2018年12月16日

アオサギやマガモ…冬の野鳥観察【中国新聞アルファ2018年12月16日】

冬鳥の観察を楽しむ参加者

 三次市吉舎町知和の灰塚ダム知和ウェットランドで15日、冬鳥観察会があった。市民たち17人が参加し、野鳥観察を楽しんだ。
(ここまで 60文字/記事全文 356文字)
https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=489691&comment_sub_id=0&category_id=110

http://archive.is/M7Emm

posted by BNJ at 22:03 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

羽ばたき目前に 出雲でトキ一般公開始まる【山陰中央新報2018年12月16日】

公開スペースからトキを見学する市民ら=出雲市西新町2丁目、出雲市トキ分散飼育センター公開施設
 国の特別天然記念物トキの試験的な一般公開が15日、出雲市トキ分散飼育センター(島根県出雲市西新町2丁目)に設けた新施設で始まった。西日本では唯一の公開施設で、午前10時の開館とともに待ちわびた市民が詰めかけ、カメラに収めるなどしてトキの姿を観察した。
 公開に先立つ式典で長岡秀人市長は「いずれトキが出雲の空を飛び交う日を待ちながら、公開がトキと共生できる自然環境を守っていくきっかけになればいい」とあいさつした。

 公開しているトキは佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から移送された雄2羽と出雲市トキ分散飼育センターで飼育する2羽の計4羽。来場した市民は、飼育を担当する市農業振興課の梶谷房生課長補佐の説明を受けながら、設置してある双眼鏡をのぞき込んだり、時折、羽ばたいてトキ色と呼ばれる薄い朱紅色の羽を見せると、すかさずシャッターを切ったりした。

 米子市西福原9丁目の会社員、田中紀明さん(49)は「思っていたよりも大きく、色がきれい。本物はやはり違う」と話した。

 公開は28日までで、時間は午前10時〜午後3時。来年2月末まで4羽の愛称を募集している。繁殖期を経て、来年7月1日からの本格公開を予定する。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1544924710124/

西日本唯一 トキの一般公開施設オープン【日テレNEWS24 2018年12月17日】
出雲市に国の特別天然記念物トキの見学施設が15日オープンした。トキの野生復帰や生態などについて理解を深めてもらおうと約6400万円かけて出雲市が建設。こちらの施設では4歳から13歳までのオスのトキ4羽が公開される。トキを観察できる施設は、国内4か所目で西日本では唯一となる。公開初日の15日は、めったに見ることのできないトキを見ようと、県内外から大勢の人が訪れた。この一般公開は12月28日までの試験的なもので、出雲市では繁殖期が終わった来年7月から再び公開する予定だ。
http://www.news24.jp/nnn/news1637905.html

http://archive.is/F7KlR
http://archive.is/1X7H4

カモ猟中に散弾銃誤射し男性軽傷 茨城【産経ニュース2018年12月16日】

 16日午前9時ごろ、茨城県笠間市福原の山林で、カモ猟をしていた同県桜川市の無職の男性(70)の右太ももに、狩猟仲間で、東京都新宿区の飲食業の男性(46)が撃った散弾銃の弾が当たった。軽傷で命に別条はない。県警笠間署は誤射とみて、詳しい状況を調べている。

 署によると、飲食業の男性がカモに向かって撃った数発のうち、少なくとも2発が無職の男性に当たった。発砲した当時、2人は50メートルほど離れていた。

 2人は同日午前7時ごろから、ほかの仲間3人とカモを撃ちに来ていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/181216/afr1812160016-n1.html
posted by BNJ at 21:58 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

利尻の自然や暮らし、季節ごとに 初の「島暦」無料配布【北海道新聞2018年12月16日】

利尻島の年間を通じた暮らしや自然が一覧できるフェノロジーカレンダー「利尻の島暦」
 【利尻富士】町は、島の四季に応じた生活や自然の移り変わりが一覧できるフェノロジーカレンダー「利尻の島暦(ごよみ)」を町役場で無料配布している。裏面は「文化遺産マップ」として本泊地区を中心に残る遺構とその地にあるゆえんなどをまとめ、自然だけではない歴史や文化などの島の魅力をPRしている。

 フェノロジーカレンダーとは「季節暦」のこと。作製には利尻、利尻富士両町の町民のほか、北海道教育大函館校の学生と准教授計12人が協力。旧本泊小に約1週間滞在し、町民から昔の暮らしや当時の遊び、郷土料理などを聞き取って、昨年3月に完成させた。

 カレンダーは、自然と人の営みを季節ごとにまとめた。2カ月ごとの利尻山の写真を並べ、リシリヒナゲシやノイチゴなどの花の開花時期をまとめ、タラノメやワラビなどの山菜には食べ方も書き添えた。「人の暮らし」では祭りや漬物づくり、山菜採りの時期を記し、「海の幸」にはウニやコンブ、ホッケなどの漁の時期を沿岸から沖まで場所ごとにまとめた。クマゲラなどの留鳥と夏鳥、冬鳥の観察時期も示した。

残り:275文字/全文:728文字
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/258378/

http://archive.is/sUzqz
タグ:クマゲラ
posted by BNJ at 10:04 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペンギン散歩に歓声 おたる水族館が冬季営業スタート【北海道新聞2018年12月16日】

愛らしいしぐさを見せながら、雪の上を散歩するジェンツーペンギン
 【小樽】おたる水族館(小樽市祝津3)の冬季営業が15日、始まった。初日から多くの家族連れが訪れ、ペンギンの雪中散歩やアザラシのお食事タイム、オタリアとイルカのショーなどを楽しんだ。

 雪中散歩には、6月にふ化した「へい」と「せい」の雄2羽を含む12羽のジェンツーペンギンが登場。1周約70メートルのコースを15分ほどかけて3周した。

 観客は愛らしいしぐさをカメラやスマートフォンで撮影し「かわいい」などと歓声を上げた。札幌市西区の会社員岸田郁美さん(34)は「走ったり、腹ばいで休んだり、いろんな様子が見られてよかった」と笑顔で話した。

 冬季営業は来年2月24日までで無休。午前10時〜午後4時(入館は3時半まで)。入場料は高校生以上千円、小中学生400円、3歳以上の未就学児は200円。(谷本雄也)
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/258375/

http://archive.is/itXjD