2018年10月13日

野生鳥獣の農作物被害が4%減少【NHKニュース2018年10月13日】

イノシシやカラスなど野生の動物や鳥による県内の農作物への被害額は、昨年度およそ4億7700万円で、前の年度より4%減少しました。

熊本県によりますと、野生の動物や鳥による県内の農作物への被害額は、昨年度、およそ4億7732万円で前の年度より4.4%、2200万円あまり減少しました。

最も多かったのはイノシシによる被害で、2億4774万円と全体の51.9%を占めています。

次いでカラスが6412万円、シカが6375万円、カモが3529万円、アナグマなどが1794万円、ヒヨドリが1293万円などとなっています。

県内11の地域ごとで被害額が最も多かったのは八代地域で8549万円、次いで宇城地域が7268万円、熊本地域が7246万円、阿蘇地域が7243万円でした。

県のむらづくり課は、「餌付けをしない取り組みが定着してきたことで、イノシシやシカへの対策の効果が出たが、一方でカモやアナグマによる被害は3倍以上も増えた。餌付けにつながってしまう野菜や果物の農園や畑への放置をやめるなど、動物や鳥が近づいてこないように取り組むことが大切だ」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/20181012/5000003682.html

http://archive.is/vfA0y

posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南へ、越冬ヒヨドリ“竜の渡り”関門海峡 秋の風物詩【山口新聞2018年10月13日】

関門海峡を渡るヒヨドリの群れ=12日午前8時半ごろ、下関市彦島塩浜町(対岸は北九州市)
関門海峡で秋の風物詩として知られるヒヨドリの渡りがピークを迎えている。下関市彦島地区の山々から九州に向けて越冬のため次々と飛び立っている。

12日朝、数百羽の群れが次々と海に向かった。上空を群れをなして進み、天敵のハヤブサを警戒しながら急降下して海面すれすれを低空飛行。密集になった鳥たちが帯状や楕円(だえん)になって海峡上空を飛ぶ姿は”竜の渡り“とも呼ばれる。

日本野鳥の会山口県支部会員の梶畑哲二さん(80)は「渡り鳥の群れをこれほど集中的に見られる場所は国内でも珍しい」と指摘。梶畑さんによると、ヒヨドリは九州一帯で冬を過ごし、春に本州に北上。渡りは今月いっぱい観察できるという。
https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2018/1013/6p.html
タグ:ヒヨドリ
posted by BNJ at 21:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰が落とし“タカ” 高松市郊外で発見、保護【四国新聞2018年10月13日】

 落とし物は“空の王者”―。高松東署は、高松市郊外で見つかり、同署に拾得物として届けられたタカの「落とし主」を探している…

拾得物として届けられたタカ=三木町平木、高松東署
https://www.shikoku-np.co.jp/bl/digital_news/article.aspx?id=K2018101300000015400

http://archive.is/VM6CY
posted by BNJ at 21:17 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェック はばたけ、幻のハト 小笠原諸島の絶滅危惧種 天敵ノネコ捕獲、1000羽まで復活【毎日新聞2018年10月13日】

日が沈む15分ほど前、南崎への遊歩道の入り口で木の枝に飛び乗ったアカガシラカラスバト=東京都小笠原村母島で
 世界自然遺産・小笠原諸島(東京都小笠原村)で、絶滅危惧種であるアカガシラカラスバトの目撃情報が増えている。一時は数十羽まで減ったとされた“幻の鳥”が、最近は人里にも出現。国・村の保護事業や、島民らによる自主ルールが奏功した形だが、まだ「一進一退」(環境省)の状態だ。完全復活なるか。【荒木涼子】

 ガサッ、ガサッ−−。南の島らしい強い日が差す9月22日昼下がり、小笠原諸島・母島の南端、南崎への遊歩道で、自分の足音とは別の、落ち葉がすれる音が聞こえた。目線を上げるとハトが1羽、2メートルほど先を歩いていた。ハトは数秒、足を止めてこちらを眺めたが、すぐに地面にある木の実に視線を落とした。

 このハトは国の天然記念物で小笠原諸島だけに生息する絶滅危惧種のアカガシラカラスバト。成鳥の体長は約…
https://mainichi.jp/articles/20181013/dde/001/040/043000c

http://archive.li/9W9UH
posted by BNJ at 21:15 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガオー【産経フォト2018年10月13日】

 ロシア・サンクトペテルブルクの街中に架かる「ライオン橋」が補修を終え、再開された。ほえないと分かっているのか、鳥も安心して羽を休めている。(タス=共同)
http://www.sankei.com/photo/daily/news/181013/dly1810130001-n1.html

http://archive.is/qGwsD
タグ:ロシア
posted by BNJ at 11:56 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(今さら聞けない+)希少種の野生復帰 鳥類に続き、哺乳類でも準備中【朝日新聞デジタル2018年10月13日】

希少種の野生復帰<グラフィック・小林省太>

 絶滅の恐れがある動植物を守るため国が作った希少種の保護増殖事業計画では、飼育下で繁殖させた個体を野生に戻す「野生復帰」の取り組みが盛り込まれた動物もいます。対馬にのみ生息するツシマヤマネコでは将来、各地の動物園で生まれた個体を訓練し、野生に戻す青写真が描かれています。

 長崎県対馬市の南部に、2013年4月に開所した「ツシマヤマネコ野生順化ステーション」。ヤマネコを自然に近い環境に慣れさせる施設です。約7万平方メートルの敷地内の柵で囲まれた六つの屋外訓練エリアは草地や池など元の地形を生かして作られ、交通事故を避ける訓練を想定して道路を設けたエリアもあります。

 ヤマネコが野生で生きるには、最適なすみかの確保やネズミや昆虫など餌の捕獲といった能力が必要です。ステーションでは、まずイエネコ2匹を使って、けがをしないように施設の安全面を点検したうえで、訓練方法を探っています。昨年6月には初めて実際のヤマネコも導入。島内で保護された高齢のメスで野生に戻す予定はないものの、安全に訓練できるかを調べるのに一役買っています。

     □     □

 ツシマヤマネコは、開発などによる生息環境の悪化や交通事故などで生息数が減少し、現在は推定70〜100匹。環境庁(当時)は1994年、「種の保存法」に基づき、国内希少野生動植物種に指定しました。翌年に保護増殖の計画を作り、島内で捕獲したヤマネコを島外で分散飼育して繁殖させ、野生に戻すことで個体数を回復させる方針を盛り込みました。

 病気や災害による全滅のリスクを避ける狙いもある分散飼育は、各地の動物園に協力を依頼。96年に福岡市動物園が初めて引き受け、2000年には飼育下での繁殖に初めて成功しました。現在は島外の8園で34匹が飼育され、飼育下で生まれた個体同士での繁殖事例も。一部の園ではヤマネコを公開し、希少種保護への理解を深めてもらっています。

 ただ哺乳類の野生復帰は国内初の試みで、まだ時間がかかりそうです。対馬自然保護官事務所の山本以智人・上席自然保護官は「すべてが初めてで手探りの状態。期待が大きい分、慎重に進めていきたい」と話します。

 野生復帰は鳥類などで先例があります。沖縄本島北部のみに生息するヤンバルクイナでは個体数の激減に備え、飼育下で繁殖させた個体を季節や訓練期間など条件を変え、実験的に野に放っています。生息域外の沖縄本島南部にある沖縄こどもの国での分散飼育も始める方針です。国内でいったん絶滅したトキも、中国から供与された個体を飼育下で繁殖し、訓練を経て毎年放鳥しています。初放鳥から今年で10年。野生下に生息するトキは新潟県・佐渡島を中心に350羽超まで増え、半数以上が野生下で生まれた個体です。

     □     □

 希少種の繁殖を後押ししようと、飼育などに取り組む動植物園を国が認定する「希少種保全動植物園」制度も始まり、9月に富山市ファミリーパーク、世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふの2施設が初めて認定されました。

 分散飼育や繁殖には全国の動物園の協力が必要ですが、希少種の移動は法律の規制があります。繁殖などで希少種を施設間で移動させる際には、受け入れ先と移動元で国に申請が必要で手間や時間がかかりましたが、認定されると申請は不要になります。

 また認定施設が増えて希少種の貸し借りが活発になれば、近くの動植物園で貴重な希少種を見られる機会が増えるかもしれません。ツシマヤマネコなど希少種13種を飼育する富山市ファミリーパークの石原祐司園長は「今後色々な動物園と連携し、希少種の保全を進めたい」と話します。

 ■記者のひとこと

 15年前に対馬でヤマネコの初めての一般公開を取材しました。それから訓練施設ができるなど、野生復帰への取り組みは少しずつ進んでいます。当時から「いつ実現するの」という声はありましたが、早急な成果を求めず、気長に見守っていくことが大事だと感じています。(川村剛志)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13718366.html

http://archive.is/xxWFv
posted by BNJ at 11:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツシマヤマネコ米 全国で販売始まる【読売新聞2018年10月13日】

収穫されている「佐護ツシマヤマネコ米」

 対馬市上県町佐護地区の農家らでつくる研究会が育てた「佐護ツシマヤマネコ米」の刈り入れが続いている。今月から全国での米の販売も始まり、売り上げの一部は地元のNPO法人「ツシマヤマネコを守る会」に寄付する。

 島の北西部に位置する同地区は米作りが盛んで、ヤマネコの生息密度も高い。2009年7月に結成された「佐護ヤマネコ稲作研究会」は、農薬の使用量を半分以下にしてヤマネコの餌となる小動物や昆虫を増やすなどした「認定田」で米を作っている。

 今年も会員の農家8戸が約30ヘクタールで栽培し、春日亀かすがめ隆義会長(61)は「おいしい米ができた」と喜ぶ。同研究会事務局の吉野元はじめさん(37)は「末永く米作りを続け、ヤマネコや渡り鳥などの生き物が集まる自然豊かな環境を保っていきたい」と話している。

 米の購入に関する問い合わせは同研究会事務局(0920・84・5533)へ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20181012-OYTNT50194.html

http://archive.is/vLlIt
posted by BNJ at 11:52 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南極観測隊の岡本さんが講演 曳馬小学校で【中日新聞2018年10月13日】(ペンギン/ユキドリ)

南極の氷を手に興味津々の児童=浜松市中区の曳馬小で

 南極地域観測隊員の話を聞く「南極クラス」が十二日、浜松市中区の曳馬小学校であった。「越冬隊」の一員として約一年半滞在した岡本裕司さん(37)が六年生約百四十人を前に講演し、現地で感じた自然の美しさや仲間の大切さを伝えた。

 岡本さんは大工としてミサワホームに勤務する。二〇一六年十一月〜今年三月、日本の昭和基地で「基本観測棟」の建設を担った。

 講演では滞在中に撮った写真や動画を紹介した。ペンギンやアザラシ、真っ白なユキドリといった生物から氷山や満天の星、オーロラなどの自然まで。児童は「うわ、きれい」「すごい」と歓声を上げた。

南極で撮影した星空の写真を見せる岡本裕司さん=浜松市中区の曳馬小で

 体験コーナーで児童は、厚手の上着や帽子を身に着けた。南極から持ち帰った氷のかけらを触った際には、岡本さんから「二万年前の空気が詰まっている」と説明され、興味深げに氷の匂いをかいだ。

 一方、氷が割れて海に落ちかけたり、猛吹雪で息ができなくなったりした恐怖を語った岡本さん。大工は自分だけで孤独も感じたが、隊員の内科医や料理人たちに仕事を手伝ってもらい、悩みを打ち明けて「家族のような友たちと巡り合えた」と振り返った。児童たちには「手を挙げないでチャンスを逃していないか」と問い掛け「失敗を恐れず挑戦しよう」と語った。

 南極について、テレビで見れば満足だったという今原総一郎さん(12)は「行きたくなった。これからもっといろんな挑戦をしたい」と意気込んだ。

(鈴木凜平)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20181013/CK2018101302000040.html

https://megalodon.jp/2018-1013-1148-02/www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20181013/CK2018101302000040.html
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひなと触れ合い 福島・街なか広場で「たまごフェスタ」【福島民友新聞2018年10月13日】

会津地鶏のひなと触れ合う来場者ら
 県産卵などを味わうイベント「ふくしまたまごフェスタ2018」は6日、福島市の街なか広場で開かれ、会場は新鮮な卵を買い求める人らでにぎわった。県養鶏協会の主催。

 県の販売力強化支援事業の一環として開かれた。8種類の県産卵約2000パックを販売した。約200羽の会津地鶏のひなと触れ合うコーナーや、プリンの早食い、ゆで卵の早むき競争などのイベントも催された。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181013-315634.php

http://archive.is/bcQyX
タグ:会津地鶏
posted by BNJ at 11:47 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

婚姻届にタンチョウや幣舞橋 釧路市、記念用デザイン決定【北海道新聞2018年10月13日】

オリジナル記念用婚姻届の最優秀賞に選ばれたデザイン(釧路市提供)
 【釧路】釧路市は公募していた「オリジナル記念用婚姻届」のデザインについて、応募作品の中から3点を選んだ。11月1日から配布を始める。

 記念用婚姻届は市に提出する正式な婚姻届とは別で、誰でも無料でもらうことができる。写真を貼ったり、メッセージを書いたりする欄もあり、夫妻が記念に手元に残しておくことを想定している。

 市は6月から8月までデザインを公募し、道内外から計9点の応募があった。審査会での選考を経て最優秀賞1点、優秀賞2点が決まり、この3点が採用されることになった。

 最優秀賞は釧路市の古村洋美さんの作品で、夕日に映える幣舞橋の上を2羽のタンチョウが舞っている。優秀賞は釧路市の岩岡桐子さんと札幌市の久保田詩織さんの作品が選ばれた。

残り:192文字/全文:512文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/237640

http://archive.is/NXzfl
タグ:タンチョウ
posted by BNJ at 11:45 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする