2018年11月16日

長良川鵜飼、観覧船安定運航へ対策【読売新聞2018年11月16日】

運営協議会で方針 乗り場整備など
 岐阜市の長良川鵜飼うかいの運営方針などについて話し合う「長良川鵜飼運営協議会」が15日、同市内で開かれた。今シーズンは豪雨や台風の影響で鵜飼観覧船の運航中止が相次いでおり、市鵜飼観覧船事務所からは、観覧船乗り場を整備する方針や、国に河川整備を要望したことなどが説明された。


 今シーズンの観覧船の運航中止日数は過去最多の42日間に上り、乗船客数は統計が残る1965年以降で最少の7万6330人にとどまった。悪天候のほか、雨による増水で観覧船乗り場付近の川底に土砂が積もって流れが速くなり、安全性を考慮して運航を見合わせたことも影響した。

 協議会では、長良川温泉のホテル・旅館関係者から災害対策を求める声が上がり、同事務所の林素生所長は、専門家の助言を受けながら観覧船乗り場の安全性や安定性を高める方針などを説明。今月5日には、国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所に対し、観覧船の航路確保や河原の浸食を防ぐ対策を取るよう要望書を出したという。林所長は「来季は中止が少なくなるように環境整備を進めていきたい」と話した。

 また、今年初めて河原から無料で鵜飼いを観覧してもらう方法を取ったことを踏まえ、観覧船の運航中止日の観覧方法についても検討するとした。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20181116-OYTNT50023.html

posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊良部にサシバ2万羽/宮古島 10年で3番目の多さ【沖縄タイムスプラス2018年11月16日】

 【宮古島】県と宮古野鳥の会(仲地邦博会長)はこのほど、サシバの飛来数調査を発表した。10月8日から21日までの14日間、伊良部島の市役所伊良部庁舎屋上で観測した結果、2018年の飛来数は2万244羽で、直近10年間の調査で3番目に多かった。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/345830

http://archive.is/I0VZ6
タグ:サシバ
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワセミ 色鮮やか「渓流の宝石」 諫早 /長崎【毎日新聞2018年11月16日】

 「渓流の宝石」と呼ばれるカワセミが諫早市の市街地を流れる本明川に生息している。今月上旬の朝、鮮やかな青緑色をした2羽が川中の石の上にとまっていた=写真。やがて…
https://mainichi.jp/articles/20181116/ddl/k42/040/312000c

http://archive.is/hA0DI
タグ:カワセミ
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【平成の長崎】長崎ペンギン水族館オープン【長崎新聞2018年11月14日】

 長崎市宿町に長崎ペンギン水族館が2001年4月22日開館し、家族連れなど市民がペンギンなどの海洋動物と、水と緑のふれあいのテーマパークの誕生に沸いた。約40億円を投じて建設した。
(平成13年4月23日付長崎新聞より)
◇   ◇    ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

7種類、119羽のペンギンを飼育する長崎ペンギン水族館が市民の期待に応えオープン=長崎市宿町、長崎ペンギン水族館
https://this.kiji.is/431708988213920865?c=39546741839462401

http://archive.is/N5LfW

山口・阿知須に白鳥が飛来 優雅な姿、きらら浜自然観察公園で10年ぶり【山口宇部経済新聞2018年11月16日】

きらら浜自然観察公園に飛来した白鳥

 山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須、TEL 0836-66-2030)に現在、白鳥が飛来しており、優雅な姿を見せている。

2羽が向かい合うとシルエットがハートに見える

 飛来したのは、主に北海道や北日本に渡ってくるオオハクチョウ。11月8日に1羽が園内「淡水池」で観察されると、翌日にもう1羽が飛来。県内にはハクチョウの越冬地はないために見られることは珍しく、同園に飛来したのは2008年以来10年ぶりになるという。

 突然の出現から1週間がたった現在は、「この池にも慣れてきた様子」(同園スタッフの渡邉徹さん)で、2羽がそろって池の端で水草を食べている様子や水浴びをする姿などを見ることができる。

 「11月7日に、市内秋穂の池で3羽のオオハクチョウの目撃情報があることから、そのうちの2羽が当園に来たと思われる。隣県では、島根・宍道湖が越冬地。途中で迷い込んだのかもしれない」と渡邉さん。

 連日、話を聞き付けた地元民やアマチュアカメラマンなどが、美しい姿を一目見ようと来館し、1日あたりの来館者数は数倍になったという。

 「毎日観察しているが、最初に見たときは、沸いたように現れてそれは驚いた」と渡邉さん。「池が見渡せる館内からもはっきりと観察できる。県内でもこのような条件で見られることはないと思う。既に当館のアイドル。1日でも長くいてくれることを願うばかり」とほほ笑む。

 開館時間は9時〜17時。月曜休館。
https://yamaguchi.keizai.biz/headline/3199/

http://archive.is/9RaGS
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする