2019年06月21日

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市【中京テレビNEWS2019年6月21日】

 岐阜県羽島市に全国から集まった野鳥の愛好家。お目当てはオオタカのかわいらしい4羽のヒナの子育て。しかし、自然界の厳しさに直面することになりました。

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市
オオタカの子育て
 5月30日、岐阜県羽島市の堤防に多くのカメラマンが集まっていました。そこには多くの女性カメラマンの姿も。

 彼女たちが夢中にレンズを向けていたのは、オオタカの子育て。木の枝に巣を作っていました。

 実はここは知る人ぞ知るオオタカの撮影スポット。堤防から見下ろすことができる全国的にも珍しい場所だといいます。

「上から巣全部見えるし、すごく撮りやすい」
「普通は腹しか見えない。背から撮れるのは魅力」(カメラマン)

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市
巣には4羽のヒナ
 3年前にも、この場所ではオオタカが巣を作り、2羽が巣立つ貴重な光景を見せてくれました。オオタカは国が準絶滅危惧種としてレッドリストにも指定している希少な猛禽類の鳥。

 今年も同じ場所に巣を作ったオオタカの親鳥。

 約1か月後、4羽のヒナがかえり、すくすく育っていましたが…。

「オスがいなくなり、メスが狩りをしている状況です」(記者)

 突然オスが行方不明になったというのです。野鳥の専門家によりますと、カラスなどを捕まえる際に返り討ちにあった可能性が高いといいます。

 さらに敵はカラスだけではありません。

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市
オオタカの巣
 6月7日、東海地方が梅雨入りしたこの日、巣では1羽のヒナが死んでいました。 

「雨にぬれて体温が保持できないから、大体だめになっていくというのがほとんどです」(野鳥の会 桑原久男さん)

 ヒナは水を弾く羽がまだ生えていないため、雨が降ったりすると体温低下などで死んでしまうことも多いといいます。

 この日、さらにもう1羽のヒナも死んでしまいました。

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市
2羽だけになったヒナ
 そして数日後。そこにあったのは野生の厳しい現実でした。

 2羽だけになったヒナ。巣の中でじっと立ち、エサを待っているのでしょうか?外をうかがうように立っています。実は母親のメス鳥が、2日間帰ってこなかったというのです。

「お母さん早く帰ってきて。なんともしてあげれない」
「これできょう来ないと明日から雨なので、危険だと思います」(カメラマン)

貴重な「オオタカの子育て」密着 かわいい4羽のヒナの運命は 厳しい自然界のおきて 岐阜・羽島市
オオタカの巣
 その後も帰ってこず、母親のメス鳥がいなくなって、さらに数日後…。

 2羽だけになったヒナは巣の中でぐったりとしていました。その数時間後、そのまま動かなくなりました。

「せめて一羽だけでもと思っていたけど、命つなげなかったね」
「やっぱり自然界は厳しいですね。しょうがないね」(カメラマン)


 一見、育児放棄ともとれる母鳥の行動。専門家によると、共倒れしないためにとった野生の行動だということです。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010003-sp_ctv-l21

http://archive.fo/0o5DE

posted by BNJ at 23:02 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井発 生物や景観 影響調査を 南越前と長浜、福井の風力発電計画【中日新聞2019年6月21日】

県内で計画されている二つの風力発電所についてアセスメントへの意見を協議する委員=県庁で

県環境審 知事に意見答申へ
 県環境審議会の生活環境部会が二十日、県庁で開かれ、南越前町と滋賀県長浜市で建設が計画されている国内最大級の「余呉南越前ウインドファーム発電事業」など二件の風力発電について、それぞれ環境影響評価(アセスメント)で渡り鳥などの生物や景観への影響を適切に調査するよう求める意見を決めた。今後、知事に答申され、経済産業相に知事意見を提出する。

 ほかに審議されたのは福井市西部で計画されている「福井金毘羅(こんぴら)風力発電事業」。いずれも事業者から国にアセスメントの方法書が提出されており、知事や地元市町が意見を求められていた。

 余呉南越前は「グリーンパワーインベストメント」(東京都港区)が進めており、県境付近の山林約八百三十二ヘクタールに最大五十基の風力発電機を設置し、十七万キロワットを発電する計画。

 意見では貴重な植物を食い荒らすシカの増加につながらないよう、森林伐採をできるだけ避けるよう求めた。イヌワシやクマタカ、渡り鳥などが風車に当たるのを減らすため、付近を飛ぶ鳥の状況を調べることも必要だとした。

 福井金毘羅はアカシア・リニューアブルズ(東京都中央区)が福井市の金毘羅山周辺で計画しており、尾根に発電機十五基を設置して六万三千キロワットを発電する計画。

 意見では同様に鳥への影響調査を求めるほか、発電機の設置範囲から小中学校への距離が最短で五百メートルと近いことから、風車の騒音について詳細に影響を調べるよう指摘した。越前町の呼鳥門などからの景観についても影響を調べるよう求めた。 (今井智文)
https://www.chunichi.co.jp/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2019062102000235.html

https://megalodon.jp/2019-0621-2200-42/https://www.chunichi.co.jp:443/kenmin-fukui/article/kenmin-news/CK2019062102000235.html
posted by BNJ at 22:01 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする