2018年11月20日

分校開設へ準備室/長栄大日本教育センター【宮古毎日新聞2018年11月20日】(サシバ/ツバメ)

セレモニーでは関係者がサシバやツバメが描かれたメダルを掲げ、さらなる交流促進を誓い合った=19日、市役所城辺庁舎

 宮古島への分校開設を目指している台湾の長栄大学(李泳龍学長)の日本教育センター開所式が19日、設置された市役所城辺庁舎で行われた。同センターは、今後の取り組みの拠点となるほか、市と大学側の連携強化を図る窓口としても活用される。式典には市や大学の関係者らが多数参加し、分校開設に向けたさらなる交流促進と連携強化を確認した。



 主催者あいさつで、下地敏彦市長は「国際的な対応力を持つ人材の確保が求められている今、同センターの開所は宮古の未来に大きな意味を持つ。このセンターが大学の交流窓口として、さらには市と台南市の交流拠点として発展するよう大学と一緒に取り組みたい」と述べた。


 同大学の楊四海理事長も「このセンターは本学にとって二つ目の海外施設となる。25周年の節目の年にこうして宮古島にセンターを開設できて本当にうれしい。これから島の人たちとの交流が進むことを期待している」とあいさつした。


 開所記念セレモニーでは、宮國博教育長や県宮古事務所の稲福具実所長、台北駐日経済文化代表処の范振國那覇分処長らが宮古島市の市の鳥であり、台湾では国慶鳥と呼ばれる「サシバ」や幸せの象徴とされる「ツバメ」が描かれたメダル掲げ、さらなる交流促進を誓い合った。


 同センターは城辺庁舎の2階に設置され、大学側の担当者が宮古と台湾を行き来しながら、宮古島分校設立への取り組みに向けた活動などを展開していく。


 セレモニー後の会見で下地市長は「クルーズ船だけでなく、来春には下地島空港も開港する。私たちにはそれに対応する人材が必要であり、長栄大は素晴らしいパートナーになってくれると思う」と話した。


 同大学の李学長も「年間1000人くらいの学生を送りたい。時期的には短期の1カ月程度を予定している。しかし、もっと宮古で学びたいという学生がいれば1年間のインターンシップも考えられる」との見解を示した。


 分校の開設時期については3年後をめどとし、分校設置場所について下地市長は「市の新しい総合庁舎が完成後に、この城辺庁舎を大学の分校にしたい」と述べた。


 長栄大学は台湾南部の台南市にあるキリスト教系の総合大学で、学生数は約1万人。海外に国際協力校があり、沖縄の大学では沖縄キリスト教学院大学と提携している。
http://www.miyakomainichi.com/2018/11/114315/

http://archive.is/yCCoT

posted by BNJ at 20:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久連子鶏13羽「八代里帰り」 肥後ちゃぼ会、熊本市動植物園が6年ぶり地元へ寄贈【熊本日日新聞2018年11月20日】

寄贈された久連子鶏。黒い長い尾羽が特徴=八代市
 県天然記念物の久連子鶏の保存に取り組む肥後ちゃぼ保存会と熊本市動植物園が18日、八代市泉町久連子地区の久連子鶏保存会に久連子鶏13羽を贈った。地元への寄贈は6年ぶり。  久連子鶏は天草大王や肥後ちゃ...​
https://kumanichi.com/kumacole/interest/720327/

http://archive.is/Xv0RU
タグ:久連子鶏
posted by BNJ at 20:31 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥の楽園、山陰・中海 野鳥点描【産経ニュース2018年11月20日】

 鳥取、島根両県にまたがる広大な汽水湖「中海(なかうみ)」は、野鳥たちの宝庫だ。本格的な冬を前に、越冬で飛来したコハクチョウやカモ類が水面に姿を浮かべ、ヨシ原にはオオジュリンなどが潜み、上空をタカの仲間チュウヒが舞う。湿地には獲物を狙うイタチも出没する。鳥取県米子市の中海沿岸で撮影した、コハクチョウなど野鳥を中心とした生き物たちを紹介する。(山根忠幸、写真も)

■ヨシ原にオアシス…冬鳥トラフズク、オオジュリン…イタチ、ヌートリアも

 冬の使者コハクチョウは10月14日、今季初飛来(第1陣)の7羽が、中海の米子水鳥公園(広さ28ヘクタール)で確認された。未明に降り立ったとみられるが、長旅の疲れを癒やす間もなく、災難に見舞われることになった。中海に君臨する留鳥(りゅうちょう)の外来種コブハクチョウ2羽が、公園の池にいたのが不幸の始まりだ。

コブハクチョウ(後ろ)に襲われて逃げ惑うコハクチョウ

 周囲が明るさを増した午前8時20分、1羽のコブハクチョウが、全身をふくらませた威嚇のポースで約500メートル離れた場所からコハクチョウに接近してきた。「これは危ない」と思った瞬間、コブハクチョウは羽根をばたつかせて水面を突進。標的となったのは、群れから離れていた2羽で、逃げ惑うところを執拗(しつよう)に攻撃していた。

 コブハクチョウは、この池を“縄張り”と考えているようで、コハクチョウは許されざる侵入者というわけだ。攻撃は収まらず、30分もたたないうちにすべてのコハクチョウが公園から追い払われてしまった。その後もコハクチョウの群れはやってきて、今は30羽ほどが滞在しているが、コブハクチョウが横暴ぶりをいつ発揮するのかヒヤヒヤだ。

ヨシ原のオアシスに息を潜めていたトラフズク

 同市の中海沿岸は、奈良時代の『出雲国風土記』にも記される「夜見島(よみのしま)」(現在の弓ヶ浜半島)の西側にある。砂浜が広がり、江戸時代は綿の一大産地として栄えた。現在は特産の白ネギの他、ニンジンなどが栽培されているが、耕作が放棄された土地も目立ち、湿地にはヨシ原やガマの群落が点在している。こうした環境が多種多彩な野鳥たちを呼び寄せる。

 ヨシ原の中に「オアシス」と名付けた場所がある。約20本の樹木が並び、ヨシ原に浮かぶ孤島のようにみえる。


 10月16日にここを訪れた。下草をかき分けて林に踏み入ると、木の枝に止まるフクロウの仲間で冬鳥のトラフズクと視線が絡み合った。

 「早いね。もう来たのかい」「眠りを邪魔したかい」。心の中でそう話しかける。これが私の写真撮影のスタイルだ。一瞬であっても野鳥と心を通わせたい。そして写真を撮らせてもらっている。

かわいらしいしぐさのイタチ

 「オアシス」は、イタチの縄張りでもあり、頻繁に出合う。「プー」と名付けたイタチは11月8日、つぶらな瞳で見つめ、農道で腹ばいになって歓迎してくれた。うれしい時のわが家のネコと同じしぐさだ。プーは、外来種のチョウセンイタチだろう。ニホンイタチは、体格が優れたこの種類に追われ、山地の渓流などで、ようやく生き延びているという。

 生き物には“警戒域”がある。例えば、エレベーターに乗り込んだ見知らぬ人同士が、自然と離れた場所に陣取るようなもの。野鳥は、この警戒域が種類によって随分と違う。過去の経験ではオシドリが最も広い。距離約100メートルでも物音を立てたり姿を見せれば逃げ去ってしまう。逆に冬鳥ジョウビタキは数メートルでも平気でいることが多い。個体差もあるが、撮影にはこうした野鳥の種類や生態を知ることが欠かせない。

ヨシ原から顔をのぞかせたオオジュリン

眼光鋭く獲物を狙うチュウヒ
 野鳥にストレスを与えないベストの撮影方法は、超望遠レンズの使用だ。自然なショットをファインダーに収めることができる。ただ、伸びたヨシがじゃまをするヨシ原ではそうもいかないので、ひたすら待機することになる。

 秋から冬に向けてのヨシ原は、野鳥の種類が日替わりだ。そこで連日のように夜明けと同時に訪れ、午前7時を基本に、活発に活動する野鳥たちを観察する。ただ、撮影には光量が足りないことが多く、出直すことも度々ある。


 プーと出合った8日は、冬鳥オオジュリンがヨシ原で群れ騒いでいた。旅の途中で立ち寄ったのか、越冬組の大量飛来だ。この鳥はヨシ原に潜み、姿を垣間見るのがやっとで、撮影チャンスは限られる。そこで早朝に観察した場所で見当を付け、隠れて待機。シャッターチャンスを待つが、効率は非常に悪い。

魚をわしづかみして上空を舞うミサゴ
 ヨシ原の王者で、タカの仲間の冬鳥チュウヒも来ていた。低空で飛んで獲物を探すが、私が目を付けたチュウヒは、このパトロールコースがおおむね一定していた。

カワウソと間違えられることもあるヌートリア
 観察で午前と夕方の各1回、姿を現すことが判明。この場合は狩りの邪魔にならないよう車内で待機して撮影機会をうかがう。車外に出ないのが原則だ。タカの仲間の留鳥ミサゴも、捕獲した大型の魚をつかんで上空を通過する。

 農地の脇を流れる狭い水路には、美しいカワセミがメダカやエビを狙って現れる。カワセミは、川では狩り場などがある程度決まっているので待機も可能だ。しかし水路では大量繁殖したメダカを餌にし、すぐに満腹状態となるため、行動を予測しての発見は極めて難しい。


 カワウソと間違えられる外来種ヌートリアも多い。畑のニンジンなどを食べるので農家の嫌われ者だ。旧日本軍が昭和15(1940)年頃、防寒用の毛皮確保に飼育を勧めた大型のげっ歯類で、戦後は日本各地に生息域が広がり、泳ぎが達者でヨシ原の“住人”と化している。

 中国地方の最高峰で鳥取県の大山(1729メートル)は11月1日、初冠雪を観測したが、ふもとの米子市に初雪が舞うころには、さらに多くの冬鳥たちでにぎわうだろう。

https://www.sankei.com/west/news/181120/wst1811200004-n1.html
https://www.sankei.com/west/news/181120/wst1811200004-n2.html
https://www.sankei.com/west/news/181120/wst1811200004-n3.html
https://www.sankei.com/west/news/181120/wst1811200004-n4.html
posted by BNJ at 20:28 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放鳥トキの死骸確認 富山県などに飛来の5歳雌【新潟日報モア2018年11月20日】

 環境省は20日、2016年9月に佐渡市で放鳥された5歳雌のトキが、富山県黒部市で死んだと発表した。放鳥トキの死骸が確認されたのは21例目。

 同省によると、このトキは3月に石川県珠洲市に飛来して以降、長野県内や富山県内などを移動し、10月からは黒部市で確認されていた。17日に同市の神社の池の縁で住民が死骸を発見し、同市役所に通報した。移送された佐渡自然保護官事務所で解剖し、死因は溺死と判明した。鳥インフルエンザの簡易検査は陰性だった。

 現在、本州で生息が確認されているトキは、今月長岡市に飛来した1羽のみとなった。
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20181120433650.html

黒部のトキ死ぬ 10月飛来【北日本新聞ウェブ2018年11月20日】
 10月下旬に黒部市に飛来したことが確認された国の特別天然記念物のトキが、同市内で死んでいたことが19日分かった。

 市農林整備課によると、17日午前に市民から「トキがねぐらにしていた場所の近くの池で死んでいる」との連絡が市に寄せられた。職員が現地で死体を確認。足輪に記載されていた個体番号を確かめたところ、10月22、23日に市内で目撃され、職員が撮影した個体と同じだった。そばでトンビも死んでいたことから鳥インフルエンザを疑い、県東部家畜保健衛生所に送って簡易検査したが陰性だった。

 トキの死体は環境省佐渡自然保護官事務所(新潟県佐渡市)に送られた。同事務所が20日に死体を解剖し、死因などを調べるという。

 トキは2016年9月に佐渡で放たれた雌で、今年8月下旬に富山市でも確認されていた。

 たびたびトキを見に行っていたという黒部市の主婦(76)は「元気そうに飛んでいたのに、ショックだ」と話した。
http://webun.jp/item/7518250

黒部でトキ溺死 16日まで生存確認【北國新聞2018年11月21日】
 10月に黒部市で確認されたトキが17日に同市内で死んでいたことが分かった。環境省佐渡自然保護官事務所(新潟県佐渡市)によると、佐渡以外で本州に生息する2羽のうちの1羽で、同事務所が20日、死骸を解剖し、死因は溺死だった。

 黒部市農林整備課などによると、17日午前10時半ごろ、市民から市に「トキがねぐらにしている神社の池付近で死んでいる」と連絡があった。職員がトキの足環の色と番号を確認し、10月に市内で目撃された個体と分かった。同事務所によると、16日までは黒部市で生存が確認されていた。

 死んだトキは2016年9月23日に佐渡で放鳥された雌で、今年3月に珠洲市や羽咋市、4月に白山市、8月に富山市で確認されていた。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20181121202.htm

http://archive.is/legwB
http://archive.is/JEWiW

富山)4年ぶりトキ飛来 黒部【朝日新聞デジタル2018年10月24日】
トキ、富山市に飛来 野鳥の会富山の会員が写真撮影【北國新聞2018年8月29日】
posted by BNJ at 20:25 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富士山北麓の生物紹介 御殿場のNPOが冊子【静岡新聞アットエス2018年11月20日】

富士山北麓の生物を紹介する冊子「富士山麓の自然6」=御殿場市
 御殿場市のNPO法人土に還(かえ)る木森づくりの会(小松豊代表理事)はこのほど、富士山北麓の生物を紹介する冊子「富士山麓の自然6」を発刊した。
 同会顧問の蒔苗博道さんが実地調査で確認した植物や昆虫類、鳥類など40種を取り上げた。希少動植物や絶滅危惧種が中心で、確認した場所や時期、特徴や名前の由来を写真付きで紹介している。小松代表理事は「希少動植物が身近にいると知り、環境に関心を持ってほしい」と話している。
 B5判、60ページ。同市、裾野市、小山町の図書館に寄贈した。小中学校にも配布する。御殿場市民交流センター「ふじざくら」と秩父宮記念公園で販売している。問い合わせは小松代表理事<電0550(87)2756>へ。
http://www.at-s.com/news/article/local/east/568042.html

http://archive.is/SLF9w
posted by BNJ at 20:21 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんなの掲示板(20日)催し、巡回車、告知板、ライブ情報【佐賀新聞LiVE2018年11月20日】(日本野鳥の会佐賀県支部「森林公園初心者向けバードウォッチング」)

山田直行作品展〜古希転生〜(25日まで、吉野ヶ里町のギャラリーアートえる)◆浜口和之 日本画展(25日まで、佐賀市天神のぎゃらりぃふじ山)



巡回車(21日)

◆胃がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)

◆子宮がん検診 8時=佐賀市・県健診・検査センター(予約制)▽9時=鳥栖市保健センター(予約制)

◆献血車 10〜16時=鳥栖市・フレスポ鳥栖

※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。



告知板

◆リフォームドクター講習会

 (25日10〜13時、佐賀市鍋島の佐賀大学医学部看護学科1階講義室)佐賀県木材協会主催。佐賀整肢学園こども発達医療センターの高杉紳一郎氏が「転倒予防&ロコモ予防の観点から見た建築」、佐賀大学医学部地域医療科学教育研究センターの松尾清美准教授が「C7〜C8レベル頸髄損傷者の生活環境(福祉機器と住環境)」をテーマに講演する。同協会山口さん、電話0952(23)6181。

◆楽しく歩幸(あるこう)ウォークSAGA11月例会「西与賀探訪ウォーキング」

 (25日9時半、佐賀市西与賀町の西与賀公民館=西与賀小学校北側集合)江藤新平乗船の地や副島種臣ゆかりの地を巡る。10キロの健脚コースと5キロの健康コースがある。事前申し込み不要。雨天実施。参加無料。楽しく歩幸ウォークSAGA重田さん、電話090(9403)1981。

◆上峰がんサロン「とっこら〜と」

 (25日13時半〜15時半、上峰町前牟田13の料理教室「とっこら〜と」)がん患者、家族、がんに関心のあるひとが集まり、お茶と手作りスイーツを楽しむ。療養上の不安や生活の悩みなどについて専門職が相談に応じる。初参加も歓迎。参加無料。馬場さん、電話090(5023)8587。

◆日本野鳥の会佐賀県支部「森林公園初心者向けバードウォッチング」

 (25日9時、佐賀市久保田町の県立森林公園北駐車場集合)身近な公園で冬を過ごす鳥たちを観察する。経験豊富な日本野鳥の会佐賀県支部リーダーが鳥の見つけ方や見分け方を説明する。資料代と保険料で100円。宮原さん、電話090(2507)7085。



LIVE

◆ジャズコンサート@浪漫座

 (23日19時〜、佐賀市柳町の浪漫座)東京都出身のギタリスト阿部大輔さん、ベーシストの津川久里子さんによるデュオアルバム「アナザー・ジャーニー」の発売を記念したコンサート。2人はニューヨーク在住。チケットは2500円(ワンドリンク付)。浪漫座、電話0952(24)4883。

◆虹のコンサート「青蜻f晴・テノールの調べ」

 (25日14時、唐津市東唐津の「虹の松原ホテル」)福岡県出身、国立音楽大卒で国内外で活動するテノール歌手による「グラナダ」「カタリ」「寂しいカシの木」「ロマンチストの豚」「合唱組曲『唐津』終章『唐津市歌』」など。ピアノは藤本史子。一般1500円、高校生以下500円。唐津室内楽協会主催。電話0955(74)4570。
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/304311

http://archive.is/5uZtg
タグ:探鳥会
posted by BNJ at 11:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光のハクチョウ町に舞い降りる 邑楽町【上毛新聞2018年11月20日】

 群馬県邑楽町制施行50周年を記念した「光のページェント」が17日夜、町シンボルタワーとその周辺で始まった。6万個の発光ダイオードがタワーを青で彩り、近くの公園内には町のシンボル、ハクチョウが輝きを放つ=写真。来年1月27日まで。

 午後5〜9時。会期中は展望台からも楽しめる。入場料100円(月、火曜休み)。問い合わせは町商工振興課(電話0276・47・5026)へ。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/93730

http://archive.is/do4GP
posted by BNJ at 11:01 | Comment(0) | 鳥類一般ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする