2018年11月10日

紀南に冬告げる渡り鳥飛来 ナベヅルやオシドリ【AGARA紀伊民報2018年11月10日】

 和歌山県紀南地方に「冬の使者」である渡り鳥の群れが相次いで飛来している。白浜町の田園ではナベヅル(ツル科)が餌をついばみ、古座川町の清流ではオシドリ(カモ科)が美しい姿を見せている。

 ナベヅル(ツル科)は11月初めごろから白浜町のあちらこちらで目撃されている。当初は2家族6羽の群れだったが、9日には別の3家族9羽が飛来。富田川近くで稲の二番穂や根などをついばんでいる。

 ナベヅルは、主にシベリア東北部などで繁殖し、冬場に南下して越冬する。鹿児島県出水市や山口県周南市が越冬地として知られる。これらの群れは南下途中、強風に流され紀南に来たとみられる。

 全長約1メートルで、頭から首にかけて白く、体は灰黒色。ツルとしては小形だが、野鳥の観察としては見応えがあり、愛好者に人気がある。環境省のレッドリストで絶滅危惧2類に分類されている。

 オシドリは清流・古座川の支流で、美しい姿を見せている。全長は45センチほど。灰褐色をした地味な雌に対し、雄はくちばしが赤く、オレンジ色の銀杏(いちょう)羽を持つなど派手な姿をしているのが特徴。県のレッドデータブックでは準絶滅危惧に分類されている。


写真【田んぼに飛来した9羽のナベヅル(和歌山県白浜町で)】
http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=361146

http://archive.is/srj54

posted by BNJ at 23:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハト追い出しへタカ出動=駅構内をパトロール−ロンドン【時事ドットコム2018年11月9日】

ハトを追い払うためにロンドン・ウォータールー駅で雇われたタカ「アリア」。(鉄道会社ネットワーク・レール提供・時事)

 【ロンドン時事】ロンドン中心部のウォータールー駅で最近、構内に居着いたハトを追い払うため、タカを「雇う」ことになった。週に2回、約2時間の勤務で構内をパトロールし、ハトを威嚇するのが仕事だ。英鉄道会社ネットワーク・レールが発表した。
 ウォータールー駅では、吹き抜けとなった構内の飲食店や喫茶店にハトが群がり、利用客の食べ物をつまみ食いする光景が目立つ。このため、苦情が多く寄せられていたという。
 起用されるタカは「アリア」という名前の5歳のハリスホーク。パトロールには鷹匠(たかじょう)も同行する。アリアはこれまでもロンドンの他の主要駅や英財務省などで同様の役割を担ってきた。
 鉄道会社の責任者ジェイソン・マーフィー氏は「清掃費用を節約しながら、駅を利用客にとってより良い場所とするため、アリアの仕事は本当に重要だ。とても働き者で、チームの一員に迎えられて光栄だ」と話している。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110900985&g=int

http://archive.is/AC0wX
posted by BNJ at 11:59 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小社会 ナベヅルが四万十市に続いて香長平野にも飛来。高知…【高知新聞2018年11月10日】

 ナベヅルが四万十市に続いて香長平野にも飛来。高知市内の田んぼにはマナヅルも。最近の高知新聞にツル飛来の報が相次いだ。県内の野鳥愛好家からは「今年はツル飛来の当たり年になるかも」という期待も聞かれる。

 「鶴の舞」という早春の季語があるように、ツルの姿は優美だ。雌雄が向かい合って羽ばたき、空を向いて鳴き合う。このダンスは繁殖期以外でも見られるから、求愛とは限らない。

 近年はあまり聞かないが、「焼け野の雉子(きぎす)、夜の鶴」ということわざがある。キジは巣のある原が燃えていれば、身の危険を顧みずひなを助けに戻る。ツルは霜の夜、自分の翼で子を覆い温める。子に対する親の情愛の深さをいう。

 「鶴の舞」や「夜の鶴」などの言葉は、ツルが日本各地の湿地帯や水田にやって来ていた証拠だ。が、宅地開発などで越冬地は激減。現在、鹿児島県の出水平野で、毎年1万羽以上が越冬している。極端な一極集中だ。

 過密化が進むと、心配されるのが感染症による大量死。種の存続が危ぶまれる事態にもなりかねない。環境省などは一極集中を緩和しようと、4カ所の候補地を選び分散させる計画を掲げた。四万十市もその一つだ。

 「四万十つるの里づくりの会」の関係者や市民は、ツル「飛来」の向こうに「越冬」を見据えていよう。だがなにせ相手は野生の鳥。「鶴は千年」の長寿を信じて、温かく見守るしかないのか。


11月10日のこよみ。
旧暦の10月3日に当たります。ひのえ うま 九紫 赤口。
日の出は6時32分、日の入りは17時07分。
月の出は8時43分、月の入りは19時11分、月齢は2.5です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時02分、潮位14センチと、13時15分、潮位82センチです。
満潮は7時40分、潮位182センチと、18時53分、潮位182センチです。

11月11日のこよみ。
旧暦の10月4日に当たります。ひのと ひつじ 八白 先勝。
日の出は6時33分、日の入りは17時06分。
月の出は9時38分、月の入りは19時58分、月齢は3.5です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で1時35分、潮位18センチと、13時48分、潮位90センチです。
満潮は8時18分、潮位174センチと、19時21分、潮位174センチです。
https://www.kochinews.co.jp/article/230519/

http://archive.is/0y30F
タグ:ナベヅル
posted by BNJ at 11:58 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶滅危惧のサシバ保全 国際サミット 栃木で初開催へ【産経ニュース2018年11月9日】

 タカ科の渡り鳥で絶滅危惧種のサシバを保全するため国際的に連携する「国際サシバサミット」の実行委員会が9日、栃木県庁で記者会見を開き、越冬地のフィリピンの首長らを交えたパネルディスカッションなど第1回サシバサミットの事業計画を発表した。第1回サミットは来年5月25、26日、栃木県市貝町で開催される。

 同サミットは、日本野鳥の会やアジア猛禽(もうきん)類ネットワークなどが共催し、サシバの繁殖地、中継地、越冬地の生息地域全体が国際的に連携し、保全に取り組む。


 日本国内で最も繁殖密度が高いとされる市貝町で開かれる第1回サミットでは、専門家の基調講演、各地からの保護活動や研究の報告のほか、一般向けの現地視察も実施される。

 市貝町は、サシバが住む里山を生かした観光振興を推進しており、入野正明町長は「国際的なネットワークを形成しながらサシバの保護を図り、各自治体が個性豊かな町づくりもできるような形で持続性のある仕組みをつくりたい」と述べた。

 第2回以降のサミットは、平成32年に沖縄県宮古島市、33年にフィリピンで開催が予定されている。
https://www.sankei.com/life/news/181109/lif1811090032-n1.html

http://archive.is/0RM41
タグ:サシバ
posted by BNJ at 11:56 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉)飛べないコハクチョウどこへ 川島の越辺川【朝日新聞デジタル2018年11月10日】

越辺川の水辺で羽を広げるコハクチョウの「チビちゃん」。左の翼が途中からない=2018年9月18日、埼玉県川島町、堀口恭男さん撮影

 埼玉県川島町の越辺川(おっぺがわ)で、地元の人たちが1羽のコハクチョウを探している。片方の翼を失って飛べなくなり、5年近くを川辺で暮らしてきたが、9月22日以降、2カ月近くも行方がわからない。見守ってきた人たちが探しているが、手がかりはなく「どこにいるのか」と気をもんでいる。

 越辺川では毎年百数十羽のコハクチョウが冬を越す。今年も飛来の季節がやってきたが、例年ならうれしそうに仲間を迎える姿が、今年は見えない。

 2014年2〜3月、1羽のコハクチョウが犬に襲われ、左の翼にけがを負った。やがて泳げるまでに回復したが、飛べなくなった。地元の人たちは「チビちゃん」と呼んで見守るようになった。

 越辺川近くの団地にすむ主婦の…
https://www.asahi.com/articles/ASLC83SJFLC8UTNB003.html

http://archive.is/CzQKI
posted by BNJ at 11:53 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉兆? 白っぽいスズメ 大田原の畑で住民が撮影【下野新聞SOON2018年11月9日】

体色が淡泊色のスズメ(山本勝之さん撮影)

【大田原】紫塚1丁目、無職山本勝之(やまもとかつゆき)さん(63)が8日、自宅裏手の畑で白っぽいスズメのような鳥を見つけ、カメラに収めた。

 通常の茶色いスズメに比べ全体に白っぽく淡い色で、尾は白い。近所の人がコメをまいた餌場に群れでやってきたスズメの中で、ひときわ目立っていたという。県立博物館は「スズメの色彩異常個体ではないか。これまでにも時々県内で確認されているが、比較的珍しい現象」としている。

 古来、白いスズメは縁起がよい吉兆の鳥とされ、「続日本紀」には天皇に献上されたという記述があるほか、江戸中期の画家伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の作品にも登場する。

 今回撮影された鳥は真っ白な体色ではないが、山本さんは「見たことがない白さのスズメなので珍しいと思い、写真に撮った。また飛んでくるようなら静かに見守りたい」と話した。
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/97229

http://archive.is/0qAc2
タグ:スズメ
posted by BNJ at 11:51 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風力発電所 由利本荘の笹森山に建設計画 「野鳥生息環境に影響」 絶滅危惧のクマタカも 自然保護団体が反発 /秋田【毎日新聞2018年11月10日】

 由利本荘市の笹森山(595メートル)付近に大規模な風力発電所の建設計画が持ち上がっている。だが、回転する巨大な羽根に鳥が巻き込まれ死ぬケースが確認されていることから、自然保護団体は、同市付近に生息する希少な猛禽類(もうきんるい)の生息環境に影響を及ぼす恐れがあるとして反発している。【山本康介】

 風力発電所を手がけるのは、国内最大手のユーラスエナジーホールディングス(東京)。同社は県内で既に5カ所で風力発電事業を展開し、同市西目町では県内最大規模の「由利高原ウインドファーム」(最大出力5万1000キロワット)を稼働している。
https://mainichi.jp/articles/20181110/ddl/k05/020/023000c

http://archive.is/i30BT

風力発電、景観や自然に影響 「考える会」が県へ中止要望【秋田魁新報2018年9月12日】
秋田)県内最大級の風力発電計画 野鳥愛好家が反対【朝日新聞デジタル2018年8月10日】
posted by BNJ at 11:49 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地元、経済効果に期待 野鳥衝突懸念の声も えりも大規模風力発電所計画【北海道新聞2018年11月10日】

 【えりも】町南部で大規模風力発電所の建設計画が進められていることを受け、町内では、頻発する停電の解消や工事関係者の長期滞在による経済効果に期待する声が上がる。その一方で、野鳥が風車に衝突する「バードストライク」など自然環境への影響を心配する声も聞こえる。

 事業は太陽光発電事業などを手がけるアールイー・パートナーズ(大阪)などが計画。歌別、庶野両地区の町有地などに高さ84メートル、ブレード(羽根)の直径117メートルの風力発電機48基を建てる考えだ。町は昨年、計画が正式決定した際に町有地を賃借する覚書を同社と結んだ。

 大西正紀町長は「えりも特有の強い風は厄介者とされてきたが、資源として役立てば町としてもありがたい」と歓迎。「町内に新会社設立の計画もあると聞いており、実現すれば税収増にもつながる」と話す。

 バードストライクを心配する新ひだか町の日高鳥類研究所の谷岡隆所長(70)は「襟裳岬を移動する渡り鳥の調査はほとんどされていないが、ガンやワシなど希少な鳥も多いはず。きちんとした環境調査をしてほしい」と望んでいる。

残り:365文字/全文:828文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/246717

http://archive.is/b36Bo
posted by BNJ at 11:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする