呼び掛けている。
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/552252.html

http://archive.li/SFiHO
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 11:31 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然と共生、学ぶ機会に 親子で、街中で、野鳥観察【中日新聞2018年10月12日】

 木々の葉が落ちる秋は、野鳥の観察にも適した季節。しかし、郊外の山まで出掛けなくても、自宅近くなどの街中で、シジュウカラやメジロなどに出合えることも。親子でさまざまな身近な鳥を観察してみよう。

 案内してもらったのは、初心者に野鳥観察の楽しさを伝えている日本野鳥の会普及教育グループの堀本理華さん(30)。「近所での観察なら服装も普段通りで大丈夫。双眼鏡や身近な鳥が載っている図鑑があると、すぐに調べられていいですね」と話す。

 向かったのは、東京都品川区の目黒川沿い。周辺には、高層マンションやオフィスビルが立ち並ぶ。しかも、この日は雨が降ったりやんだりで、「鳥は羽がぬれるのを嫌がるので、雨の日はあまり見られないんですが…」と堀本さんは言う。本当に都心の真ん中で鳥を観察できるのか不安になるが、しばらく歩くと「鳴き声が聞こえますね」と堀本さん。耳を澄ますと、「ピーピピピ」とリズミカルな声が聞こえる。「ヒヨドリです」。声のする方を見ると、飛び立っていく姿が見えた。

メジロ(日本野鳥の会提供)

 街中で鳥を観察しやすいのは、川沿いのほか公園や神社の境内。小さな公園の木に、シジュウカラが止まっているのも見ることができた。

 耳に感覚を集中していると、日頃は全く感じなかった鳥の鳴き声が聞こえてくるから不思議だ。「季節を問わず、街中でも十種類ぐらいは見られるんです」と堀本さんは言う。ハトやスズメ、カラスを見ても野鳥観察という気がしないかもしれないが、街中で見かけるハトには二種類ある。翼に茶色いうろこ模様があればキジバト、胸などに緑や紫の模様があればカワラバト。羽や胸の色や模様でどちらか見分けていくと、なじみ深いハトも楽しく観察できる。このほかメジロやコゲラ、水辺ならカワセミにも街中で出合えることがある。

シジュウカラ(日本野鳥の会提供)

 堀本さんによると、野鳥観察を楽しめるようになるのはだいたい小学三、四年生ごろからだが、鳥に興味がある子ならもっと小さくても大丈夫。子どもは自分で触れられるものに関心を持ちやすいので、落ちている羽根を拾って観察し、「どんな鳥がいるのかな」と探すのもきっかけになる。散歩中に「あの鳥はいつも見かけるのと違う種類だね」「鳴き声が変わっているね」などと声掛けするのも良い。

 これからの時季、初心者向けの探鳥会も各地で開かれる。こうした会に親子で参加するのもお勧めだという。

 身近に生きる鳥を観察することは、子どもが自然環境に関心を持つ入り口にもなる。「日常生活では、人の目線で物事を考えがち。例えば護岸をすべてコンクリートにしてしまうと巣を作れなくなる鳥がいることなど生態について知ると、視野が広がる」と堀本さん。「大人も子どもも嫌なことがあったり、人間関係で悩んだりした時、心に余裕が生まれますよ」

ヒヨドリ(日本野鳥の会提供)

     ◇ 

 日本野鳥の会は、身近に観察できる野鳥二十四種類を紹介する「おさんぽ鳥図鑑」(A6判二十二ページ)を無料で配布している。大きさや特徴、生態などを掲載。申し込みは同会のホームページから。「日本野鳥の会 おさんぽ鳥図鑑」で検索。

 (寺本康弘)
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018101202000007.html

https://megalodon.jp/2018-1012-1127-50/www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2018101202000007.html
posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする