2018年11月16日

長良川鵜飼、観覧船安定運航へ対策【読売新聞2018年11月16日】

運営協議会で方針 乗り場整備など
 岐阜市の長良川鵜飼うかいの運営方針などについて話し合う「長良川鵜飼運営協議会」が15日、同市内で開かれた。今シーズンは豪雨や台風の影響で鵜飼観覧船の運航中止が相次いでおり、市鵜飼観覧船事務所からは、観覧船乗り場を整備する方針や、国に河川整備を要望したことなどが説明された。


 今シーズンの観覧船の運航中止日数は過去最多の42日間に上り、乗船客数は統計が残る1965年以降で最少の7万6330人にとどまった。悪天候のほか、雨による増水で観覧船乗り場付近の川底に土砂が積もって流れが速くなり、安全性を考慮して運航を見合わせたことも影響した。

 協議会では、長良川温泉のホテル・旅館関係者から災害対策を求める声が上がり、同事務所の林素生所長は、専門家の助言を受けながら観覧船乗り場の安全性や安定性を高める方針などを説明。今月5日には、国土交通省中部地方整備局木曽川上流河川事務所に対し、観覧船の航路確保や河原の浸食を防ぐ対策を取るよう要望書を出したという。林所長は「来季は中止が少なくなるように環境整備を進めていきたい」と話した。

 また、今年初めて河原から無料で鵜飼いを観覧してもらう方法を取ったことを踏まえ、観覧船の運航中止日の観覧方法についても検討するとした。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20181116-OYTNT50023.html

posted by BNJ at 22:13 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊良部にサシバ2万羽/宮古島 10年で3番目の多さ【沖縄タイムスプラス2018年11月16日】

 【宮古島】県と宮古野鳥の会(仲地邦博会長)はこのほど、サシバの飛来数調査を発表した。10月8日から21日までの14日間、伊良部島の市役所伊良部庁舎屋上で観測した結果、2018年の飛来数は2万244羽で、直近10年間の調査で3番目に多かった。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/345830

http://archive.is/I0VZ6
タグ:サシバ
posted by BNJ at 22:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カワセミ 色鮮やか「渓流の宝石」 諫早 /長崎【毎日新聞2018年11月16日】

 「渓流の宝石」と呼ばれるカワセミが諫早市の市街地を流れる本明川に生息している。今月上旬の朝、鮮やかな青緑色をした2羽が川中の石の上にとまっていた=写真。やがて…
https://mainichi.jp/articles/20181116/ddl/k42/040/312000c

http://archive.is/hA0DI
タグ:カワセミ
posted by BNJ at 22:06 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【平成の長崎】長崎ペンギン水族館オープン【長崎新聞2018年11月14日】

 長崎市宿町に長崎ペンギン水族館が2001年4月22日開館し、家族連れなど市民がペンギンなどの海洋動物と、水と緑のふれあいのテーマパークの誕生に沸いた。約40億円を投じて建設した。
(平成13年4月23日付長崎新聞より)
◇   ◇    ◇
【平成の長崎】は長崎県内の平成30年間を写真で振り返る特別企画です。

7種類、119羽のペンギンを飼育する長崎ペンギン水族館が市民の期待に応えオープン=長崎市宿町、長崎ペンギン水族館
https://this.kiji.is/431708988213920865?c=39546741839462401

http://archive.is/N5LfW

山口・阿知須に白鳥が飛来 優雅な姿、きらら浜自然観察公園で10年ぶり【山口宇部経済新聞2018年11月16日】

きらら浜自然観察公園に飛来した白鳥

 山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須、TEL 0836-66-2030)に現在、白鳥が飛来しており、優雅な姿を見せている。

2羽が向かい合うとシルエットがハートに見える

 飛来したのは、主に北海道や北日本に渡ってくるオオハクチョウ。11月8日に1羽が園内「淡水池」で観察されると、翌日にもう1羽が飛来。県内にはハクチョウの越冬地はないために見られることは珍しく、同園に飛来したのは2008年以来10年ぶりになるという。

 突然の出現から1週間がたった現在は、「この池にも慣れてきた様子」(同園スタッフの渡邉徹さん)で、2羽がそろって池の端で水草を食べている様子や水浴びをする姿などを見ることができる。

 「11月7日に、市内秋穂の池で3羽のオオハクチョウの目撃情報があることから、そのうちの2羽が当園に来たと思われる。隣県では、島根・宍道湖が越冬地。途中で迷い込んだのかもしれない」と渡邉さん。

 連日、話を聞き付けた地元民やアマチュアカメラマンなどが、美しい姿を一目見ようと来館し、1日あたりの来館者数は数倍になったという。

 「毎日観察しているが、最初に見たときは、沸いたように現れてそれは驚いた」と渡邉さん。「池が見渡せる館内からもはっきりと観察できる。県内でもこのような条件で見られることはないと思う。既に当館のアイドル。1日でも長くいてくれることを願うばかり」とほほ笑む。

 開館時間は9時〜17時。月曜休館。
https://yamaguchi.keizai.biz/headline/3199/

http://archive.is/9RaGS
posted by BNJ at 22:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ 「ポンスニ」松江に飛来 2羽、池などで確認 /島根【毎日新聞2018年11月16日】

電柱の上で羽を休めるコウノトリのポンスニ=松江市八雲町西岩坂で、前田葵撮影
 松江市八雲町西岩坂の八雲村構造改善センター付近で15日午前、国の特別天然記念物・コウノトリが2羽飛来しているのが確認された。うち1羽は兵庫県豊岡市で生まれ「ポンスニ」の愛称で親しまれる雌。電柱の上で羽を休めたり、田んぼや池に降りて餌を探していた。

 周辺を見回っていた松江市猟友会八雲支部長の杉原司朗…
https://mainichi.jp/articles/20181116/ddl/k32/040/334000c

http://archive.is/KwzlS
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハクチョウ餌求め“大急ぎ”?新潟西区・佐潟 飛来早め【新潟日報モア2018年11月16日】

佐潟に飛来しているハクチョウ=15日、新潟市西区

 新潟市西区赤塚の佐潟に現在飛来しているハクチョウの数が、例年の同時期に比べて多くなっている。専門家によると、飛来前の生息地の餌不足が早めに飛来している背景にあるとみられる。佐潟の調査や啓発などの拠点施設、佐潟水鳥・湿地センターは「ハクチョウが家族ごとに次々と飛び立っていく様子は壮観。ぜひ実物を見に来てほしい」としている。

 「ことしは飛来数の伸びのスピードが速い」。佐潟のハクチョウなどの飛来数を週1回カウントしている県水鳥湖沼ネットワークの佐藤安男さん(58)は語る。ことしの飛来数は、10月10日現在は前年とほぼ同じだったが、10月下旬の時点で前年の2倍近くに。11月9日には4664羽に達し、前年同時期の約1・3倍だった。近年は徐々に飛来が早くなる傾向にあるという。

 飛来数の増加について、日本野鳥の会新潟県の石部久会長は、コハクチョウが過ごすシベリアのツンドラの環境を挙げる。「厳しい寒さで凍り始めるのが早かったり、夏の実りが少なかったりして、餌が早々となくなってきたためではないか」と推測する。

 佐潟水鳥・湿地センターでは、「ハクチョウが餌を取りに出掛ける午前7時から8時ごろの観察がおすすめ。繁殖期で色彩豊かになるカモの種類も多いので、水鳥を楽しんでほしい」と話している。

 同センターの開館時間は午前9時〜午後4時半だが、ハクチョウが飛来する11月〜翌年2月は例年、土日の開館時間を午前7時に早めている。24日午前9時〜11時半には、自然解説員が案内する「冬鳥ウォッチング」があり、参加者を募集している。

 イベントの申し込みや問い合わせは同センター、025(264)3050。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20181116432804.html

http://archive.is/suA5J
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気NO.1は「誰」 大洗水族館 生き物10種総選挙【茨城新聞クロスアイ2018年11月16日】

アクアワールド総選挙に投票する入館者=大洗町磯浜町
海の生き物10種が立候補した「アクアワールド総選挙〜君が好きだと叫びたい〜」が12月2日まで、大洗町磯浜町のアクアワールド県大洗水族館で開かれている。人気ナンバーワンになった生き物は2019年3月から配布される館内マップの表紙を飾る。

エントリーしたのは、担当飼育員が選出したイルカ、アシカ、オットセイ、ペンギン、エトピリカ、シロワニ、マンボウ、ウミガメ、チンアナゴ、カクレクマノミの10種類。投票箱は3階、海の生き物科学館付近に設置されている。投票した人の中から抽選で200人に、飼育員が撮影した生き物が載っている2019年オリジナルカレンダーをプレゼントする。

いわき市から家族3人で訪れた小学5年の高沢泰河さん(11)は「悠々と泳ぐ姿が迫力があった」とウミガメに投票した。(志賀敦文)

https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15422811374644

http://archive.is/uSEbt

動物も働かせ過ぎNG 名古屋のビル街、カワウソ出迎え【朝日新聞デジタル2018年11月15日】

フクロウを手に載せ、じゃれあう女性=2018年7月4日午後3時27分、名古屋市中区栄3丁目、西岡矩毅撮影

 ハリネズミ、カワウソ、フクロウ……。名古屋市のビルの一室にある「小さな動物園」が連日、癒やしを求める人たちでにぎわっている。色んな動物とふれ合えるのが売りのカフェだ。

 名古屋市中区の地下鉄矢場町駅近くにある雑居ビル4階。「ふくろうのいる森カフェ名古屋栄店」は、木を模したオブジェが天井まで伸びる。複数の枝や壁際の止まり木で、メガネフクロウやニシアメリカオオコノハズクなど10種類以上のフクロウがじっと一点を見つめたり、翼を広げたりしている。

 岐阜県大垣市から初めて来たという藤田幸枝さん(39)と北村めぐみさんは「癒やされに来ました。めちゃかわいい。また来たい」と写真をパチリ。

 店を営むのは岐阜県中津川市の林秀久さん(60)。大のフクロウ好きで約15年前から飼い始め、4年ほど前には自宅を一部を改装してカフェを開いた。関東など遠くから訪れる客もおり、3年前に交通の便が良い今の場所に2店目を出した。月に2、3回来るリピーターもいるという。

 「ふくろうカフェ」から3分ほど歩いた場所にも動物カフェがある。

 「ハリーウッド」のコンセプトは「都会にある森」で、店内は観葉植物でいっぱい。40匹のハリネズミがおり、客2人を1匹が「おもてなし」する。大好物のゴミムシダマシ科の幼虫「ミルワーム」を食べてあげたり、客の手に乗ってあげたり。警戒して針を立てたときのために、店が手袋を用意している。

 名古屋市中川区の宮崎翔さん(24)と、あゆみさん(24)夫婦は「思ったより柔らかくて、かわいい」。カフェは大盛況で今夏、テナントを移して席数を16席から30席に増やした。マネジャーの鳥居直樹さん(51)は「店内の雰囲気やハリネズミはインスタ映えするようで、SNSを見て来店する人も多い」と話す。

「働き過ぎ」防ぐ
 癒やしを与えてくれる動物たちにも、「労働環境」は大切だ。

 ふくろうカフェでは1時間の利用時間のうち、ふれ合えるのは最後の5分ほど。「べたべたと触りすぎるとストレスを与えてしまう」という。ハリーウッドでは働き過ぎを防ぐため、ハリネズミの勤務は「1勤2休」。

 昨年10月、名古屋市中区大須4丁目の雑居ビルにオープンした「かわうそフレンズ」(良原儀和さん経営)の店内には、「カワウソ第一」と書かれたプレートやコーンが並ぶ。カワウソとのふれ合いは、混雑する週末は完全予約制、平日も健康状態を見ながら休憩時間を長く取るという。

 沖縄県の動物園で働いた経験があるスタッフの内山仁志さん(21)は「カワウソはペットとしての歴史が浅く警戒心も強い。人と接することでストレスを感じやすい」と説明する。カワウソは、東南アジアや中国に生息するイタチ科の哺乳類で、鋭い牙でかむなど野性的な面もある。店内のカワウソは、良原さんの知人が飼っていた2匹を引き取り、約半年間一緒に暮らして信頼関係を築いたという。カワウソとのふれあいでは、穴から出てきた前脚を握ったり、ひざの上に載せたりできる。

 内山さんは「動物とふれあうことで習性を理解し、命を守っていくことの大切さを学んでほしい。互いに幸せな関係を築いていきたい」と話す。

 アニマルセラピーに詳しい東京農業大の川嶋舟准教授は「愛くるしい表情や動きを見たり、触れたりすると心が満たされる。ただ、人間と関わることで動物がどんな影響を受けるのかを把握する必要がある。ストレスの感じ方も動物によって異なり、きめ細かい配慮が欠かせない」と話す。(西岡矩毅、松永佳伸)

カフェの営業時間と料金
・「ふくろうのいる森カフェ名古屋栄店」(090・1754・2960) 正午〜午後9時(土日祝日は午前11時から)。1時間1300円(飲み物付き)。不定休。

・「ハリーウッド名古屋栄店」(052・212・7880) 平日は午後1〜7時、土日祝日は午前11時〜午後8時。30分980円から。

・「かわうそフレンズ」(090・2776・3136) 正午〜午後8時。1時間1500円(飲み物付き)。水曜定休。

     ◇

 〈動物カフェ〉 営業には動物愛護管理法に基づく第一種動物取扱業者としての登録が義務づけられている。環境省によると、全国の登録件数は2017年4月1日時点で3363件で、10年前の約2倍。犬や猫のほか、フラミンゴ、フクロウ、ハリネズミ、カワウソ、爬虫(はちゅう)類など様々な動物カフェがある。
https://www.asahi.com/articles/ASLC64D4YLC6OIPE014.html

http://archive.is/hCm5j

岐阜 狩猟禁止20市町、戸惑い 豚コレラ拡大の中、全国で解禁【中日新聞2018年11月16日】

出猟を前に打ち合わせをする猟友会員たち=海津市で

 散弾銃やライフル銃を使う狩猟が十五日、全国で始まった。県内は岐阜市の養豚場の豚が感染した家畜伝染病「豚(とん)コレラ」が野生イノシシに広がっていることから、二十市町にまたがるエリアの狩猟が来年三月十五日まで禁止されるという異例のシーズン入りとなった。厳しい状況に直面した猟友会員からは「いつまで豚コレラ騒動が続くのか」という不安の声が聞かれた。

 狩猟は夜明けとともに解禁された。海津市の養老山地には地元の仲間十三人が集まり、猟犬を連れた勢子が中心になってイノシシやシカを追う大物猟を展開。早々とシカ一頭を捕獲して解禁日を盛り上げた。

 一方で狩猟禁止区域は岐阜、関、美濃、本巣市、揖斐川町など広範囲に及び、獣類の銃猟とわな猟のほかキジやカモを狙う平野部の鳥猟も禁止されている。県内で狩猟者登録をする人は例年、県外在住者を含めて約三千五百人いるが、多くが猟場を閉め出された形だ。

 美濃市の小池富男さん(70)は「地形を知らない山だと大物猟はできない。鳥猟専門の人を含め、みんな行く所がなくて困っている」と嘆く。市町によっては禁止区域が細かく分かれており、県には「うちの猟場は入れるのか」という問い合わせもあるという。

 大物猟はグループで行うことが多く、射手の適切な配置など誤射事故を起こさないための安全確保が欠かせない。郡上市猟友会は、禁止区域の人が同市内の慣れない猟場に入ることを想定し、文書で会員に注意を求めた。同市白鳥町の松川哲也さん(37)は「今のところ郡上は猟ができるが、イノシシが移動先で感染することも考えられる。これからが心配だ」と話した。

 出猟をあきらめる人が目立つ中、岐阜市の奥田銃砲火薬店では狩猟用の弾の売れ行きが例年の三割ほどに落ち込んだ。同店は「こんな状態が続けば、猟をやめる人も出てくるのでは」と心配する。

 豚コレラは、有害鳥獣駆除を担う猟友会の活動にも影を落とす。元県猟友会副会長の竹中孝道さん(74)=海津市=は、狩猟禁止区域の獣類が増えて農林業に食害を及ぼす可能性を指摘した上で「感染の恐れがあるイノシシを集中的に駆除する対策も必要ではないか」と話した。

 (中山道雄)

◆県など巡回「法令順守を」
有害鳥獣駆除用のわなが適正に設置されているか確認する県や関市、関署と地元猟友会の会員ら=関市西神野で

写真
 銃やわなを使う狩猟が解禁された十五日、県と各自治体、県警各署と地元猟友会の会員らが合同で、狩猟での法令順守を呼び掛ける県内一斉のパトロールを実施した。

 豚コレラの影響で狩猟禁止区域になった関市西神野の山林では、許可を受けた有害鳥獣駆除や調査捕獲以外に、違法に猟が行われていないか確認した。

 中濃県事務所職員、関市職員、関署員ら六人が、市猟友会の会員二人の案内で、昨年の猟期に猟が行われていた山林を巡回。違法なわながないかどうかを確かめた。

 (鈴木太郎)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20181116/CK2018111602000021.html

禁猟区域に監視の目【読売新聞2018年11月16日】
わなが狩猟目的のものでないかを確認する関署員ら(15日、関市で)=茶山瞭撮影

 岐阜市の養豚場で家畜伝染病の豚とんコレラが発生した問題で、15日解禁の鳥獣全般の猟を、県が20市町にまたがる地域で禁止したことを受け、県警や地元自治体、猟友会などは15日、連携して各地でパトロールを実施し、違反に目を光らせた。

 県警によると、禁止区域では来年3月15日まで銃やわなを使った猟を禁じ、違反した場合は、鳥獣保護法に基づき、6か月以下の懲役または50万円以下の罰金を科される可能性がある。

 禁止区域に指定されている関市の山間部では15日、関署員や地元猟友会の会員ら計8人が、仕掛けられたわなが狩猟目的でないかどうかを確認したり、猟をしている人がいないか調べたりしていた。

 県警生活安全総務課は「例年、狩猟が可能だった地域が今年は禁止区域にされている場合があり、狩猟可能な場所については、必ず行政機関に確認してほしい」と呼び掛けている。

 禁止区域以外の県内の狩猟期間は来年2月15日までで、イノシシとニホンジカは同3月15日まで。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/news/20181116-OYTNT50028.html

https://megalodon.jp/2018-1116-1110-48/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20181116/CK2018111602000021.html
タグ:キジ
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕闇、カモ狙う 加賀・伝統の坂網猟 狩猟解禁【北國新聞2018年11月16日】

坂網を構えてマガモを待つ猟師=15日午後5時10分、加賀市片野町

 狩猟が解禁となった15日、加賀市の片野鴨池周辺で伝統の「坂網猟(さかあみりょう)」が始まった。穏やかな天気となった初日は猟師19人が夕闇に紛れて狩り場に身を潜め、池からマガモが飛び立つ瞬間を狙って坂網を投じた。

 坂網は逆三角形の網を張ったY字型で、長さ約4メートル、重さ約800〜900グラム。江戸期に大聖寺藩が藩士の鍛錬として推奨し、現在は石川県有形民俗文化財となっている。

 大聖寺捕鴨(ほこう)猟区協同組合の39〜83歳のメンバーが坂網を投げ上げ、この日は3羽を捕獲した。坂網猟は来年2月15日まで続き、浜坂加寿夫理事長は「12月に入るとカモに脂が乗って、さらに味が良くなる」と話した。

 狩猟期間中、県内ではカワウやマガモなどの鳥類26種、タヌキやキツネなどの獣類20種が日の出から日没まで狩猟できる。

 県自然環境課によると、今季のクマ捕獲数は11日現在24頭で、上限の126頭まで余裕がある。イノシシとニホンジカは猟期が延長され、2月末まで銃猟、3月末まで箱わな猟が可能となる。

 15日時点の狩猟者登録数は前年同期比88人増の1778人となった。警察官が禁猟区での違法な狩猟や猟銃の不正使用を監視した。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/TR20181116701.htm

カモだ!逃すな 加賀「坂網猟」【中日新聞2018年11月16日】
坂網猟が解禁され、網を構えてカモの飛来を待つ猟師たち=15日夕、石川県加賀市片野町で(泉竜太郎撮影)

 狩猟が解禁された15日、石川県加賀市片野町のラムサール条約登録湿地・片野鴨池周辺で、江戸時代から伝わる県有形民俗文化財のカモ猟「坂網猟」が始まった。

 坂網猟は餌を求めて鴨池を飛び立つカモを高台から狙う。39〜83歳の猟師19人が日没に合わせて鴨池の周囲に潜み、群れが上空を通る瞬間に長さ約3.5メートルのY字形の網を頭上に投げ上げた。初日は3羽を仕留めた。

 大聖寺捕鴨猟区協同組合の浜坂加寿夫理事長(69)は「まずまずのスタート。カモが目に入った瞬間に手に力が入る」と話した。

 坂網猟は空腹時のカモを無傷で捕らえるため臭みがなく、高級食材「坂網鴨」として市内の料理店で提供される。猟期は来年2月15日まで。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/photo/CK2018111602100011.html

http://archive.is/H9SHJ
https://megalodon.jp/2018-1116-1113-33/www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/photo/CK2018111602100011.html
posted by BNJ at 11:09 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊かな生態系を実感 700人がフィールドワーク【タウンニュース2018年11月16日】

 野外活動を通じて環境保全などについて考える「藤沢自然と親しむ会」が3日、大庭の引地川親水公園で開かれた。親子連れなど約700人が参加。子どもらは水棲生物や昆虫を観察したりしながら=写真=、豊かな生態系を実感した。

 同実行委の主催で8回目。当日、参加者らは植物、野鳥、水棲生物などグループごとに分かれ、大学教員など専門家の指導を受けながら野外活動に挑戦。外来生物除去活動の一環として、釣ったアメリカザリガニを唐揚げにして食べるユニークな取り組みも行われた。

 水棲生物グループの「川の生物の水族館をつくろう!」では、希少生物の「アユカケ」を採取するなど、思わぬ発見も。岩田淳実行委員長は「子どもから研究者まで幅広く楽しめるイベントになった。今後さらに有意義な活動に成長させたい」と話した。
https://www.townnews.co.jp/0601/2018/11/16/457972.html

http://archive.is/OIzQf
posted by BNJ at 11:08 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カモ肉、出荷ピーク 八郎潟町、ふるさと納税返礼品にも採用【秋田魁新報2018年11月16日】

カモ肉をさばくパート従業員
 秋田県八郎潟町のカモ肉の出荷がピークを迎えている。同町字川口のマガモ生産組合加工販売所では15日、組合員とパート従業員計6人が、朝から肉をさばく作業に追われた。

 組合では毎年春、大阪の業者からひなを購入。有機栽培をしている大潟村の田んぼで約3カ月間育てた後、組合員が飼育し、秋から冬にかけて「鍋セット」と「薫製」に加工して販売している。

 今年の出荷は先月26日に開始。主にお歳暮向けや家庭用食材として直接販売、発送している。町のふるさと納税の返礼品にも採用されている。

(全文 579 文字 / 残り 344 文字)
https://www.sakigake.jp/news/article/20181116AK0008/

http://archive.is/kUBn7
posted by BNJ at 11:07 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘前のリンゴ畑で「木守り」 収穫への感謝と来年の豊作祈る【弘前経済新聞2018年11月16日】

アップルロード沿いから見られた「木守り」

 青森・弘前の収穫が終わったリンゴ畑で「木守(きも)り」が見られるようになった。

 「木守り」は収穫の最後に一つ残しておくリンゴの果実を指し、収穫の感謝をささげるとともに来年の豊作を畑の神様にささげる風習。「きまもり」とも呼ばれ、津軽地方では「鳥っこさあげるりんご」として野鳥たちへの餌として残している農家もいる。

 津軽地方ではリンゴの収穫が8月に始まり、晩生種は11月下旬まで続く。今年は台風や天候などによる大きな被害は無かったものの、実の表面や葉に黒い斑点ができる「黒星病(くろほしびょう)」がまん延し、農家らは対応に追われた。

 「木守り」に店名が由来しているという「弘前シードル工房kimori(きもり)」(弘前市清水富田、TEL 0172-88-8936)を経営する「百姓堂本舗」の高橋哲史さんは「リンゴ農家が必ずしも『木守り』を残しているわけではないが、ポツンと残ったリンゴを見かけたら、農家が思いを込めて1年間かけて育てたリンゴと思ってもらえればうれしい」と笑顔を見せる。
https://hirosaki.keizai.biz/headline/1118/

http://archive.is/0Ni6A
posted by BNJ at 11:05 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする