2019年01月29日

乳製品・鶏卵、EUへ輸出解禁 2月のEPA発効前に【朝日新聞デジタル2019年1月29日】

 日本から欧州連合(EU)への乳製品と鶏卵の輸出が解禁されることが28日、わかった。両品目はEUから日本への輸出はできるが、日本からEUへの輸出は検疫上の理由から認められていなかった。2月1日の経済連携協定(EPA)の発効で関税が撤廃されるのを機に、EUが基準を見直す。

 現在のEUの検疫基準では、日本からは牛肉以外の畜産物の輸出は認められていない。一方、日本はEUからの輸入を認めており、2017年はEUから豚肉が1760億円、チーズやヨーグルトなどの酪農品が667億円分輸入されている。

 EPA発効後、日本からEUに輸出するほぼすべての畜産物の関税が撤廃される。農水省は豚肉、鶏肉、鶏卵、乳製品の4品目について輸出を解禁するようEU側と交渉を進め、発効までに結論を出すよう求めてきた。関係者によると、EU加盟国は25日、日本の乳製品と鶏卵の輸入解禁を内定した。近く発表する。

 鶏卵や乳製品の国内生産農家は、農水省や厚生労働省から、加工施設などがEUの衛生基準を満たすと認定を受ければ輸出できるようになる。ただ、当面はカステラなどの菓子やデザートチーズなど、卵や乳の含有量が少なく、施設の認定が不要な製品に限って輸出される見通しだ。

 一方、豚肉と鶏肉は今回、輸出解禁が見送られた。昨年以降、豚コレラや鳥インフルエンザが日本国内で発生していることが理由だ。(大日向寛文)
https://www.asahi.com/articles/ASM1X6J2NM1XULFA02Z.html

EU、日本産乳製品の輸入解禁へ 豚・鶏肉は見送り【産経ニュース2019年1月29日】
 吉川貴盛農林水産相は29日の閣議後の記者会見で、欧州連合(EU)が日本産の乳製品や卵の輸入を解禁することを決めたと明らかにした。今後1カ月程度かかると見込まれるEUの事務手続きを経て解禁される。一方、豚肉や鶏肉は日本での豚コレラや鳥インフルエンザの発生を理由に解禁が見送られた。

 農相によると、EUで25日に解禁の是非を問う投票が実施され、輸入を認めるリストに日本産の乳製品や卵を掲載することが認められた。ただ、輸出するには日本で活用する施設が衛生面などの基準を満たしていることが条件になる。


 農相は解禁が認められなかった豚肉や鶏肉に関し「引き続き協議をしている」と説明した。

 EUは2013年に、日本産牛肉の輸入を解禁している。
https://www.sankei.com/economy/news/190129/ecn1901290032-n1.html

http://archive.is/GgXPv
http://archive.is/BNAIn

posted by BNJ at 21:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

2019年1月28日の鳥類ニュース

タンチョウの越冬分布調査 今冬2回目 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/CMTW1901280100001.html
http://archive.is/QwFZO

オウサマペンギンのヒナ 「大きすぎる」と話題に 仙台うみの杜水族館 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190128/k00/00m/040/281000c
http://archive.is/0mZyT

インフルの流行予測に期待 空中から鳥のDNAの採取方法を発見 掛川西高校自然科学部 高校生新聞
http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/4841
http://archive.is/ieIyj

石川 のぞこう カモの日常 田鶴浜で観察会 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190128/CK2019012802000036.html
https://megalodon.jp/2019-0128-1043-10/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190128/CK2019012802000036.html

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町 中京テレビNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010004-sp_ctv-l23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010004-sp_ctv-l23&p=2
http://archive.is/yPQW1
http://archive.is/reuNO

ナベヅル飛来地、友達の輪 愛媛の児童が八代盆地訪れ交流 山口新聞
https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2019/0128/3p.html
http://archive.is/Ldd4f

奈半利町に「ダチョウの楽園」 6羽飼育 エミュー、ヤギも 高知新聞
https://www.kochinews.co.jp/article/249459/
http://archive.is/lOwkC

世界初のDMV運行へ、車両に龍馬 めざす「海岸維新」 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM1X5GFFM1XPUTB00M.html
http://archive.is/lbuTz

対馬にツルの群れ、3月末頃まで北帰行 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20190128-OYS1T50045.html
http://archive.is/0tHTq

評・三中信宏(進化生物学者) 『謎のカラスを追う』 中村純夫著 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/life/book/review/20190121-OYT8T50044.html
http://archive.is/MbMGj

150羽のトキが繁殖に成功=広州 中国国際放送局
http://japanese.cri.cn/20190128/5caf7409-75e2-5f53-b5fa-104a86b5498a.html#0-twi-1-30931-7250227817ecdff034dc9540e6c76667
http://archive.is/i68ih




posted by BNJ at 23:04 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町【中京テレビNEWS2019年1月28日】

無数の鳥の姿、恐怖も感じるほど
 視聴者から、無数の鳥の姿が写る映像が寄せられました。撮影されたのは愛知県内の市街地。この無数の鳥たちは、毎日夕方になると押し寄せるといいます。

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
動画撮影者「鳥たちが集まってくるワケを知りたい」
 取材班は、愛知県豊山町在住の、動画を撮影した人のもとへ向かいました。

「もう2か月ぐらい前ですね。(鳥の大群に)気づいたのは。(空が)真っ暗になるぐらい飛び回っているので、ちょっと恐怖も感じます」(動画を撮影した 鈴木さん)


 1週間ほど前に撮影したという、無数の鳥。鈴木さんの勤務先の周辺に、ほぼ毎日午後5時過ぎにやってくるといいます。

「どんな鳥で何のために来て、どこから来てどこへ帰るのか。それも分からなくて知りたくて」(動画を撮影した 鈴木さん)

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
愛知県豊山町「名古屋市中央卸売市場 北部市場」周辺の現場
無数の鳥の大群、その正体は?
「ちょうど左から右に電線がありますが、あの一帯全部です」(動画を撮影した 鈴木さん)

 現場は、名古屋の台所・愛知県豊山町にある「名古屋市中央卸売市場 北部市場」の周辺だといいます。

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
電線は、あっという間に大量の鳥で埋め尽くされる
 時間は午後4時50分ごろ、鳥の姿はまだありません。ですが、地面のあちらこちらに鳥のふんが。さらに、駐車中の車にも。

「車がものすごい鳥のふんで汚れちゃって、毎日取っても次の日汚れちゃうので、本当にもう迷惑しています」(この市場の近くの会社に勤める女性)

 午後5時20分ごろ。日が落ちかけようとしたその時、空一面を覆い尽くすほどの無数の鳥が現れました。そして、電線はあっという間に大量の鳥で埋め尽くされてしまいました。

「これは、ムクドリですね。1000羽を超していますね」(日本野鳥の会 愛知県支部 村上修さん)

 ムクドリは、体長約24センチ、日本のほぼ全土に分布する鳥で、繁殖能力が非常に高いのが特徴。いったん電線に止まったムクドリたちは、木の枝へと場所を変えていきました。

「朝までギャーギャー言って、日の出を見て一斉に上がるんですよ」(近隣住民)

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
日本野鳥の会 愛知県支部 村上修さん
 夕方、突如群れでやってきて木に止まったまま朝まで過ごすというムクドリ。なぜ、このような行動を取るのでしょうか?

「昼間は活動をしていますが、夜は集団に集まってねぐらにくるんですね」(日本野鳥の会 愛知県支部 村上修さん)

 ムクドリは、繁殖期が終わった秋から冬にかけてこのような大きな群れになり、夜になると天敵であるタカなどから身を守るといいます。

 今回、ムクドリの大群がねぐらにしていたのは、北部市場の敷地内にある木。

「ここは、たぶん常夜灯で明るいんだと思います。ちょっと明るくて、タカとかが来ないということですね」(日本野鳥の会 愛知県支部 村上修さん)

 24時間稼働の北部市場。夜も明るいため外敵が来ることはなく、ムクドリにとって安全な場所だといいます。

 ムクドリの正体を知った、鈴木さんの感想は?

「寝るために来ているとは思わなかったですね。理由が分かったので良かったです」(動画を撮影した 鈴木さん)

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
大量のふん
現場は、市場 衛生面で問題はない?
 しかし、気になるのは衛生面。食品の安全には影響はないのでしょうか?

 朝方、ムクドリたちがねぐらにしている木の下に行ってみると、ムクドリの姿は、既になくなっていましたが、現場には、大量のふんが残されていました。

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
名古屋市中央卸売市場 北部市場 中根達也 管理課長
 市場の担当者に話を聴いてみると?

「生鮮食料品を扱っていますが、屋根のあるところで作業をしているので、影響はございません」(名古屋市中央卸売市場 北部市場 中根達也 管理課長)

 ムクドリは建物の中に入ってくることがないため、衛生面の心配はないということです。

ムクドリの大群が襲来 市場周辺に出没するワケとは 愛知・豊山町
過去に対策を行った様子(2016年)
 市場側では、数年前から現れるようになったムクドリの大群を退治するため、木の枝を切るという対策を過去に数回行ってきたといいます。

「(せんていすると)いったんいなくなりますが、また別の場所という形でいたちごっこになっている」(名古屋市中央卸売市場 北部市場 中根達也 管理課長)

 ムクドリの大群によるふん害や騒音などの問題は、いまだに根本的な解決に至っておらず、ムクドリと人間のいたちごっこ状態が続いています。豊山町では今後、ムクドリによる被害が悪化すれば有効な対策を探していきたいとしています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010004-sp_ctv-l23
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010004-sp_ctv-l23&p=2

http://archive.is/yPQW1
http://archive.is/reuNO
posted by BNJ at 20:37 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

2019年1月27日の鳥類ニュース

ペンギンの館内散歩に歓声 ノシャップ水族館 冬季営業が再開 北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/270595/
http://archive.is/F1DGd

岐阜 古代の鵜飼いに迫る 長良川うかいミュージアムで特別展 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190127/CK2019012702000019.html
https://megalodon.jp/2019-0127-1042-03/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190127/CK2019012702000019.html


対馬の野鳥99種撮る きょうまで写真展 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/local/nagasaki/news/20190126-OYTNT50062.html
http://archive.is/qwcjr

イノシシ感染終息道半ば 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/local/gifu/feature/CO006490/20190126-OYTAT50027.html
http://archive.is/TAFAy

海響館 3000万人 節目の園児にぬいぐるみ贈る 下関 /山口 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190127/ddl/k35/040/318000c
http://archive.is/yRVaj

冬の池に彩り オシドリ飛来 薩摩川内市 南日本新聞
https://373news.com/_news/?storyid=101379
http://archive.is/pCrRH

飛び回る鷹型の凧で鳥害防止 新たな田園風景に/台湾・台東 中央社フォーカス台湾
http://japan.cna.com.tw/news/atra/201901270003.aspx
http://archive.is/mVFHB
posted by BNJ at 23:55 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜 古代の鵜飼いに迫る 長良川うかいミュージアムで特別展【中日新聞2019年1月27日】

魚をくわえた鵜をかたどった埴輪=岐阜市の長良川うかいミュージアムで

 古代からの鵜飼い漁の歴史に迫る特別展「いにしえの鵜飼」が、岐阜市長良の長良川うかいミュージアムで開かれている。魚をくわえた鵜の埴輪(はにわ)など約二十点の貴重な史料が並ぶ。四月八日まで。

 鵜飼いは中国の史書『隋書倭国(わこく)伝』(六三六年)に登場するのが最古の記録で、『古事記』や『日本書紀』にも記述がある。古墳時代の造形物も全国各地で発見され、当時は一般的な漁だったことがうかがえる。

 展示した埴輪(高さ七十センチ)は群馬県の古墳から出土。首に鈴が付いたひもが巻かれ、口先に魚をくわえた鵜をかたどっている。人間の腕に鵜を乗せた様子を表す埴輪もある。

 山梨県の遺跡から見つかった平安時代の土器(直径十六センチ)は岐阜県内では初公開で、漁の一連の流れが描かれている。長良川鵜飼に関する平安、江戸時代の古文書も紹介している。

 二月十六日と三月十六日には、専門家が鵜飼いの起源をひもとく無料の歴史講座がある。(問)同ミュージアム=058(210)1555

 (近藤統義)
http://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190127/CK2019012702000019.html

https://megalodon.jp/2019-0127-1042-03/www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190127/CK2019012702000019.html
タグ:鵜飼
posted by BNJ at 10:42 | Comment(0) | 鳥獣狩猟ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする