2018年11月29日

アクアス ペンギン館の水門開放式 屋外プール次々移動【山陰中央新報2018年11月29日】

屋外プールに移動したオウサマペンギン
 冬の訪れを前に、島根県浜田、江津両市にまたがる水族館アクアスで29日、ペンギン館の屋内外のプールをつなぐ水門の開放式があった。ペンギンたちが屋外プールに移動し、来館者に愛らしい姿を見せた。
 同館では、フンボルト、キタイワトビ、オウサマ、ジェンツーの4種類の計68羽のペンギンを飼育している。このうち通年屋外プールで展示するフンボルトペンギンを除き、暑さに弱い3種類のペンギンは冬場以外、冷房設備のある屋内プールにとどめている。

 鉄製で重さ約600キロの水門を飼育員が手動で開けると、ジェンツーペンギンなどが次々に移動。プールの水面から勢いよく姿を現すと、来館者が歓声を上げ、間近で見る歩く姿をスマートフォンで撮影していた。

 祖父と訪れた保育園児の力武利愛(りあ)ちゃん(5)=広島市西区=は「いろんなペンギンがたくさんいて楽しかった。水面から出てきてかわいかった」と笑顔を見せた。

 水門は、来年4月上旬まで開放する。12月1日から来年3月31日までの土日曜日と祝日、冬休みと春休み期間中には、恒例の「ペンギンパレード」を午後0時半から行う。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1543479908617/index.html

http://archive.is/Iyov4

追跡 雲南・西小、コウノトリ生態を劇・歌で発表 学習成果、地域に還元 3年連続ひな誕生期待 /島根【毎日新聞2018年11月29日】

コウノトリの姿で生態を紹介する3年生=島根県雲南市の西小学校で、山田英之撮影
 雲南市大東町の市立西小学校の児童たちが、国の特別天然記念物・コウノトリから学んだ成果を保護者や地元の人たちに伝えることで地域に還元している。先頭に立ってコウノトリを見守り、巣作りを応援する児童の熱意が大人の心にも響き、来春の3年連続ひな誕生への期待が高まっている。【山田英之】

 「親鳥は雨が降ると翼を広げて、ひながぬれないように守り、夏の強い日差しからも守ります」。西小体育館で今月17日に開かれた学習発表会。3年生はコウノトリの姿になり、巣作りやひなの誕生、巣立ち、餌の取り方を劇と歌で表現した。他の鳥と間違えないように体の特徴をクイズ形式で出題。求愛や威嚇のためにくちばしを打ち鳴らすクラッタリングを実演するなど、専門的な内容を含…
https://mainichi.jp/articles/20181129/ddl/k32/040/395000c

http://archive.is/kgsbL
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 21:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウノトリ活写 兵庫・豊岡で愛好家ら写真展【産経ニュース2018年11月29日】

「求愛」(田中照晃さん撮影)
 写真愛好家でつくる「但馬ネイチャーフォトクラブ」によるコウノトリの写真展が、兵庫県豊岡市祥雲寺の市立コウノトリ文化館(県立コウノトリの郷公園内)で開かれている。四季折々の自然の中で生きる情景をとらえた作品がそろい、コウノトリが見せた瞬間の“美”を伝えている。

 同クラブ会員が長期間、コウノトリを追い続け、撮影に成功した自信作計13点を展示。仲むつまじいつがいや巣塔での子育ての様子、満開の桜の前に立つ姿、夕日を背景に浮かびあがる2羽のシルエット−など、一瞬を切り取った秀作が同館を訪れる人たちを魅了している。
https://www.sankei.com/west/news/181129/wst1811290012-n1.html

四季折々のコウノトリ活写 愛好家が写真展 豊岡【神戸新聞NEXT2018年11月18日】
四季折々のコウノトリの姿を楽しむ見学者たち=市立コウノトリ文化館
 但馬地域の写真愛好家たちでつくる「但馬ネイチャーフォトクラブ」による、コウノトリを扱った写真展が、兵庫県豊岡市祥雲寺の市立コウノトリ文化館で開かれている。四季折々のコウノトリの姿を切り取った力作13点を披露している。12月14日まで。

 同クラブは1985年に発足し、会員は19人。毎月の例会や撮影会、写真展などを通じ、地元の自然をテーマに腕を磨いている。

 同館での展示は昨年に続き2回目。会員からコウノトリを題材にした作品を募り、13人がここ数年で撮影した自信作を持ち寄った。人工巣塔での子育てや仲むつまじいペアの様子を、桜や夕日などの情景とともに、季節感たっぷりに写している。

 同会の田中照晃会長(79)は、「求愛や子育てなど、特定の季節しか見られない風景や、珍しい生態を捉えている。自然の中でのいろんな姿を知ってもらいたい」とPRする。

 午前9時〜午後5時(最終日は午後3時まで)。無料。同館TEL0796・23・7750

(阿部江利)
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201811/0011829375.shtml

http://archive.is/G4wDo
http://archive.is/rd0u1
posted by BNJ at 20:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鷹狩り、見よ!迫力の一瞬 天童・松原さんが実演会【山形新聞2018年11月29日】

鷹狩りを実演する松原英俊さん=天童市田麦野
 大型猛禽(もうきん)類で実猟する鷹匠(たかじょう)松原英俊さん(68)=天童市田麦野=による狩りの実演会が26日、同市の高原の里交流施設・ぽんぽこ(工藤仁館長)で開かれた。

 松原さんは両翼2メートルに及ぶイヌワシとソウゲンワシのハイブリッド種「ヒース号」による勇壮な狩りを実演。見学者は鷹匠の腕から放たれたワシが地面すれすれに滑空、瞬時に獲物を捕らえるさまを目の当たりにし、自然界における弱肉強食の厳しさを垣間見た。

 講演もあり、松原さんは動物たちとのエピソードをユーモアたっぷりに話した。田麦野地域づくり委員会が主催し、41人が参加した。
http://yamagata-np.jp/news/201811/29/kj_2018112900583.php

http://archive.is/LQCOS
posted by BNJ at 20:55 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

韓国のコウノトリ飛来 長崎・五島 絶滅後、国内で初【西日本新聞2018年11月29日】

韓国から飛来したコウノトリ=28日正午ごろ、長崎県五島市

 長崎県五島市岐宿町の田んぼに国の特別天然記念物、コウノトリ1羽が飛来している。コウノトリの保護増殖に取り組む「兵庫県立コウノトリの郷公園」は、脚の標識から韓国から飛来した2013年生まれの雄と確認。韓国で生まれたコウノトリの生息が日本で確認されたのは、国内で野生種が絶滅した1971年以降初めてという。

 コウノトリは日本と大陸を行き来する渡り鳥で、2015年11月、鹿児島県で韓国のコウノトリの死骸が見つかったことがある。同公園の特別協力員を務める五島市の上田浩一さん(49)は「韓国との友好の懸け橋に期待できる。みんなで温かく見守りたいですね」と話した。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/469153/

韓国からコウノトリ、初撮影 長崎・五島、雄1羽【共同通信2018年11月22日】
長崎県五島市で撮影された、韓国から飛来した雄のコウノトリ=19日(吉田竜成さん撮影)
 兵庫県立コウノトリの郷公園は22日、長崎県五島市で19日午後、韓国から飛来した雄のコウノトリ1羽が農耕地を歩いているのを地元の男性が撮影したと発表した。同公園によると、韓国で生まれた生きたコウノトリが日本で確認されたのは、国内で野生種が絶滅した1971年以降初めて。

 撮影したのは五島市の吉田竜成さん。韓国でも同時期に絶滅したコウノトリの繁殖活動をしており、今回は個体を識別する足輪で判明した。

 元々は日本と大陸を行き来する渡り鳥で、2015年11月、鹿児島県の沖永良部空港の滑走路で韓国のコウノトリの死骸が見つかったことがある。
https://this.kiji.is/438295300661970017?c=39546741839462401

http://archive.is/iIg3I
http://archive.is/CdbOo
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井)コウノトリ保護の発表 小浜・国富小が環境大臣賞【朝日新聞デジタル2018年11月29日】

受賞の報告会を終え、記念撮影する6年生の児童ら=2018年11月28日、福井県小浜市次吉の市立国富小学校

 福井県小浜市立国富小学校が取り組んできたコウノトリ保護の一連の活動が、第53回全国野生生物保護実績発表大会(環境省など主催)で、最高賞となる「環境大臣賞」を受賞した。28日に学校の体育館で、受賞の報告会が開かれた。

 大会は野生生物の調査、保護活動で得た経験を発表し、野生生物の保護への関心を深めてもらうため、1966年から毎年開かれている。今年の大会は26日に東京で開かれ、国富小は6年生13人が「コウノトリが舞うふるさと国富をめざして」と題して、スライドを使って発表した。

 国富地区は、野生のコウノトリの国内最後の繁殖地として知られる。64年に最後のコウノトリが生まれたのをきっかけに地域ぐるみの保護活動が動きだした。2011年には「コウノトリの郷づくり推進会」(コウの会)が発足した。

 国富小では13年4月、3年ぶ…
https://www.asahi.com/articles/ASLCX52ZNLCXPGJB00B.html

http://archive.is/lo3dO
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:36 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野鳥の絵を楽しく描こう グリーンライブセンターで教室【タウンニュース2018年11月29日】

 多摩市立グリーンライブセンターで12月15日(土)、午後1時から3時30分まで、大人向け野鳥絵教室「冬の野鳥観察とエナガを描いてみよう!」が開催される。

 同教室の講師を務めるのは、日本で唯一の野鳥図鑑画家・谷口高司氏。当日は、野鳥観察での鳥の見分け方と楽しみ方を教わり、誰でも楽しく水彩色鉛筆を使って鳥を描けるタマゴ式の手法で絵を描くことで、より身近な野鳥の姿を詳しく知ることができる。

 対象は、中学生以上。定員は20人。参加費は1600円(スペシャル缶バッチのお土産、画材使用料含む)。当日は、持っていれば双眼鏡、筆記用具を持参のこと。

 申込み・問い合わせは同センター【電話】042・375・8716へ。
https://www.townnews.co.jp/0306/2018/11/29/459381.html

http://archive.is/wq7ts
タグ:エナガ
posted by BNJ at 09:34 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【探鳥】コウノトリ(鸛) 秋空に仲良く飛ぶ【東京新聞2018年11月29日】

コウノトリ(鸛) 秋空に仲良く飛ぶ

 群馬県館林市の農耕地で10月下旬、仲良く飛ぶ2羽のコウノトリ。千葉県野田市で放鳥された雌の「きらら」=写真(上)=と雄の「きずな」だ。ゆっくりと円を描きながら上昇した。下から見上げるとツルと見間違うほど美しい。ほほ笑ましい光景に感動した。

 野田市のサイトのコウノトリ放鳥情報では、2羽は今月、館林市と栃木県小山、栃木両市付近に多く滞在。25日には千葉県柏市と茨城県取手市付近に移動。恋に期待したい。 (写真と文・堀内洋助)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyoguide/amuse/bird/CK2018112902000170.html

http://archive.is/n5PnU
タグ:コウノトリ
posted by BNJ at 09:33 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛らしい仲間お披露目 桐生が岡動物園にペンギン2羽【上毛新聞2018年11月29日】

桐生が岡動物園に入園した2羽のペンギン
 群馬県桐生市の桐生が岡動物園(斎藤隆浩園長)は29日から、新たに入園したフンボルトペンギン2羽を公開する。以前から公開している3羽に加え、計5羽のかわいらしい姿をペンギン舎で見ることができる。

 2羽は高岡古城公園動物園(富山県高岡市)から来た雌の英(エイ)(6歳)と輪(リン)(同)。英は借り受けて、輪は桐生が岡動物園のヒツジと交換する形で、仲間入りした。
https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/95724

【群馬】 ペンギン2羽「よろしくね」 桐生が岡動物園で公開はじまる【東京新聞2018年12月3日】
桐生が岡動物園に仲間入りしたペンギンの英(左)と輪=桐生市で(同園提供)

 桐生市の桐生が岡動物園(宮本町)はフンボルトペンギンの雌二羽を新たに受け入れて公開を始めた。富山県の高岡市高岡古城公園動物園からの仲間入りで、計五羽を飼育することになった。

 桐生が岡動物園では既に雄二羽、雌一羽を飼育。今回の受け入れで、繁殖に取り組む。新たな雌の名前は「英(えい)」と「輪(りん)」で、環境の変化や、先住のペンギンたちにも慣れ、愛らしい姿を見せている。

 野生のフンボルトペンギンは寒流系のフンボルト海流(ペルー海流)が流れる南米ペルーからチリ北部の沿岸部で生息している。入園無料。開園時間は午前九時から午後四時半。休園日なし。 (池田知之)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/list/201812/CK2018120302000140.html

ペンギン2羽 仲間入り…桐生が岡動物園【読売新聞2018年12月18日】
富山からお引っ越し

 桐生が岡動物園(桐生市宮本町)に、雌ペンギン2羽=写真=が仲間入りした。園のペンギンは先輩の3羽(雄2羽、雌1羽)と合わせて5羽に増え、日なたぼっこしたり、泳ぎ回ったりする姿が来園者を楽しませている。

 2羽は6歳の英エイと輪リンで、高岡古城公園動物園(富山県高岡市)から11月10日にやってきた。約20羽の大所帯だった高岡に比べて仲間が減ったことも影響して当初は食欲がなかったが、少しずつ環境に慣れて、餌のアジを元気に食べるようになったという。2羽の公開は同29日から始まっている。

 問い合わせは、同動物園(0277・22・4442)へ。
https://www.yomiuri.co.jp/local/gunma/news/20181218-OYTNT50034.html

http://archive.is/BddEW
http://archive.is/JrL3Z
http://archive.is/xGfeA

絶滅危惧種コサギ、市街地で営巣 福井城址、住民から苦情なし【福井新聞ONLINE2018年11月29日】

福井城址に飛来しているコサギの群れ。別種のサギも混じっている=福井県福井市大手3丁目

 福井県福井市の福井城址に毎年シラサギが飛来し、集団で営巣している。例年の光景だが、集団の中に県域絶滅危惧2類のコサギが多くいることが分かった。サギは住宅地の近くに住み着き、ふん害や騒音のため追い払われることもある厄介者だが、住宅地と堀で隔てられているためか、特に周辺住民から苦情は寄せられておらず、「安住の地」となっているようだ。近くで十分な餌が取れるという周辺の自然環境の良さもある。

 シラサギは白いサギの総称で、コサギもその一つ。全長約60センチで、足の指が黄色いのが特徴。県レッドデータブックでは出現率が急激に低下しているとして、絶滅の危険が増大している2類に指定されている。外来魚の分布拡大により、餌となる小魚が減少したことが原因だという報告がある。東京都の一部、千葉、栃木両県でも2類、新潟、長野県では準絶滅危惧種に指定されている。

 福井県自然環境課や財産活用推進課によると、福井城址には特に春から夏にかけて多く飛来するが、ふん害や騒音といった苦情は入っていない。県職員が日々行き交うため、「カラスなど外敵に襲われにくいというメリットもあるのでは」(県自然環境課)と推察する。市自然史博物館の出口翔大学芸員は「近くの足羽川で餌を取っているのだろう。水質がきれいで餌が豊富な証拠だ」と話す。

 県はコウノトリのすみよい環境整備に取り組んでいる。同課の担当者は「田園でサギが多く見られるのであれば、うまく自然再生が進んでいるバロメーターになるのだが…」。城址は市街地のど真ん中で、人に迷惑を掛ける可能性もあり複雑な表情。一方で「今のところほどよく人と共存しているのでは」と現状を見守っている。
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/748843

http://archive.is/5pK6V
posted by BNJ at 00:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする