2018年11月17日

餌付け、給餌に関する安易な報道について【報道の検証2018年11月17日】

昨今、野生鳥獣への餌付けが様々な問題を引き起こすことが指摘され、自治体も餌付け行為を禁じる条例を制定するなど対処に乗り出しているところであるが、メディアは依然として餌付けに対し肯定的な報道を行っている。
本記事では実例を挙げつつ安易な餌付けに関する報道の問題について取り上げる。

餌付けがもたらす問題
・人間との距離が近づき、人畜共通感染症の蔓延につながる(例、エキノコックス、鳥インフルエンザ、STFS)
・人間との距離が近づき、人的被害や動物の捕殺が生じる(例、ヒグマ)
・人間との距離が近づき、農作物被害を引き起こす(例、イノシシ、ニホンザル)
・人間との距離が近づき、交通事故が増える(例、キタキツネ)
・餌付けにより環境が汚染される(例、ハクチョウへの給餌による水質汚濁)
・餌付けにより生態系が撹乱される(例、コウノトリへのドジョウやアメリカザリガニなど国内外来も含む外来生物の給餌による在来生物の捕食や遺伝子汚染)


餌付けによる弊害についてはさらなる検証が必要な事例もあるが、上記の内容については論を待たないだろう。
以下にわずかではあるが、このような問題を扱った書籍、行政のページを紹介する。

野生動物の餌付け問題 善意が引き起こす? 生態系撹乱・鳥獣害・感染症・生活被害
畠山武道 監修 小島望・高橋満彦 編著 地人書館
野生動物の餌付け問題: 善意が引き起こす? 生態系撹乱・鳥獣害・感染症・生活被害
小島 望 高橋 満彦
地人書館 (2016-08-17)
売り上げランキング: 304,371



クマやサルなど野生動物への餌付け防止について || 野生鳥獣の保護及び管理[環境省]
https://www.env.go.jp/nature/choju/docs/docs3/index.html

番外:野生生物たる水鳥の餌付けについて 環境省 関東地方環境事務所_羽田ミヤコタナゴ生息地保護区「ミヤコタナゴの部屋」
http://kanto.env.go.jp/wildlife/mat/data/m_1_1/bangai.html

安易な餌付けをやめましょう | 北海道環境生活部環境局生物多様性保全課
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/skn/sizenhome/ezukebousi.htm


以下、実際の報道例について、民間事業者による商用の観光餌付け、保護を兼ねた水鳥への観光餌付け、個人による餌付けの3つのタイプに分けて見ていく。
餌付けについて肯定的な報道は全国紙、地方紙ともに非常に多く、今回取り上げるのはごく一部であるが、興味のあるかたは弊ブログ「給餌」のタグからご覧いただきたい。
給餌: BirdNewsJapan http://birdnewsjapan.seesaa.net/tag/%8B%8B%89a


民間事業者による商用の観光餌付け
民間の営利活動を記事にしたもの。観光船での海鳥への餌付けは今も各地で広く行われている。山間部の宿でトビを対象としたものもある。

牛窓で海鳥に餌やり体験クルーズ ホテルリマ−二 新サービス開始【山陽新聞デジタル2018年10月22日】

観賞船で餌をあげよう 高島のウミネコ繁殖シーズン【大分合同新聞2017年5月2日】

料理に温泉 いい宿満喫! 旅館ひさご 筒井康博さん【東日新聞2017年2月4日】


天竜浜名湖鉄道佐久米駅でのユリカモメ給餌については鳥インフルエンザ流行を機に県が自粛を要請、餌付けを行っていた人物や餌付けによる観光振興を行っていた観光協会は苦しい立場に陥った。
このような事業が行われてしまう一因に、メディアによる安易な報道もあるのではないか。

餌付け自粛前
(ひとえきがたり)浜名湖佐久米駅 静岡県、天竜浜名湖鉄道 800羽の白い群れは冬限定【朝日新聞デジタル2015年2月10日】

浜松の「浜名湖佐久米駅」にユリカモメの大群 頭の上に止まるシーンも【浜松経済新聞2016年1月5日】

【鉄学しましょ】カモメの魔術師 木村裕子【東京新聞2016年2月17日】

餌付け自粛後
餌やり自粛呼び掛け ユリカモメ飛来 浜名湖佐久米駅【静岡新聞アットエス2017年1月5日】

ユリカモメ「PRしたいのに」 浜松、鳥インフル対策で“自粛”【静岡新聞アットエス2018年1月17日】

この問題については過去に弊ブログで取り上げている。
天竜浜名湖鉄道浜名湖佐久米駅のユリカモメをめぐる報道について【報道の検証2018年2月3日】


保護を兼ねた水鳥への観光餌付け
ハクチョウ以外ではオシドリが多い。
過密状態での越冬は鳥インフルエンザウイスルの変異や蔓延の可能性が指摘されている。
流行期には予防ため自治体が給餌の自粛を要請することも多いが、従わずに続ける個人、団体もある。
水鳥への給餌と安全な越冬地の提供が保護に貢献してきた歴史もあるが、今後のあり方については報道も含め慎重な対応を望みたい。

「白鳥おじさん」掛け声高らか 阿賀野・瓢湖で餌付け始まる【新潟日報モア2018年10月18日】

鳥インフルエンザ 野鳥死骸陽性 瓢湖、立ち入り禁止 観光地、静まり返り /新潟【毎日新聞2016年12月3日】

犀川白鳥湖 餌やり再開 安曇野のコハクチョウ飛来地【信濃毎日新聞2016年12月15日】

オシドリ冬支度 設楽・寒狭川に飛来【中日新聞2018年10月28日】


個人による餌付け
しばしば美談として扱われる。
このような個人による餌付けは糞害などのトラブルにつながることもあり、安易に称賛するべきではない。
餌台による給餌は観察の良い機会にもなり、海外では越冬期のバードフィーダーによる給餌をイベント化して調査に利用しているが、過去に国内では餌台でのサルモネラ菌感染によると見られるスズメの大量死も起きている。適切な運用、啓発が求められる。

広島原爆孤児「すずめおじさん」の恩返し 83歳、餌やり「罪滅ぼし」【西日本新聞2018年8月3日】

スズメにモテる石垣島のタクシーが話題【沖縄タイムスプラス2017年2月2日】

スズメが肩にひらり、そのまま家族の一員に 深谷の夫婦宅で飛び回る【埼玉新聞2016年1月22日】

逮捕・釈放後にますます「ハト男」蛮行エスカレート! 一日数回エサやり50羽群がる【J-castニュース2017年12月27日】(既報関連ソースあり)

日本野鳥の会 : 餌台(バードフィーダー)の管理について https://www.wbsj.org/activity/conservation/infection/inf-birdfeeder/


以上のように、餌付けが引き起こす問題を軽視した安易な報道が多く見られる一方、餌付けの問題点を指摘する記事もある。

一筆半歩 観光振興とエサやり=本間浩昭 /北海道【毎日新聞2018年2月18日】

野生生物の餌付け 本能奪い自然破壊にも【上毛新聞ニュース2018年1月9日】

島根)大橋川にユリカモメ 専門家「餌やりやめて」【朝日新聞デジタル2018年1月15日】

記者各位の科学リテラシーの向上と、このような啓発記事の充実を強く期待する。

posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 報道の検証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

両脚骨折のコウノトリ死ぬ 徳島・鳴門市で保護【徳島新聞2018年11月17日】

 徳島県は16日、両脚を骨折して治療を受けていたコウノトリの雄1羽が死んだと発表した。

 県によると、コウノトリは10日に鳴門市大麻町の田でうずくまっているのが見つかり、徳島市のとくしま動物園北島建設の森に運ばれた。骨折のほかに内臓損傷、首が上がらないなどの症状があり、餌を食べない状態が続いていた。15日正午すぎに容体が悪化し、同日深夜に死んだ。

 コウノトリは6月に兵庫県豊岡市を巣立ち、10月末に鳴門市に飛来した。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(豊岡市)によると、ふ化から1年以内の幼鳥は弱く、死傷する確率が高い。今年国内で巣立ったり放鳥されたりした34羽のうち、今回のコウノトリを含む4羽が死んだ。

兵庫、島根各県から飛来し、餌をついばむコウノトリ=10月31日、鳴門市大麻町
https://this.kiji.is/436360431382398049?c=39546741839462401

コウノトリ 骨折で保護、衰弱で死ぬ 県発表 /徳島【毎日新聞2018年11月19日】
 県は16日、鳴門市で両脚を骨折した状態で発見された雄のコウノトリが、15日午後11時半ごろ死んだと発表した。死因は複雑骨折や内臓損傷などによる衰弱死。今年6月に兵庫県豊岡市から巣立った個体で、今月10日に鳴門市のレンコン畑で保護され、とくしま動物園北島建設の森(徳島市)で治療を受けていた。

 県によると、コウノトリは15日午後11…
http://mainichi.jp/articles/20181118/ddl/k36/040/284000c

http://archive.is/Bxtv6
http://archive.is/30YTt
コウノトリ1羽、両脚骨折で保護 徳島・鳴門に飛来の雄【徳島新聞2018年11月11日】
posted by BNJ at 21:22 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島・出水平野に「万羽鶴」22年連続、国内最大の越冬地【共同通信2018年11月17日】

鹿児島県出水市の出水平野に飛来したツル=17日午前
 国内最大のツルの越冬地として知られる鹿児島県出水市の出水平野で17日、地元の中学生らが羽数を調査し、1万2634羽を確認した。飛来したツルが1万羽を超す「万羽鶴」は22年連続。朝焼けの空を悠然と飛び交う姿が見られた。

 県ツル保護会によると、ナベヅル1万2530羽、マナヅル89羽、クロヅル10羽などを確認した。出水平野のツルは国の特別天然記念物に指定されている。今季は10月18日にナベヅル2羽が初飛来。来年2月ごろから繁殖地のシベリア方面に戻るという。

 この日は午前6時ごろから、中学生やボランティアら計約100人が双眼鏡やカウンターを使い、ツルを数えた。
https://this.kiji.is/436342558811161697?c=39546741839462401

22季連続「万羽鶴」 越冬地ならではのうれしさと不安【朝日新聞デジタル2018年11月17日】
日の出直後の空へ次々と飛び立つツル=2018年11月17日午前6時55分、鹿児島県出水市荘

 国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で17日、地元の中学生ら約100人による今季2度目の羽数調査があり、1万2634羽と22季連続の「万羽鶴」を記録した。世界の9割が集まるとされるナベヅルが1万2530羽を占め、マナヅル89羽、クロヅル10羽、カナダヅル4羽、ナベクロヅル1羽だった。

 調査に当たった市立鶴荘学園ツルクラブ部長の上間愛翔(まなと)さん(15)は「ツルが集中している所で鳥インフルエンザが発生すると絶滅の恐れも出てくる。万羽鶴の達成はうれしいが不安もある」と話していた。(城戸康秀)
https://www.asahi.com/articles/ASLCK3HB5LCKTLTB004.html

鹿児島・出水平野に「万羽鶴」 朝焼けの空を悠然と【産経ニュース2018年11月17日】
鹿児島県出水市の出水平野に飛来したツル=17日午前

 国内最大のツルの越冬地として知られる鹿児島県出水市の出水平野で17日、地元の中学生らが羽数を調査し、1万2634羽を確認した。飛来したツルが1万羽を超す「万羽鶴」は22年連続。朝焼けの空を悠然と飛び交う姿が見られた。

 県ツル保護会によると、ナベヅル1万2530羽、マナヅル89羽、クロヅル10羽などを確認した。出水平野のツルは国の特別天然記念物に指定されている。今季は10月18日にナベヅル2羽が初飛来。来年2月ごろから繁殖地のシベリア方面に戻るという。


 この日は午前6時ごろから、中学生やボランティアら計約100人が双眼鏡やカウンターを使い、ツルを数えた。参加した市立高尾野中3年の上ノ川翔世さん(14)は「誇りを持って羽数を世界に発信したい」と笑顔を見せた。
https://www.sankei.com/life/news/181117/lif1811170043-n1.html

鹿児島 「万羽ヅル」22季連続 鳥インフルの懸念も【毎日新聞2018年11月18日】
ねぐらである田の上を飛ぶツル=鹿児島県出水市で2018年11月17日午前7時45分、降旗英峰撮影
 国内最大のツル越冬地、鹿児島県出水市の出水平野で17日朝、県ツル保護会による今季2回目のツル羽数調査があり、1万2634羽を確認した。1万羽を超える「万羽ヅル」は22季連続。

 11月3日の初調査では7779羽で、その後も飛来が続いた。調査に参加した市立高尾野中ツルクラブ部長、上ノ川翔世(しょうせい)さん(3年)は「万羽ヅルはうれしいが、集中することで鳥インフルエンザ発生確率も高まる。越冬地を分散することも考えたい」と語った。

 出水平野の過去最高は2015年度の1万7005羽。今季の羽数調査は来年1月までにあと4回ある。約100人態勢で夜明けとともに田から飛び立つツルを計測する。今回確認したツルの種別は、ナベヅル1万2530羽▽マナヅル89羽▽クロヅル10羽▽カナダヅル4羽▽ナベクロヅル1羽−−だった。【降旗英峰】
https://mainichi.jp/articles/20181118/k00/00e/040/197000c

http://archive.is/KMxNd
http://archive.is/Me3ei
http://archive.is/RBgQI
posted by BNJ at 11:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪天候影響?多治見の民家にオオミズナギドリ落下【岐阜新聞2018年11月17日】

保護されたオオミズナギドリ=多治見市平和町、土岐川観察館

 海鳥のオオミズナギドリが、岐阜県多治見市平和町の土岐川観察館に保護された。日本海から太平洋への移動中に悪天候の影響で落下したとみられ、日本野鳥の会岐阜のメンバーは「飛騨や西濃で保護されることは多いが、東濃で保護されるのは珍しい」と話す。16日に愛知県の藤前干潟に放鳥した。

 同館の職員で日本野鳥の会岐阜の富田増男さん(71)によると、保護されたのは全長48センチの成鳥。14日に同市田代町の男性が自宅の庭で発見し、同館に預けた。同日夜に獣医師が診察し、衰弱しているものの放鳥には問題ない健康状態だと分かった。

 オオミズナギドリは地上から飛び立つことが苦手で、サバやイワシなどを食べる。11、12月ごろに海が荒れる日本海から太平洋に移動する。同市内で保護されるのは珍しく、これまで1992年、2012年に保護した記録があるという。

 富田さんは「餌はなかなか食べないが元気でよく動いた。恐らく群れから外れたのだと思う」と話していた。
https://www.gifu-np.co.jp/news/20181117/20181117-91085.html

http://archive.is/EwzI3

街の灯りに迷って落下? 海鳥「オオミズナギドリ」保護相次ぐ/岩手【IBC岩手放送2018年11月12日】
posted by BNJ at 11:19 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東京】見て守ろう 絶滅危惧種 高島平の熱帯環境植物館で展示【東京新聞2018年11月17日】

エサをもらうニホンウナギ=いずれも板橋区で

 ニホンウナギ、ウーパールーパーなど、水辺の希少生物を紹介する「守りたい!助けたい!絶滅危惧種」が二十五日まで、板橋区立熱帯環境植物館(同区高島平)で開かれている。 (宮崎美紀子)

 ウーパールーパーは、メキシコサラマンダーともいい、ペットとして大ブームになったが、野生種はメキシコの環境悪化で絶滅危惧種に。大きくなっても三〇センチ程度のモバウツボ、日本の在来種の魚タナゴといった、生息環境の悪化や乱獲で絶滅のおそれがある生き物が集められた。

エサをもらうウーパールーパー

写真
 毎日午後二時からは絶滅危惧種のエサやりが行われる。大きな体をくねらせ、オキアミを食べるニホンウナギ。ウーパールーパーは視力が弱く、すぐ近くにエサが来るまで無反応。スタッフが差し出したピンセットから直接エサを食べる姿が愛らしい。嫌いな魚だと吐き出してしまうグルメなウラウチフエダイ、おっとりしているがエサを食べる瞬間クワッと口を開くスッポンモドキ。多種多様な“もぐもぐタイム”が見学できる。

 十八日には、横浜・八景島シーパラダイスから、絶滅危惧種のケープペンギンが“出張”し、至近距離で見られるイベントも。

 絶滅危惧種の企画展は同館では初めて。担当者は「集めるのに苦労した。生き物と環境を守ることを考えてほしいが、まずは生き物を好きになってもらいたい」と話している。

 ペンギンイベントは十八日午前十一時半、午後一時半、午後三時の三回。二十三日午後二時半からは、東京や日本の絶滅危惧種についての講演がある。

エサを食べるスッポンモドキ

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018111702000144.html

http://archive.is/bLghC

【東京】全国の美しい野鳥捉えた 八王子で写真展 愛好家ら67点出品【東京新聞2018年11月17日】

全国の野鳥を捉えた写真が並ぶ会場=八王子市で

 八王子市などを拠点に全国の野鳥を撮影している「東京多摩野鳥写真クラブ」の第九回八王子写真展が、市生涯学習センター川口分館ギャラリーフロア(川口町)で開かれている。十八日まで。

 「美しい野鳥たち写真展」と銘打ち、クマタカやオオルリ、ブッポウソウ、サンコウチョウなどをとらえた作品六十七点が並ぶ。市内の野鳥愛好家ら十九人が、北海道から沖縄まで全国各地に出向いて撮影した。雪を背景に鮮やかな野鳥たちを捉えた作品群や、大空を羽ばたいている様子を捉えたものなど、統一したテーマを持って撮影し、出品しているメンバーもいる。

 野鳥のことを知らない人でも理解できるよう、午後六時までは会員が会場にいて案内をする。同クラブ会長の野口光博さん(72)は「美しい野鳥たちの姿を、より多くの人に見てほしい。野鳥たちがすむ山や川などの自然を守ろうという意識も持ってもらえたら」と話している。

 会場は、川口やまゆり館二階。入場無料。十七日は午前九時〜午後九時、十八日は午前九時〜午後四時半。問い合わせは野口さん=電090(3463)4510=へ。 

  (萩原誠)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018111702000139.html

http://archive.is/wbhDv
posted by BNJ at 11:16 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別展 身近なカモ、見て知って 寄居・川の博物館 /埼玉【毎日新聞2018年11月17日】

 カモは代表的な冬の渡り鳥として多くの人に親しまれているが、その全体像はあまり知られていない。県内で見られるカモについて、「見る・知る・獲(と)る・食う」という四つの視点から幅広く紹介する珍しい特別展「カモ・鴨−見・知・獲・食−」が県立川の博物館(寄居町小園)で開かれている。来年1月6日まで。

 同展によると、日本国内で確認されているカモは56種。うち県内では31種が観察され、マガモやカルガモ、コガモ、オナガガモなどがよく見られる。季節による移動をしない留鳥のカルガモを除き、多くは秋に日本に渡ってきて冬を越し、春に北方に…
https://mainichi.jp/articles/20181116/ddl/k11/040/111000c

http://archive.is/3pYb4
posted by BNJ at 11:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かみね動物園に新施設 18日開館 トカゲやウミウ 42種展示 日立【茨城新聞クロスアイ2018年11月17日】

「はちゅウるい館」に展示されるグリーンイグアナ=日立市宮田町
日立市かみね動物園(同市宮田町5丁目)で整備が進められていた爬虫(はちゅう)類の新獣舎「はちゅウるい館」が18日、オープンする。ワニやトカゲ、ヘビ、カメと市の鳥ウミウなど計42種類の生き物が展示される。同園によると、北関東3県で爬虫類の展示施設は初めて。開館に先立って16日、報道陣に内部が公開された。

同園には約10種の爬虫類とウミウが飼育されていたが、獣舎は分散し、老朽化も激しかったことから、同園職員のアイデアを採用し、昨年6月に迎えた開園60周年の記念事業として整備された。

ゾウ舎脇の斜面に建てられ、2階から入って1階に回る構造。世界各地から新たに約30種の爬虫類を加え、吹き抜けの展示コーナーを設けるなど見せ方も工夫。ウミウが水中に潜って餌を取る姿も観察できる。

南米に生息するグリーンイグアナやアラビア半島にいるエボシカメレオン、成長すると体長が2メートルを超す南米のクチヒロカイマン、世界で2番目に大きい陸亀アルダブラゾウガメなどが展示されている。

生江信孝園長は「爬虫類の魅力を多くの人に知ってほしい」と来館を呼び掛けている。

この日は市が実施した旅行雑誌のライターなどを対象とするメディアツアー一行も同館を視察した。

18日は記念式典の後、午前11時から一般公開となる。 (川崎勉)

「はちゅウるい館」に展示されるエボシカメレオン=日立市宮田町※少し明るくしてください。「はちゅウるい館」に展示されるエボシカメレオン=日立市宮田町※少し明るくしてください。
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15423780068984

かみね動物園 「はちゅウるい」見て 新施設、あすオープン 日立 /茨城【毎日新聞2018年11月17日】
 日立市のかみね動物園は16日、18日にオープンする新施設を報道陣に公開した。新施設は爬虫(はちゅう)類と市の鳥「ウミウ」を展示する「はちゅウるい館」。同園は近年35万人前後で推移している年間来場者数を40万人に伸ばす起爆剤にしたい考えだ。

 同館は地上1階、地下1階建てで、延べ床面積は約590平方メートル。開館60周年を記念し、昨年6月に着工した。建設費は約3億6000万円だ。

 展示する爬虫類は39種79点で、従来の4倍になった。南米に生息する体長約1メートルのワニ「クチヒロ…
https://mainichi.jp/articles/20181117/ddl/k08/040/125000c

http://archive.is/OOH2m
http://archive.is/HdlS9