2018年11月08日

伊予市 野鳥すむ森守りたい 小中学生ら巣箱設置【愛媛新聞ONLINE2018年11月8日】

野鳥の巣箱を木に取り付ける中学生ら

 野鳥の巣箱作りと掛け替え体験が4日、愛媛県伊予市上三谷のえひめ森林公園であり、小中学生ら約160人が自然に親しみながら保全の大切さを学んだ。
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201811080093

http://archive.is/80ruF

タグ:巣箱
posted by BNJ at 21:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫)「KOUNOTORI」上映 ラムサール湿地拡張【朝日新聞デジタル2018年11月6日】

COP13で登録湿地拡張の認定証を受け取った中貝宗治・兵庫県豊岡市長(左)=市提供

 ラムサール条約に登録されている兵庫県豊岡市内の湿地の範囲が拡張したことを記念したイベント「未来へ―コウノトリでつながる世界―」が10日、豊岡市民プラザ(大手町)で開かれる。コウノトリの野生復帰の取り組みを追ったドキュメンタリー映画「KOUNOTORI」が上映され、制作者らが参加する討論会もある。

 イベントを主催する市によると、登録湿地の拡張は先月18日付で決まった。コウノトリなど貴重な生物が生息する湿地として登録されている市内の円山川下流域と周辺水田の面積は560ヘクタールから、1094ヘクタールになった。先月23日、アラブ首長国連邦のドバイであったラムサール条約第13回締約国会議(COP13)で、中貝宗治市長が登録湿地拡張の認定書を受け取った。

 映画「KOUNOTORI」の制作者は、絵本作家でもあるイスラエル人のラン・レヴィ・ヤマモリさん。2016〜17年に豊岡市内で撮影し、昨年完成させた。国内での上映は今回が初めてになるという。

 イベントは午前10時に開会。COP13に出席した中貝市長の報告やラムサール条約についての市の説明の後、「KOUNOTORI」を上映する。その後、ヤマモリさんと、映画に出演した市出身で国際協力機構職員の岡田有加さん、中貝市長らが「コウノトリでつながる世界」をテーマに討論する。コウノトリの野生復帰に取り組む市内外の高校生による活動報告もある。

 午後1時からは、今年で設立20周年を迎えた市内のNPO法人「コウノトリ市民研究所」の歩みの紹介や、自然などをテーマに撮影する写真家宮崎学さんの講演がある。

 入場無料で市外からも参加できる。希望者は、市コウノトリ共生課に電話(0796・21・9017)や電子メール(kounotorikyousei@city.toyooka.lg.jp)で氏名、連絡先を伝える。定員150人程度(先着順)。問い合わせは同課へ。(今林弘)
https://www.asahi.com/articles/ASLC53VXWLC5PIHB00P.html

http://archive.is/9jay1
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年ぶりにナベヅル飛来【日高新報2018年11月7日】

 渡り鳥のナベヅルが6日午後2時半ごろ、美浜町和田、鶴泊橋南側の水田で確認された=写真=。翌7日朝にも同じ場所で餌をとっており、滞在場所に決めたとみられる。昨年は日高地方での滞在はなく、2年ぶり。

 ナベヅルは、環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種U類に分類されている希少な鳥。中国、ロシア等から冬には日本や朝鮮半島南部へ渡来して越冬する。今回確認されたのは6羽。両親とひな1羽の家族が2組とみられる。先月30日にも上空を飛ぶ姿が目撃されており、餌場を探していたとみられる。南紀カメラクラブ会長の中西次郎さんが撮影。「警戒心の強い鳥なので、近づかず望遠レンズを駆使して撮りました。久しぶりに日高地方へ来てくれた貴重な鳥、そっと見守ってあげたいと思います」と話している。
http://www.hidakashimpo.co.jp/news1/2018/11/%EF%BC%92%E5%B9%B4%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%81%AB%E3%83%8A%E3%83%99%E3%83%85%E3%83%AB%E9%A3%9B%E6%9D%A5.html

http://archive.is/G9jgi
タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 21:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥の博物館学芸員監修 市の鳥「オオバン」ぬいぐるみ完成!=千葉県我孫子市【時事ドットコム2018年11月8日】

 全国の水族館・動物園・博物館などで販売されている、精緻な動物や魚類のぬいぐるみ100+1(ワンオーワン)シリーズ(太洋産業貿易株式会社)に、新たに市の鳥「オオバン」が加わりました。

 同シリーズは、鳥や魚など個性豊かな動物たちの毛並み、感触にこだわって作られた精緻でかわいいぬいぐるみです。

 今回、鳥の博物館学芸員が制作過程から監修。鳥の博物館のはく製を参考に試作品をつくった後、くちばしや足の関節、オオバンの特徴ともいえる足の指にある木の葉のようなみずかきなど、細部にわたり修正を繰り返し、こだわりの商品に仕上がっています。

 「オオバン」ぬいぐるみは、鳥の博物館ミュージアムショップや同社WEBサイトから購入できます。

◇「オオバン」100+1シリーズぬいぐるみ
 価格:1体2000円(税込) ※鳥の博物館ミュージアムショップでの販売価格。
◇鳥の博物館HP
https://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/
https://www.jiji.com/jc/article?k=20181108Pr1&g=jmp

http://archive.is/LVprM
posted by BNJ at 21:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日浴び 羽休め【読売新聞2018年11月8日】

 「立冬」の7日、ハクチョウの越冬地として知られるむつ市の大湊湾で、オオハクチョウが朝日を浴びながら羽を休めていた=写真=。

 同市教育委員会によると、大湊湾には毎年11月上旬頃から、平均約200羽のハクチョウが飛来するという。シベリアからやって来たハクチョウは、湾内の藻などを食べて越冬し、2月下旬頃には北へと回帰する。
https://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20181108-OYTNT50084.html

http://archive.is/spziX
posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅危惧種 救えクロツラヘラサギ 山口に保護センター【毎日新聞2018年11月8日】

きらら浜自然観察公園の干潟に設置したクロツラヘラサギの保護施設を説明する原田量介園長=山口市阿知須で、松田栄二郎撮影

多々良川で羽を休める絶滅危惧種のクロツラヘラサギ=福岡市東区で、野田武撮影

福岡県糸島市でくちばしに釣り糸が絡まった状態で見つかったクロツラヘラサギ。針が刺さった翼から出血が見られる=日本クロツラヘラサギネットワーク提供
 山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須)に24日、絶滅危惧種である渡り鳥クロツラヘラサギを保護する国内初の施設「日本クロツラヘラサギ保護・リハビリセンター」が開所する。山口湾に面した公園の干潟約8ヘクタールは国内越冬地の北限で、その一角に公園の指定管理者「NPO法人野鳥やまぐち」が、民間基金の助成を受けて設置した。衰弱で飛べなくなるなどした場合に受け入れ、自然に近い環境で野生復帰を目指す。

 クロツラヘラサギはトキ科の鳥で、黒い顔とへら状の細長いくちばしが特徴だ。朝鮮半島や中国で繁殖し、台湾、香港、日本などで越冬する。朝鮮戦争で生息地が荒れるなどして1980年代には数百羽まで減り、近年は保護活動で回復しているものの、環境省のレッドデータブックで2番目に絶滅の恐れが高い区分の「絶滅危惧1B類」に指定されている。国内では今年1月、九州・山口各県を中心に計508羽の越冬が確認された。

 福岡市の「日本クロツラヘラサギネットワーク」によると、河口などでくちばしを水中で左右に振って餌を捕まえる際、放置された釣り糸が絡まったり、釣り針やルアーが翼や足に刺さったりして負傷したり、死んだりすることがある。国内でそうしたケースが年7、8羽確認されるが、長期間療養や保護ができる施設はなかった。

 保護・リハビリセンターは、年30羽前後が飛来する山口湾の干潟に建てた縦16メートル、横20メートル、高さ3メートルの金網ケージ。干潟にあるためケージ内も小魚、エビなど餌となる生き物が豊富に生息する。山口大共同獣医学部や県内の動物園と協力して治療し、ケージ内でのリハビリを経て干潟に放つ計画だ。

 園長を務める原田量介・同NPO理事によると、ケージ内の鳥は飛来するクロツラヘラサギから見えるので、山口湾で越冬する個体を園内に呼び込む効果も見込まれる。原田理事は「園内で夏を過ごす個体が増えれば、国内で初めて繁殖を始める可能性がある」と期待を込めている。【松田栄二郎】
https://mainichi.jp/articles/20181108/k00/00m/040/216000c

http://archive.is/N3PD2

傷病クロツラヘラサギ用のゲージが完成【宇部日報2018年9月14日】
posted by BNJ at 10:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「冬の貴婦人」タゲリ飛来【北國新聞2018年11月8日】

 富山市婦中町下吉川の水田に、優雅な姿から「冬の貴婦人」と呼ばれるタゲリ約20羽が越冬のため、飛来した。同市八尾町西町の玉(たも)生(う)康博さん(68)が6日、写真に収めた。

 タゲリは長く伸びる頭の冠羽(かんう)、光の反射で光沢のあるように見える翼が特徴。日本野鳥の会によると、中国北部やロシアで繁殖し、冬に本州中部から九州の湿地、水田に飛来する。飛び立つ際には「ミューミュー」と子猫のように鳴く。

 玉生さんは6日午後3時ごろ、水田で羽を休めるタゲリを見つけ、シャッターを切った。玉生さんは「愛らしい鳴き声を聞いて、冬がすぐそこまで近づいていることを実感した」と話した。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20181108203.htm

http://archive.is/ssFtP
タグ:タゲリ
posted by BNJ at 10:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

晩秋の小山田緑地へ 自然ガイドウォーク【タウンニュース2018年11月8日】

 晩秋の小山田緑地で観察できる動植物の解説と里山保全の取り組みについて知れる「晩秋の自然ガイドウォーク」が24日(土)、開かれる。多摩丘陵グループが実施する、里山の自然・文化、魅力を知るとともに、里山の保全を考えていく「里山カレッジ講座」のひとつ。

 当日は丘陵地の起伏のある約4キロのコースを、NPO法人鶴見川源流ネットワークの講師の解説を聞きながら歩く。「雑木林が魅せる様々な黄葉や紅葉のグラデーションのなか、晩秋の植物や野鳥の観察を楽しみましょう」と主催者。

 集合は小田急多摩線「唐木田駅」改札口前。午前9時半〜午後2時半。参加費50円。軽い低山ハイクレベルの服装で。

 要申込。詳細・問い合わせは小山田緑地サービスセンター【電話】042・797・8968へ。

晩秋の自然ガイドウォーク
2018年11月24日

9:30開始 〜 14:30終了

事前申込みが必要:申込締切11月14日

東京都町田市小山田町361-10

費用:50円

問い合わせ先:小山田緑地サービスセンター

TEL:042-797-8968
https://www.townnews.co.jp/0304/2018/11/08/456339.html

http://archive.is/LoOW2
posted by BNJ at 10:55 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クレスト、千葉県に大規模養鶏場新設【中部経済新聞2018年11月8日】

 養鶏や養豚などを手掛けるクレスト(本社小牧市大草、栗木鋭三会長兼社長、電話0568・79・2448)は、千葉県多古町に大規模養鶏場を新設する。2年かけて12室の鶏舎を整備。約130万羽を飼育し、1日100万個の鶏卵を生産する。市場規模の大きい関東地方の需要を取り込むのが狙いで、供給能力の高さを生かし一般消費者向け、業務用とも販売拡大を目指す。
https://www.chukei-news.co.jp/news/201811/08/articles_32755.php

http://archive.is/0Bxfs
posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐるっと首都圏・食べる・つながる 栃木・小山 ダチョウ 100%赤身、食感は牛肉 鉄分豊富、美容効果も /東京【毎日新聞2018年11月8日】

 ダチョウを食べたことありますか。低脂肪、低コレステロール、鉄分豊富……。美容効果もアスリート食としてもダチョウ肉が注目されているらしい。栃木県小山市の生産者は牛・豚・鶏に続く第4の食肉の普及を目指している。【松本信太郎】

 JR小山駅東口から車で約15分。東北新幹線の高架橋線路からほど近い小山市喜沢に牧場が広がっていた。片柳雄大さん(33)の小山だちょう園である。1ヘクタールの広さにダチョウの成鳥20羽、ヒナ40羽が飼育されている。雄の体長は2メートル30センチ、体重100キロを超え、鳥の中でも最も大きい。片柳さんは生まれたばかりのヒナを抱きながら「苦労はつきものだが、それが楽しい」と笑顔で話す。

 片柳さんは地元の高校を卒業後、建設業や運転手などさまざまな業種を経験してきた。転機は2008年のリ…
https://mainichi.jp/articles/20181108/ddl/k13/100/005000c

http://archive.is/sCUKy
タグ:ダチョウ
posted by BNJ at 10:53 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ3羽、同時に飛来 小山・渡良瀬遊水地【下野新聞SOON2018年11月8日】

渡良瀬遊水地に飛来した3羽のコウノトリ(小山市提供)

 【小山】7日、下生井の渡良瀬遊水地第2調節池に、コウノトリ3羽が同時に飛来した。掘削池で餌をついばむなどして1時間半ほど滞在した。市渡良瀬遊水地ラムサール推進課によると、3羽同時に降り立つ姿が同所で確認されたのは初めてという。

 3羽は千葉県野田市で2016年に生まれた「ひかる」「きずな」(雄)と今年生まれた「きらら」(雌)。近所の住民らによると、午前11時ごろ飛来した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/96683

http://archive.is/ce3DO
posted by BNJ at 10:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする