2019年02月08日

2019年2月8日の鳥類ニュース

ハクチョウの湊くん、今冬も元気/平内 Web東奥
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/149870
http://archive.is/G5j4e

マガンの北帰行 始まる TBC東北放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000007-tbcv-l04
http://archive.is/vdLwq

ナニコレ? 市内で発見!面白いモノ 木についたネジを回すと… 聞こえてきたのはあの音! タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0402/2019/02/08/468635.html
http://archive.is/w5UPh

二宮町教育長を務める 森 英夫さん 二宮町百合が丘在住 61歳 タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0606/2019/02/08/468508.html
http://archive.is/l3QzD

新江ノ島水族館 「素敵な愛称つけて」 ペンギンの子ども タウンニュース
https://www.townnews.co.jp/0601/2019/02/08/468969.html
http://archive.is/YEjZi

南極氷に耳すます 基地設営の井熊さん、静岡・井宮北小で講演 静岡新聞アットエス
http://www.at-s.com/news/article/local/central/597816.html
http://archive.is/EmMq2

【長野・須坂市動物園 飼育員日誌】ウズラの「夏子」(かこ) 脚で見分けがつきます 産経ニュース
https://www.sankei.com/region/news/190208/rgn1902080046-n1.html

コハクチョウ怖がらせないで 加賀市が注意喚起 北國新聞
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190208104.htm
http://archive.is/d7ZSY

石川 鳩レース全国1位 小松の吉田さん飼育の「雨姫」 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190208/CK2019020802000045.html
https://megalodon.jp/2019-0208-1126-02/www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190208/CK2019020802000045.html

渡り鳥の飛来40年で10分の1に 原因は不明 神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201902/0012046477.shtml
http://archive.li/GzA58

広島)三景園の梅、今月下旬には満開 例年より半月早く 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM2736QFM27PITB006.html
http://archive.is/FnFYD

安来に酒面雁が飛来 コハクチョウと一緒に 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/CMTW1902083300001.html
http://archive.is/a7vuB

米子水鳥公園 初の野鳥総選挙 ベスト12はカレンダーに 山陰中央新報
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1549588568507/index.html
http://archive.is/U1A82

トキ 40羽程度放鳥へ 環境省が野生復帰検討会 /島根 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190208/ddl/k32/040/316000c
http://archive.is/GplPp

高知)ウグイスが鳴き、菜の花にミツバチ舞う 四万十川 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM274TS4M27PLPB00S.html
http://archive.is/MOMQ7

【2/9〜2/10】高知のおすすめ週末イベントまとめ 高知新聞
https://www.kochinews.co.jp/article/252459/
http://archive.is/D9Mxi

四万十町で2/10に「ヤイロチョウ」読み聞かせ会 高知新聞
https://www.kochinews.co.jp/article/251489/
http://archive.is/r43gX

時とともに美しく変わる木と布たち【2月11日(月・祝)〜17日(日)】 西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nlp/event_art/article/485464/
http://archive.is/wZDf4

婚活イベント 島の男性とのんびり 宗像・地島で23日 参加女性15日まで募集 /福岡 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190208/ddl/k40/100/467000c
http://archive.is/c0OMa

宮崎・門川でカンムリウミスズメ観察会 世界最大の繁殖地、枇榔島 日向経済新聞
https://hyuga.keizai.biz/headline/513/
http://archive.is/ZTqu8

うちの子は元気かな? アデリーペンギンの赤ちゃんすくすく成長 メキシコ AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3210181
http://archive.is/a6Jbq

親鳥に捨てられたフラミンゴのひな2000羽保護 南アフリカ AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3210188
http://www.afpbb.com/articles/-/3210283
http://archive.is/cY3i4
http://archive.is/NucHl

欧米諸国向けに輸出する手作りの「鳥の巣」 江蘇・海安 AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3203680
http://archive.is/tcE85



posted by BNJ at 23:17 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トキ 40羽程度放鳥へ 環境省が野生復帰検討会 /島根【毎日新聞2019年2月8日】

 環境省は7日、国の特別天然記念物・トキの分散飼育をしている出雲市で、大学教授らによるトキ野生復帰検討会を開いた。今年の放鳥計画によると、6月上旬ごろと9月下旬ごろに新潟県佐渡市で各回20羽程度、計40羽程度を放鳥する。

 出雲市役所であった検討会では、野生で生息するトキは推定約350羽(1月15日現在)、飼育のトキは約180羽(1月28日現在)と説明された。また、2020年ごろに佐渡島内にトキ220羽を定着させる目標は2年前倒しで昨年達成できた。

 昨年放鳥されたトキは高い生存率が維持できているという。今年の放鳥では、6歳程度までを中心に自然繁殖で育った個体を優先して選ぶ。25年までの新たな目標には、人とトキの共生型社会の実現などを掲げた。野生で生息するトキの個体群の状況に応じて、佐渡島外での放鳥を想定した検討も行うという。

 鳥インフルエンザなどの感染症による絶滅を避けるため、トキは佐渡市から石川県などに移送して分散飼育が進められ、出雲市では11年に開始した。

 出雲市は昨年12月15〜28日、市トキ分散飼育センター(同市西新町2)に隣接する施設で4羽を一般公開。期間中に約2000人が来場した。繁殖期が終わるのを待って、今年7月から再び公開する。【山田英之】
https://mainichi.jp/articles/20190208/ddl/k32/040/316000c

http://archive.is/GplPp
posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

渡り鳥の飛来40年で10分の1に 原因は不明【神戸新聞NEXT2019年2月8日】

池に集まる冬鳥のカモ=伊丹市昆陽池3
 阪神間で渡り鳥の飛来ポイントとして知られる兵庫県伊丹市の昆陽池公園(昆陽池3)で冬鳥のカモが激減している。市などの調査によると、1982(昭和57)年をピークに増減を繰り返しながら徐々に減少。40年弱で今季は10分の1以下の355羽まで落ち込んだという。原因は不明だが、市は園内の環境や生態系の変化が与えた影響を指摘する。

 昆陽池公園は1973(同48)年に現在の形で整備され、27・8ヘクタールの広大な土地に池が配される。カモ類の多くは夏の間にシベリアなどで繁殖し、冬になると日本や東南アジアに飛来する。同園にはこの時期、マガモやキンクロハジロ、オナガガモなどさまざまなカモが池に姿を現す。

 市などの調査によると、ピーク時の82年には計10種類5862羽が渡ってきたとされる。だが、98年から2006年まで池のヘドロ除去や護岸の改修工事を進めている間に、千羽を下回るように。09年からは毎年冬に池の水位を約80センチ下げるなどして生息環境が変化した。

 また、開園時から飼育するハクチョウへの給餌はカモにとっても餌を得る絶好の機会だったが、ハクチョウも1980年の144羽から減少。2年前には高病原性鳥インフルエンザウイルスも流行し、現在は4羽を残すのみとなった。

 このほか、数年前からオオタカが繁殖期の夏場以外は園内にすみ着いたため、渡り鳥が避けるようになった可能性があるという。

 市の担当者は「(給餌など)人為的な介入で増やすのは本意ではない」としつつ、「冬の渡り鳥は夏よりも観察しやすく、見に来る来園者も少なくない。数よりもいろんな種類の鳥がやってくるよう環境を整えたい」と話している。(風斗雅博)
https://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/201902/0012046477.shtml

http://archive.li/GzA58
posted by BNJ at 21:09 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コハクチョウ怖がらせないで 加賀市が注意喚起【北國新聞2019年2月8日】

水田で羽を休めるコハクチョウの群れ=加賀市干拓町

 県内有数のコハクチョウ飛来地である加賀・小松市境の柴山潟干拓地で、観察マナーの悪化が問題視されている。農道に進入する乗用車が後を絶たず、スマートフォン片手に至近距離まで近づいて鳥をおびえさせたり、飛ぶ瞬間を撮影するために脅して追い立てる悪質なケースも散見されるという。加賀市は看板に加え、ホームページで注意喚起する考えだが、地域住民は「こんな状況が続けばハクチョウが来なくなる」と懸念している。

 水田が広がる加賀市干拓町や小松市湖東町などの一帯では、越冬のために北方から飛来したコハクチョウなどの渡り鳥が10月〜翌3月にかけて群れをなす。県の1月の調査では柴山潟で1747羽のコハクチョウが確認され、羽咋市の邑知潟(1723羽)と並ぶ県内最大級の飛来地となっている。

 加賀市は2006年、同市干拓町の農道入り口に観察マナーを記した看板を設置し、ハクチョウが首を持ち上げる警戒行動を取ったら近づかないことや、人の姿が見えると嫌がるため車から降りずに眺めるよう呼び掛けてきた。

 周辺住民によると、近年は看板がない小松市側の車道から農道に進入する車が目立ち、週末には4、5台が並んで止まっていることもあるという。

 水田のあぜにまで踏み込んでスマートフォンで撮影しようとする人もおり、地元の60代女性は「見掛けた時には注意することもあるが、しょっちゅう見回りもできない」と腕組みする。

 一帯で長年にわたり野鳥の観察や飛来地の保全に取り組んできた寺谷泰彦さん(65)=同市塩屋町=は、マナーをわきまえない写真愛好者も増えていると指摘する。

 寺谷さんによると、雪の白山を背景にコハクチョウが飛んでいる構図を狙い、羽を休めているところを追い立てたり、石を投げたりして無理に飛ばそうとする人もいるという。

 寺谷さんは「しつように怖がらせれば二度と来なくなる。その時限りの被写体としてしか見られない者には撮る資格がない」と憤る。

 市は観察マナーを周知徹底するため、近く市のホームページなどで呼び掛ける。環境政策課の担当者は「コハクチョウは観光のためのものではなく、人間の影響は制限しないといけない。土地所有者の理解が得られれば看板の増設なども検討したい」としている。
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190208104.htm

http://archive.is/d7ZSY
posted by BNJ at 11:23 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする