2018年11月04日

優雅な珍客 マナヅル 27年ぶり高知市に【高知新聞2018年11月4日】

高知市内の田んぼに飛来したマナヅル

 絶滅危惧種に指定されているマナヅルが3日、高知市内の田んぼに飛来し、優雅な姿を見せた。日本野鳥の会高知県支部によると同市内で確認されるのは1991年以来。

 マナヅルは体長110〜130センチで、目の周りが赤いのが特徴。世界の生息数は5千〜6千羽と推定され、環境省の絶滅危惧U類に指定されている。シベリア東南部などで繁殖し、鹿児島県の出水平野などで越冬する。

 3日午前7時ごろ、高知市内の田んぼで二番穂をついばむマナヅル3羽を近くに住む男性が発見。昨年生まれた成鳥とみられ、4時間ほど餌を食べたり、羽を広げたりした後、大きな翼を広げて西の空へ飛び去っていった。

 同支部の西村公志支部長は「風の影響で飛行ルートが高知県寄りにずれているためか、今年は県内でのツルの確認数が例年よりだいぶ多い」と説明。野鳥愛好家の間でも「今年はツル飛来の当たり年になるかも」と期待が高まっているという。西村支部長は「見つけた場合は、遠くからそっと見守ってほしい」と呼び掛けている。(写真と文 久保俊典)
https://www.kochinews.co.jp/article/228874/

http://archive.is/PFfgd

タグ:マナヅル
posted by BNJ at 22:40 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ飛来か 海老名の相模川中州【神奈川新聞2018年11月4日】

相模川に飛来したコウノトリとみられる1羽=2日午後5時10分ごろ、海老名市内
 海老名市の門沢橋地区を流れる相模川の中州で、国の特別天然記念物「コウノトリ」とみられる1羽が2日から姿を見せている。縁起のよい鳥とされていることもあり、目撃した市民らは「相模川で見られるなんて」と興奮気味だ。一方、専門家は「静かに見守って」と注意も呼び掛ける。

 生態に詳しい兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)によると、黒いくちばしや羽先、赤みがかった足の色などから「恐らくコウノトリと考えられる」と判断。直近の野外生息個体数は146羽で、その中の1羽の可能性が高いという。

 関東では千葉県野田市で放鳥しており、「飛来してくること自体は十分あり得る」と同公園担当者。「コウノトリは魚をはじめカメやヘビ、カエルが好物。飛んできたのはそれだけ(相模川が)えさが豊富ということでは」と推測する。ただし、近くで見物して驚かせるとけがをさせる恐れもあるといい、「150メートルは距離をとって静かに見守ってあげてほしい」と話している。
https://www.kanaloco.jp/article/369810/

http://archive.is/l9ZSr
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 22:39 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉)「文化の日」各地でイベント 秋の一日を楽しむ【朝日新聞デジタル2018年11月4日】(ジャパン・バード・フェスティバル)

カッパの像の足元でたたずむコサギ=2018年11月3日午後2時5分、手賀沼、中沢絢乃撮影

 「文化の日」の3日、千葉県内では各地で様々なイベントが開かれた。それぞれの場所で秋の一日を楽しむ姿が見られた。

野鳥の姿に興奮
 千葉県我孫子市の手賀沼周辺で3日、鳥をテーマにした国内最大級のイベント「ジャパンバードフェスティバル」が始まり、多くの親子連れらでにぎわった。4日まで。

 同市の山階鳥類研究所や「我孫…

残り:1567文字/全文:1710文字
https://www.asahi.com/articles/ASLC35JBDLC3UDCB00L.html

http://archive.is/hZlPF
posted by BNJ at 22:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワウ対策に“ドローン” ドライアイス投入でふ化防止【下野新聞SOON2018年11月4日】

宇都宮工業高生が開発したドローンでのドライアイス投入デモンストレーション=3日午後1時50分、同校

宇都宮工業高生が開発したドローンでのドライアイス投入デモンストレーション=3日午後1時45分、同校
 宇都宮工業高電子機械科の生徒が小型無人機「ドローン」を使い、深刻な漁業被害を引き起こしているカワウの巣にドライアイスを投入して卵のふ化を防ぐ装置を開発した。3日には同校で、ダミーの巣でのデモンストレーションを実施。カワウ被害対策の“飛び道具”に注目が集まる。

 ドローンを使ったカワウ対策を研究している国立研究開発法人水産研究・教育機構中央水産研究所の坪井潤一(つぼいじゅんいち)研究員と協力。卵を冷やすと成長が止まる性質に着目し、巣へのドライアイス投入を目指した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/95088

http://archive.is/UJ4v3
posted by BNJ at 22:35 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道 厚真に戻ってきた守り神 エゾフクロウのつがい【毎日新聞2018年11月4日】

厚真神社の境内で寄り添うエゾフクロウのつがい=北海道厚真町で、貝塚太一撮影
 9月発生の北海道胆振(いぶり)東部地震で、最大震度7を観測した厚真町の厚真神社では、エゾフクロウのつがいが例年より約1カ月早く境内に姿を見せた。宮司の黒沢寿紀さん(75)によると、夏場は別の場所で過ごし、通常は9月末〜10月に戻るが、今年は地震直後に帰還したという。地震発生から6日で2カ月を迎える中、地域の励ましとなっている。

 エゾフクロウはアイヌ語で「クンネレッカムイ」(夜鳴く神)と呼ばれ、かつて守り神としてあがめられてきた。黒沢さんによると、9年前から境内にすみつき、今のつがいは3代目。今年6月にヒナ3羽を育てて離れ、地震直後に戻った。黒沢さんは「こんなに早く戻るのは初めて。心配してくれているのだろうか」と話す。

 町では36人が犠牲となり、入植と共に建立され、118年の歴史を刻んできた神社も社殿が傾き、三つの鳥居すべてが倒れた。厳しい状況の中でも、樹齢150年のアカマツの上で愛くるしい様子で町を見守るつがいに、地元の人たちは「福を呼び寄せ、復興を応援してくれる」と励まされている。【福島英博】
https://mainichi.jp/articles/20181105/k00/00m/040/082000c

http://archive.is/xuNcr
posted by BNJ at 22:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「H7N9」型鳥インフル 飛まつで拡散するウイルス初の確認【NHKニュース2018年11月4日】

中国などで1500人以上に感染したと報告されている、「H7N9」型と呼ばれる鳥インフルエンザのウイルスについて、東京大学などのグループが分析をしたところ、せきなどで出る飛まつで拡散される性質があることがわかりました。鳥インフルエンザでは、飛まつで拡散するタイプのウイルスが確認されたのは初めてで、専門家は新型インフルエンザのウイルスに変化して、世界的な流行を引き起こすおそれがあるとして警戒しています。

新型インフルエンザは、鳥インフルエンザのウイルスが、ヒトに感染しやすくなるように遺伝子の変異が積み重なることで起きるとされています。

鳥インフルエンザの中でも、H7N9型と呼ばれるウイルスは、5年前に中国で初めて確認され、すでに中国を中心に1500人以上のヒトが主に鳥から感染したと報告されています。

東京大学医科学研究所の河岡義裕教授らのグループは、イタチの仲間のフェレットにこのH7N9型のウイルスを感染させたところ、ウイルスが飛まつに混じって体の外に拡散されることがわかったということです。

フェレットは互いに接触しないよう、飼育用のかごを7センチほど離していても4日後には感染していて、80センチ離れた場所でもウイルスが検出されたということです。

これまで鳥インフルエンザウイルスは、ほ乳類に感染した場合、飛まつにはほとんど含まれないとされていて、飛まつで拡散するウイルスの確認は初めてです。

河岡教授は「世界的な流行を引き起こすおそれがあるとして警戒するとともに、さらなる研究が必要になっている」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181104/k10011697531000.html

posted by BNJ at 11:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(天声人語)ハシビロコウの妊活【朝日新聞デジタル2018年11月4日】

 哲学者のような風情で、一点を凝視したまま身じろぎしない怪鳥ハシビロコウ。原産地アフリカで絶滅が懸念される大型鳥を人工繁殖させる試みが、栃木県の那須どうぶつ王国で進んでいる。成功すれば世界で3例目という快挙だ▼漢字を当てれば嘴広鸛(ハシビロコウ)。くちばしの広いコウノトリの意である。これまで成功した…
https://www.asahi.com/articles/DA3S13754133.html

http://archive.is/IlPSb

出水平野 ツル飛来7779羽 今季初の調査【毎日新聞2018年11月4日】

出水平野で餌をついばむツル=鹿児島県出水市荘のツル観察センター付近の田で2018年11月3日、降旗英峰撮影
 国内最大のツル越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で3日朝、県ツル保護会による今季初の羽数調査があり、ナベヅルを中心に7779羽が確認された。

 ツルが夜を過ごす八代海沿いの干拓地で、保護会と市立鶴荘学園義務教育学校、高尾野中のツルクラブ員計約100人体制で、夜明けとともにツルが飛び立つ瞬間をカウンターで計測していった。出水平野は21季連続で飛来数が1万羽を超える「万羽ヅル」が続いている。

 鶴荘学園9年生の上※愛翔(うえままなと)さん(15)は「鳥インフルエンザが発生しないことを願いつつ、確実にカウントしていきたい」と語った。2019年1月まで計6回の調査を予定している。【降旗英峰】

※は門がまえに月
https://mainichi.jp/articles/20181104/k00/00e/040/149000c

出水のツル7779羽 今季初の調査【読売新聞2018年11月4日】
一斉にねぐらを飛び立つツルの群れ

 国内最大のツルの越冬地・出水市で3日朝、今季初の羽数調査があり、7779羽を観測した。昨季まで21季連続で1万羽以上の「万羽鶴」となっており、次回調査の17日が注目される。

 調査は毎年、地元の中学生や県ツル保護会の会員らが担当。この日は約100人が未明から、市ツル観察センター周辺に広がる荒崎、東干拓の両地区で実施した。

 内訳は、ナベヅル7687羽、マナヅル84羽、クロヅル4羽、カナダヅル3羽、ナベクロヅル1羽。荒崎地区では義務教育学校・鶴荘学園7〜9年のツルクラブ部員33人が参加し、5579羽を数えた。

 今季は10月18日、第1陣が飛来し、ここ数日で一気に増えたという。過去最多は2015年度に観測した計1万7005羽。
https://www.yomiuri.co.jp/local/kagoshima/news/20181103-OYTNT50027.html

http://archive.is/TnT7P
http://archive.is/z0xMD
posted by BNJ at 10:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高知)ツルの越冬地化活動 四万十つるの里づくりの会【朝日新聞デジタル2018年11月4日】

【動画】ツルよもっと飛んで来て 小中学生が模型など整備 高知・四万十市=笠原雅俊撮影

ツルの飛来を誘うデコイ(模型)=2018年11月2日午前10時54分、高知県四万十市江ノ村、笠原雅俊撮影

 四万十市周辺をツルの越冬地にする活動を続けている「四万十つるの里づくりの会」(事務局・中村商工会議所)が2日、小中学生を対象に自然体験学習会を開いた。子どもたちは、ツルを誘うデコイ(模型)を整備したり草刈りをしたりして、越冬地にするための取り組みを学んだ。

 同市国見の市立東中筋中学校で地元の小中学生約30人が、同会事務局長の佐伯達夫さん(68)から映像を交えたツルの生態や種類、飛来数の授業を受けた後、同市江ノ村のえさ場で草刈りやデコイ(模型)の設置を体験。デコイを上空から見たツルが仲間と思って舞い降りてくるという。小学6年の小田真綾さん(11)は「ツルがいっぱい飛んで来てくれるとうれしいです」と笑った。

 会によると、マナヅル7羽が2日、同市森沢で確認された。優雅で赤い目で人気のマナヅルの飛来は2013年以来という。市内の水田などでは先月29日からナベヅル74羽が確認された。昨シーズンは5羽だった。佐伯さんは「マナヅルがやってきたのはうれしいニュース。市民や子どもたちの協力で活動の輪が広がっています」と手応えを感じている。(笠原雅俊)
https://www.asahi.com/articles/ASLC23WHVLC2PLPB008.html

ツル 模型設置し誘う 四万十市・東中筋中で学習会 /高知【毎日新聞2018年11月6日】

ツルのデコイを固定する児童ら=高知県四万十市江ノ村で、上野力撮影
 四万十市立東中筋中でこのほど、ツルの体験学習会が行われた。ツルの越冬地づくりに取り組んでいる「四万十つるの里づくりの会」(武田正会長)が主催した。

 1年生17人と市立東中筋小6年生16人が参加した。教室で佐伯達雄事務局長(68)がツルの特徴や過去の渡来状況、今年は今月2日朝で63羽が確認されたことなど…
https://mainichi.jp/articles/20181106/ddl/k39/100/493000c

http://archive.is/nuBEj
http://archive.is/nS1tt
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山 婦中のハクチョウ  冬の使者 「姿、美しく」【中日新聞2018年11月4日】

仲良く田んぼで羽を休めるコハクチョウ=富山市婦中町下吉川で

 クークー、コウコウ−。十月末の富山市婦中町下吉川の静かな田園地帯。冬の使者・コハクチョウの鳴き声が響いた。前日の雨の影響か。稲刈りを終え、水がたまった田んぼで三羽は時折、水中にくちばしを入れて餌をついばんだ。日暮れが近づくと互いの鳴き声が共鳴。一瞬静まったと思うと、ぬかるんだ地面を力強く蹴って走り始め、バサバサと飛び去っていった。

 富山市内には婦中町や田尻池などコハクチョウやオオハクチョウの飛来地が点在する。日本野鳥の会富山の酒井昌則さん(84)によると、今年は十月十四日にコハクチョウ、同二十一日にオオハクチョウの初飛来が県内で確認された。十二月以降に特に多くなるといい、コハクチョウは五百〜六百羽、オオハクチョウは百数十羽がやって来るという。二、三月に北帰行する。

 「美しい姿と形」とハクチョウの魅力をひと言で語る酒井さん。初飛来を聞き付け、各地では愛鳥家の姿も見られるように。三年前からハクチョウのとりこになった射水市の会社員男性(26)は「羽を広げて飛んで行くのがかっこいい。青空をバックに羽ばたく姿が魅力的」と再会を心待ちにしていた。 (山中正義)
http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20181104/CK2018110402000015.html

https://megalodon.jp/2018-1104-1053-18/www.chunichi.co.jp/article/toyama/20181104/CK2018110402000015.html
posted by BNJ at 10:54 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石川)トキ里山館2周年 朱鷺色のひととき楽しむ【朝日新聞デジタル2018年11月4日】

開館2周年を迎えたトキ里山館で公開されているトキ=2018年11月3日、石川県能美市徳山町

 国の特別天然記念物トキを間近に観察できる石川県能美市のいしかわ動物園「トキ里山館」が開館2周年を迎えたのを記念したイベント「美しい朱鷺(とき)色を楽しもう」が3、4の両日開かれている。3日はトキのクイズラリーや九谷焼絵付け体験を来園者が楽しんだ。

 トキ里山館は、六角形のケージ内に棚田風の湿地や樹木を配置するなど、トキがすむ里山を再現したもので、2016年11月にオープン。現在はつがいのトキと今年生まれた子どもの計4羽が公開されている。

 この日、里山館ではトキの生態や見どころなどを担当飼育員が詳しく紹介する「スペシャルガイド」(午前11時半、午後1時半)が行われた。飼育員の田中愛さん(25)が「トキはクチバシで池の中などをツンツンとつつき、その感覚でエサを探しています」と説明。この時期は淡いピンク色の美しいトキが見られるとあって、来園者は説明を聞きながら熱心に眺めたり、カメラに収めたりしていた。

 4日はスペシャルガイドをはじめ、動物学習センターで県立津幡高朱鷺サポート隊による工作教室(午後0時半〜3時半)などもある。(伊藤稔)
https://www.asahi.com/articles/ASLC352GFLC3PJLB002.html

http://archive.is/jVpKf

「トッキッキ」の年賀はがき発売 県内限定、来年1月11日まで【新潟日報モア2018年11月4日】

 日本郵便は新潟県のキャラクター「トッキッキ」をあしらった2019年の年賀はがきを県内限定で販売している。1枚67円で、5円が寄付金として社会福祉の増進などに活用される。

 地域の特色を盛り込んだ地方版の年賀はがきで、県が原画を提供した。県によると、裏の通信面にトッキッキが描かれるのは初めて。トッキッキが、かまくらで来年の干支(えと)のイノシシと一緒に雑煮を食べている、和やかなデザインだ。

 宛名面には、ことし放鳥10周年を迎えたトキとの共生を目指し「トキが羽ばたく新潟」のメッセージが記された。

 来年1月11日まで、県内の郵便局などで150万枚が販売される。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181103430075.html

http://archive.is/uXtZT
posted by BNJ at 10:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お気に入りのペンギンは…東京・すみだ水族館で人気投票【産経ニュース2018年11月4日】

すみだ水族館生まれの11羽が結成したアイドルペンギンユニット「EDO−CCO(エドッコ)」の中から“推しペン”に投票できる「LOVE推しペン超選挙」=東京都墨田区(鈴木美帆撮影)

 センターペンギンは誰だ−。すみだ水族館(墨田区)では、同館生まれの11羽の中からお気に入りのペンギンを選ぶ「LOVE推しペン超選挙」を開催している。同館は人懐っこいペンギンたちと身近に接することができるのが人気。1位に選ばれたペンギンは関連グッズが販売されたり、鳴き声を組み合わせて作られる楽曲で、メーンボーカルを担当することも計画されている。

 同館には現在、58羽のマゼランペンギンが飼育されている。14羽が同館生まれ。そのうちの11羽が、アイドルペンギンユニット「EDO−CCO(エドッコ)」として選抜された。


 今回の選挙は、入館時にもらえる投票券1枚で2ポイント、11羽それぞれが開設しているインスタグラムのフォロワー数を1ポイントと換算し、合計ポイントを競う。館内には、11羽のアピールポイントが分かるパネルが展示されているほか、飼育スタッフからも裏話を聞くことができ、「自分に似ている、なんか好きだな、と思う子を見つけてほしい」(同館)という。

 中間発表のランキングでは、イワシが大好きな2歳のメス「ふうりん」が1位。端正な顔立ちの1歳のオス「きりこ」を推す広報担当者は、「意外とみんな接戦。後半戦に向けて大番狂わせがあるかも」と話す。投票は今月18日まで。
https://www.sankei.com/life/news/181103/lif1811030041-n1.html

http://archive.is/a8UMI

たくみの里に巨大なわらアート8体出現! みなかみでイベント【上毛新聞2018年11月4日】

 わらで作った巨大な作品を展示する「わらアートまつり」が3日、群馬県みなかみ町の道の駅たくみの里豊楽館を主会場に開かれた。観光客らは各所に展示されたわらアートを見て回ったり、わらを編むワークショップや飲食などを楽しんだ。

 たくみの里内の7カ所に、イヌワシ、イノシシの親子、SL、釈迦如来像など計8体が登場した=写真。NPO法人「わらアートJAPAN」が設計し、地元住民らが制作した。30日まで展示する。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/culture/90267

http://archive.is/piX4r
タグ:イヌワシ
posted by BNJ at 10:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蕪嶋神社 再建工事進捗8割に【デーリー東北2018年11月4日】

蕪嶋神社の社殿を焼失した火災から5日で丸3年。再建が進む神社の姿が見え始めている=1日、八戸市鮫町

 八戸市鮫町の蕪嶋神社の社殿を焼失した火災から5日で丸3年がたつ。蕪島の頂上では着々と再建工事が進み、現在の進捗状況は約8割に達している。新社殿は2019年2月に完成する見込みで、建物を覆うシートからは大きな屋根が張り出している。順調に進めば、全体工事は同12月に終了する予定。三陸復興国立公園の“北の玄関口”である蕪島に、地域に愛され、観光客に親しまれてきた神社が再び姿を現すまで1年余りに迫り、地元住民や関係者の期待感は高まりつつある。
http://www.daily-tohoku.co.jp/news/kita_ar/20181104/201811030P224222.html

http://archive.is/oy176

posted by BNJ at 10:43 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする