2018年11月29日

追跡 雲南・西小、コウノトリ生態を劇・歌で発表 学習成果、地域に還元 3年連続ひな誕生期待 /島根【毎日新聞2018年11月29日】

コウノトリの姿で生態を紹介する3年生=島根県雲南市の西小学校で、山田英之撮影
 雲南市大東町の市立西小学校の児童たちが、国の特別天然記念物・コウノトリから学んだ成果を保護者や地元の人たちに伝えることで地域に還元している。先頭に立ってコウノトリを見守り、巣作りを応援する児童の熱意が大人の心にも響き、来春の3年連続ひな誕生への期待が高まっている。【山田英之】

 「親鳥は雨が降ると翼を広げて、ひながぬれないように守り、夏の強い日差しからも守ります」。西小体育館で今月17日に開かれた学習発表会。3年生はコウノトリの姿になり、巣作りやひなの誕生、巣立ち、餌の取り方を劇と歌で表現した。他の鳥と間違えないように体の特徴をクイズ形式で出題。求愛や威嚇のためにくちばしを打ち鳴らすクラッタリングを実演するなど、専門的な内容を含…
https://mainichi.jp/articles/20181129/ddl/k32/040/395000c

http://archive.is/kgsbL

タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ活写 兵庫・豊岡で愛好家ら写真展【産経ニュース2018年11月29日】

「求愛」(田中照晃さん撮影)
 写真愛好家でつくる「但馬ネイチャーフォトクラブ」によるコウノトリの写真展が、兵庫県豊岡市祥雲寺の市立コウノトリ文化館(県立コウノトリの郷公園内)で開かれている。四季折々の自然の中で生きる情景をとらえた作品がそろい、コウノトリが見せた瞬間の“美”を伝えている。

 同クラブ会員が長期間、コウノトリを追い続け、撮影に成功した自信作計13点を展示。仲むつまじいつがいや巣塔での子育ての様子、満開の桜の前に立つ姿、夕日を背景に浮かびあがる2羽のシルエット−など、一瞬を切り取った秀作が同館を訪れる人たちを魅了している。
https://www.sankei.com/west/news/181129/wst1811290012-n1.html

四季折々のコウノトリ活写 愛好家が写真展 豊岡【神戸新聞NEXT2018年11月18日】
四季折々のコウノトリの姿を楽しむ見学者たち=市立コウノトリ文化館
 但馬地域の写真愛好家たちでつくる「但馬ネイチャーフォトクラブ」による、コウノトリを扱った写真展が、兵庫県豊岡市祥雲寺の市立コウノトリ文化館で開かれている。四季折々のコウノトリの姿を切り取った力作13点を披露している。12月14日まで。

 同クラブは1985年に発足し、会員は19人。毎月の例会や撮影会、写真展などを通じ、地元の自然をテーマに腕を磨いている。

 同館での展示は昨年に続き2回目。会員からコウノトリを題材にした作品を募り、13人がここ数年で撮影した自信作を持ち寄った。人工巣塔での子育てや仲むつまじいペアの様子を、桜や夕日などの情景とともに、季節感たっぷりに写している。

 同会の田中照晃会長(79)は、「求愛や子育てなど、特定の季節しか見られない風景や、珍しい生態を捉えている。自然の中でのいろんな姿を知ってもらいたい」とPRする。

 午前9時〜午後5時(最終日は午後3時まで)。無料。同館TEL0796・23・7750

(阿部江利)
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201811/0011829375.shtml

http://archive.is/G4wDo
http://archive.is/rd0u1
posted by BNJ at 20:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹狩り、見よ!迫力の一瞬 天童・松原さんが実演会【山形新聞2018年11月29日】

鷹狩りを実演する松原英俊さん=天童市田麦野
 大型猛禽(もうきん)類で実猟する鷹匠(たかじょう)松原英俊さん(68)=天童市田麦野=による狩りの実演会が26日、同市の高原の里交流施設・ぽんぽこ(工藤仁館長)で開かれた。

 松原さんは両翼2メートルに及ぶイヌワシとソウゲンワシのハイブリッド種「ヒース号」による勇壮な狩りを実演。見学者は鷹匠の腕から放たれたワシが地面すれすれに滑空、瞬時に獲物を捕らえるさまを目の当たりにし、自然界における弱肉強食の厳しさを垣間見た。

 講演もあり、松原さんは動物たちとのエピソードをユーモアたっぷりに話した。田麦野地域づくり委員会が主催し、41人が参加した。
http://yamagata-np.jp/news/201811/29/kj_2018112900583.php

http://archive.is/LQCOS
posted by BNJ at 20:55 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国のコウノトリ飛来 長崎・五島 絶滅後、国内で初【西日本新聞2018年11月29日】

韓国から飛来したコウノトリ=28日正午ごろ、長崎県五島市

 長崎県五島市岐宿町の田んぼに国の特別天然記念物、コウノトリ1羽が飛来している。コウノトリの保護増殖に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」は、脚の標識から韓国から飛来した2013年生まれの雄と確認。韓国で生まれたコウノトリの生息が日本で確認されたのは、国内で野生種が絶滅した1971年以降初めてという。

 コウノトリは日本と大陸を行き来する渡り鳥で、2015年11月、鹿児島県で韓国のコウノトリの死骸が見つかったことがある。同公園の特別協力員を務める五島市の上田浩一さん(49)は「韓国との友好の懸け橋に期待できる。みんなで温かく見守りたいですね」と話した。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/469153/

韓国からコウノトリ、初撮影 長崎・五島、雄1羽【共同通信2018年11月22日】
長崎県五島市で撮影された、韓国から飛来した雄のコウノトリ=19日(吉田竜成さん撮影)
 兵庫県立コウノトリの郷公園は22日、長崎県五島市で19日午後、韓国から飛来した雄のコウノトリ1羽が農耕地を歩いているのを地元の男性が撮影したと発表した。同公園によると、韓国で生まれた生きたコウノトリが日本で確認されたのは、国内で野生種が絶滅した1971年以降初めて。

 撮影したのは五島市の吉田竜成さん。韓国でも同時期に絶滅したコウノトリの繁殖活動をしており、今回は個体を識別する足輪で判明した。

 元々は日本と大陸を行き来する渡り鳥で、2015年11月、鹿児島県の沖永良部空港の滑走路で韓国のコウノトリの死骸が見つかったことがある。
https://this.kiji.is/438295300661970017?c=39546741839462401

http://archive.is/iIg3I
http://archive.is/CdbOo
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井)コウノトリ保護の発表 小浜・国富小が環境大臣賞【朝日新聞デジタル2018年11月29日】

受賞の報告会を終え、記念撮影する6年生の児童ら=2018年11月28日、福井県小浜市次吉の市立国富小学校

 福井県小浜市立国富小学校が取り組んできたコウノトリ保護の一連の活動が、第53回全国野生生物保護実績発表大会(環境省など主催)で、最高賞となる「環境大臣賞」を受賞した。28日に学校の体育館で、受賞の報告会が開かれた。

 大会は野生生物の調査、保護活動で得た経験を発表し、野生生物の保護への関心を深めてもらうため、1966年から毎年開かれている。今年の大会は26日に東京で開かれ、国富小は6年生13人が「コウノトリが舞うふるさと国富をめざして」と題して、スライドを使って発表した。

 国富地区は、野生のコウノトリの国内最後の繁殖地として知られる。64年に最後のコウノトリが生まれたのをきっかけに地域ぐるみの保護活動が動きだした。2011年には「コウノトリの郷づくり推進会」(コウの会)が発足した。

 国富小では13年4月、3年ぶ…
https://www.asahi.com/articles/ASLCX52ZNLCXPGJB00B.html

http://archive.is/lo3dO
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする