2019年07月19日

2019年7月19日の鳥類ニュース

蕪島海水浴場で今季の安全を祈願/八戸 Web東奥
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/221689
http://archive.fo/Y9wdR

ハシビロコウ同居 初々しくスタート 那須どうぶつ王国【動画】 下野新聞SOON
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/196676
http://archive.fo/Qlv7C

ちばの現場から・2019参院選/6 第二湾岸道路計画 三番瀬環境守れるか 交通量見通しにも地元疑念 /千葉 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190719/ddl/k12/010/096000c
http://archive.fo/fFQ8e

長野・須坂市動物園】フンボルトペンギンの換羽 不格好でおもしろい 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/190719/lif1907190017-n1.html
http://archive.fo/2ZFJb

三河大島、カワウふん害か 蒲郡、樹木の立ち枯れ広がる 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190719/CK2019071902000064.html
https://megalodon.jp/2019-0719-1020-05/https://www.chunichi.co.jp:443/article/aichi/20190719/CK2019071902000064.html

インコ虐待容疑、名古屋の男逮捕 投稿動画に通報相次ぐ 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190719/CK2019071902000066.html
https://megalodon.jp/2019-0719-1015-53/https://www.chunichi.co.jp:443/article/aichi/20190719/CK2019071902000066.html
「鳴き声うるさい」インコに避妊具かぶせ、床に放り投げる 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190719-OYT1T50107/
http://archive.fo/CWTUW

生後2週間、ライチョウひな順調 富山市ファミリーパーク 北日本新聞
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20190719205.htm
http://archive.fo/x9iAK
ライチョウのひなスクスク ファミリーパークの5羽 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20190719/CK2019071902000256.html
https://megalodon.jp/2019-0719-2120-43/https://www.chunichi.co.jp:443/article/toyama/20190719/CK2019071902000256.html

石川 野鳥保護 生態から知る 鶴来で講演会 マガンなど解説 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20190719/CK2019071902000262.html
https://megalodon.jp/2019-0719-2118-27/https://www.chunichi.co.jp:443/article/ishikawa/20190719/CK2019071902000262.html

ムクドリ大群、タカが駆除 四日市市導入3年、効果大 中日新聞
https://www.chunichi.co.jp/article/mie/20190719/CK2019071902000050.html
https://megalodon.jp/2019-0719-1025-43/https://www.chunichi.co.jp:443/article/mie/20190719/CK2019071902000050.html
三重)ムクドリ一掃作戦、今年も開始 四日市 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM7K3S08M7KONFB00N.html
http://archive.fo/m3HoU

神戸どうぶつ王国が開園5周年 屋外に水辺動物の新エリアも 神戸経済新聞
https://kobe.keizai.biz/headline/3154/
http://archive.fo/RJ5A0

兵庫県、国の予算編成に提案 防災支援強化、企業税制優遇拡充 神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012528216.shtml
http://archive.fo/n4AWv

豊岡のコウノトリ増殖拠点、国文化財に 文化審答申 神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012530258.shtml
http://archive.fo/Ou7T0

鳥インフルエンザウイルスの伝播過程における特性変化を解明−京都府医大 QLifePro医療ニュース
http://www.qlifepro.com/news/20190719/bird-flu-virus.html
http://archive.fo/70X2P

仲良く空の旅?、ハクトウワシの背に乗るクロウタドリ 米写真家が撮影 CNN.co.jp
https://www.cnn.co.jp/fringe/35139808.html
http://archive.fo/bz9WT

寿司店にペンギンが「不法侵入」、警察が一時拘束 NZ CNN.co.jp
https://www.cnn.co.jp/travel/35140115.html
http://archive.fo/I3FlW

posted by BNJ at 23:34 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インコにコンドーム、虐待容疑で男逮捕 ネットで公開か【朝日新聞デジタル2019年7月18日】

愛知県警が押収したインコ。虐待されたインコとは別とみられ、目立ったけがなどはないという=名古屋市中村区の同県警中村署

 飼っていたインコを虐待したとして、愛知県警は18日、名古屋市中村区椿町、無職坂野嘉彦容疑者(34)を動物愛護法違反(愛護動物の虐待)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。坂野容疑者は、虐待の様子を動画で撮影し、ネットで公開していたとみられている。

 中村署によると、坂野容疑者は6月中〜下旬ごろ、自宅で、インコ1羽にコンドームをかぶせて身動きがとれないようにした上で、ライターでつついたり、ベッドや床に放り投げたりして虐待した疑いがある。

 各地から愛知県警に「インコを虐待している動画を投稿している人がいる」などと相談が寄せられたため、ネット上でこうした動画を確認したという。

 県警は坂野容疑者宅などを家宅捜索し、虐待に使ったとみられるライターや、耳にピアス穴を開ける器具「ピアッサー」、工具のニッパーなどを押収した。また、虐待されたインコとは別とみられる生きた2羽も保護した。この2羽には目立った虐待の痕はないという。インコの入手経緯や、他に虐待行為がなかったかなどについても調べる。 坂野容疑者のものとみられるツイッターには、コンドームに入ったインコの写真が投稿され、自己紹介欄には「あらゆる方法・道具を使い、インコを可愛がるインコ溺愛(できあい)愛好家」などと記されていた。 虐待の様子とみられるネット上の動画には、コンドームがかぶせられた白いインコに対し、何者かが傷口のような部分にライターの先端を当てて転がしたり、手で持ち上げて落としたりして、インコが鳴き声をあげる様子が収められていた。
https://www.asahi.com/articles/ASM7L5244M7LOIPE00S.html

インコを虐待か 無職の男(34)を動物愛護法違反容疑で逮捕 名古屋・中村区【中京テレビニュース2019年7月18日】
押収された虐待道具 愛知・中村警察署
 飼育していたインコを虐待したとして、名古屋市中村区の無職の男(34)が18日、逮捕されました。

 動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは、中村区椿町の無職・坂野嘉彦容疑者(34)です。

 警察によりますと、坂野容疑者は先月中旬ごろから下旬ごろまでの間に、自宅で飼育していたインコ1羽を身動きがとれないようにして、点火棒を押しつけ放り投げるなどして、虐待した疑いがもたれています。

 坂野容疑者は、SNS上にインコを虐待する動画を自ら投稿していて、先月から今月にかけ閲覧した複数の人が警察に通報していました。

 調べに対し、坂野容疑者は「インコの呼び鳴きがうるさくて腹を立てて虐待しました」などと容疑を認めています。

 坂野容疑者は他にも複数の虐待動画を投稿していて、警察が調べを進めています。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00010003-ctv-soci

「インコ虐待」動画投稿の男(34)動物愛護法違反容疑で逮捕【NNNニュース2019年7月18日】
 飼育していたインコを虐待したとして、名古屋市中村区の無職の男(34)が18日、逮捕されました。

 動物愛護法違反の疑いで逮捕されたのは、中村区椿町の無職・坂野嘉彦容疑者(34)です。

 警察によりますと、坂野容疑者は先月中旬ごろから下旬ごろまでの間に、自宅で飼育していたインコ1羽を身動きがとれないようにして、点火器具を押しつけ放り投げるなどして、虐待した疑いがもたれています。

 坂野容疑者は、SNS上にインコを虐待する動画を自ら投稿していて、先月から今月にかけ閲覧した複数の人が警察に通報していました。

 調べに対し、坂野容疑者は「インコの呼び鳴きがうるさくて腹を立てて虐待しました」などと容疑を認めています。

 坂野容疑者は他にも複数の虐待動画を投稿していて、警察が調べを進めています。
http://www.news24.jp/nnn/news16246364.html

インコ虐待容疑、名古屋の男逮捕 投稿動画に通報相次ぐ【中日新聞2019年7月19日】
坂野容疑者の自宅から押収されたペットのインコ=名古屋・中村署で

 ペットのインコを虐待したとして名古屋・中村署などは十八日、動物愛護法違反の疑いで、名古屋市中村区椿町、無職坂野嘉彦容疑者(34)を逮捕した。

 逮捕容疑は六月中旬から下旬までの間、自宅で飼育しているインコ一羽に避妊具をかぶせて身動きが取れないようにし、放り投げたり、傷口に点火棒の先を押しつけたりする虐待をしたとされる。

 署によると容疑を認め、「インコの鳴き声がうるさくて腹が立った」と供述している。六〜七月に会員制交流サイト(SNS)上にインコの皮膚に薬剤を塗ったり、毛をむしったりする動画が相次いで投稿され、県警に十六日までに計二十五件の通報が寄せられていた。
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190719/CK2019071902000066.html

「鳴き声うるさい」インコに避妊具かぶせ、床に放り投げる【読売新聞2019年7月19日】
 飼育するインコを虐待したとして、愛知県警は18日、名古屋市中村区椿町、無職の男(34)を動物愛護法違反(虐待)の疑いで逮捕した。調べに対し、男は容疑を認め、「インコの鳴き声がうるさくて腹がたった」と供述しているという。

 発表によると、男は6月中旬頃〜同月下旬頃、飼っていたインコ1羽に避妊具をかぶせて身動きが取れないようにしたうえ、ライターを押しつけたり、床やベッドに放り投げたりして虐待した疑い。

 「インコの虐待動画をSNSに投稿している者がいる」との通報が25件寄せられ、県警が捜査を進めていた。男のものとみられるツイッターには、容疑事実のほかにも虐待を映した動画が投稿され、「可愛かわいがりは小出しにネチネチと、生かさず殺さず」などと書き込まれており、県警が経緯を調べている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190719-OYT1T50107/

http://archive.fo/DXzxX
http://archive.fo/Ao2ZM
http://archive.fo/9fT7J
https://megalodon.jp/2019-0719-1015-53/https://www.chunichi.co.jp:443/article/aichi/20190719/CK2019071902000066.html
http://archive.fo/CWTUW
posted by BNJ at 21:13 | Comment(0) | 愛玩鳥/飼い鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちばの現場から・2019参院選/6 第二湾岸道路計画 三番瀬環境守れるか 交通量見通しにも地元疑念 /千葉【毎日新聞2019年7月19日】(既報関連ソースあり)

第二湾岸道路の建設予定地だった浦安市入船の県有地。突き当たりは海で、埋め立てられる予定だった三番瀬が広がる
 2月上旬、「三番瀬を守る連絡会」や「県野鳥の会」など環境保護7団体の計28人が東京・永田町の衆院議員会館を訪れた。国土交通省と交渉し、東京と千葉の湾岸部をつなぐ「第二東京湾岸道路(第二湾岸)」建設計画の中止を求めるためだ。

 「三番瀬を通る道路計画はやめてほしい」。団体側は道路局の担当者に、水鳥の写真などを見せながら、東京湾の貴重な自然環境が残されている三番瀬の保全を求めた。担当者は「三番瀬を潰して建設しようと考えているわけではない」と釈明したが、「道路建設は検討しなければいけない」と要望を退けた。

 国交省は3月に「千葉県湾岸地区道路検討会」を設置。国と県、千葉市、東日本高速道路(NEXCO東日本)による第二湾岸のルート案など具体化に向けた話し合いが始まった。その2カ月前、森田健作知事が石井啓一国交相に「湾岸地域の渋滞解消に向けた新たな道路ネットワーク整備」を要望し、国交相がその場で検討会設置を明言。2001年から18年間、棚上げ状態だった第二湾岸の建設計画が再び動き出した。

 県は01年に第二湾岸建設予定地の三番瀬埋め立て計画が撤回された後も、建設自体については推進の立場を崩していない。建設計画を再度進める契機となったのが、昨年6月の東京外郭環状道路(外環道)の県内区間の開通だ。湾岸部と北関東エリアを直接つなぐ南北の動脈が整備され、開通後の東京湾岸道路の交通量は増加傾向にある。県道路計画課の担当者は「湾岸部の渋滞解消という機運を高めたい」と話す。森田知事も6月議会の答弁で「湾岸部の渋滞を解消し、本県のポテンシャルを十分に発揮する上で重要」と第二湾岸の必要性を強調した。

 だが、地元からは建設に慎重な声が上がる。船橋市の松戸徹市長は国交相の検討会設置発言について「寝耳に水だった」と明かし、「湾岸漁業や自然環境は街にとって高い価値があり、アイデンティティーになっている」と国や県をけん制。三番瀬に面する船橋、市川、浦安3市は「十分な説明を聞いていない」として国や県に説明と意見交換の場を求めている。

 三番瀬の保全については、06年に県が策定した「三番瀬再生計画」があり、国交省は「再生計画との整合性をとる」とする。だが、国交省千葉国道事務所の坂井康一所長は取材に「(整合性を)どう判断するかは難しい」と言葉を濁した。

 将来の交通見通しについても説明不足が指摘される。国交省は物流施設の新規立地や千葉港の機能強化による物流の活発化で今後も渋滞は継続するとしている。これに対し、浦安市の内田悦嗣市長は、湾岸道路で実施中の立体化や交差点改良などの渋滞対策工事に触れ、「まだ湾岸道路も最終形に至っていない。そこも合わせて丁寧に説明してもらわないと」と注文を付ける。

 地元で疑念が広がる中、検討が再スタートした第二湾岸。三番瀬を守る連絡会の中山敏則代表世話人(70)は「国や自治体の財政は危機的状況にあり、道路交通量は減少傾向にある。将来は人口も減り続ける。それなのに大規模道路計画を推し進める必要はあるのだろうか」と訴える。【小林多美子、町野幸】

 ■ことば

第二東京湾岸道路
 東京都大田区から市原市まで約50キロをつなぐ幹線道路として、東京湾岸道路(神奈川県横須賀市−富津市)より海側に構想された。1994年、国交省の地域高規格道路の候補路線に指定された。市川、船橋両市の三番瀬の埋め立て予定地(計101ヘクタール)を通る想定だったが、埋め立て計画の白紙撤回を公約に掲げた堂本暁子前知事が2001年に初当選し、同年に撤回された。このため、第二湾岸の建設計画も中断した。
https://mainichi.jp/articles/20190719/ddl/k12/010/096000c

http://archive.fo/fFQ8e

20年前より交通量減でも「第二東京湾岸」計画再始動の裏側【日刊ゲンダイ2019年2月7日】
東京大改造 第二東京湾岸道が18年ぶり再始動、ルートに火種も【日経xTECH2019年1月30日】
第二東京湾岸道路、18年ぶり計画再始動 地元では驚き【朝日新聞デジタル2019年1月18日】
posted by BNJ at 21:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

兵庫県、国の予算編成に提案 防災支援強化、企業税制優遇拡充【神戸新聞NEXT2019年7月19日】

 兵庫県は、国の2020年度の予算編成に対して、18年台風21号被害などを受けた防災・減災対策への支援継続・強化、東京一極集中の是正、地域経済活性化のための対応を求める。参院選後、県関係の国会議員に説明し、各省庁への働き掛けを本格化させる。(西井由比子)

 台風21号襲来時に高潮に見舞われた神戸・阪神間で、護岸のかさ上げなどを進めるため、国の「防災・減災・国土強靱(きょうじん)化推進のための3か年緊急対策」(20年度まで)の事業期間の延長を求める。

 このほか、関西3空港の相互支援体制の構築による災害対応力の向上を要望。東京一極集中を是正し、事業所誘致を進めるための税制優遇の拡充、大阪・関西万博に合わせた観光インフラ整備などを提案する。

 税制優遇については、本社機能の県内移転だけでなく本社隣接の工場・研究開発施設設置にも拡充するよう求める。大阪・関西万博関連では、サテライト会場の兵庫県内への設置や、高速艇など海上交通の整備を挙げる。放置された企業保養所の活用をはじめ、瀬戸内海国立公園六甲地域(六甲山)の観光再活性化案も盛り込んだ。

 また、神戸ビーフをはじめ国内ブランド牛肉のもととなる但馬牛の産地として、和牛の精子や受精卵の国外流出対策の強化を要望。希少種のイヌワシ、クマタカが生息する環境への影響が問題となっている新温泉町の風力発電施設、大規模森林伐採が想定される姫路市の大規模太陽光発電施設(メガソーラー)といった計画を念頭に、事業認定手続きの厳格化も求めている。

 このほか、兵庫県議選伊丹選挙区、播磨町議選で被選挙権に必要な住所要件を満たさない立候補があり、無効票が発生した経緯を受けて、立候補届け出に住民票の添付を義務づけるよう選挙制度の見直しも挙げている。
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012528216.shtml

http://archive.fo/n4AWv
posted by BNJ at 10:30 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三河大島、カワウふん害か 蒲郡、樹木の立ち枯れ広がる【中日新聞2019年7月19日】

枯れた木々の上空を舞うカワウの群れ=蒲郡市の三河大島で

 蒲郡市の三河大島で、カワウのふんが原因とみられる樹木の立ち枯れが広がっている。海水浴やバーベキューに訪れる渡船客の目には触れにくい島の南側だが、関係者によると年々その範囲が拡大しており、山肌が崩れるおそれもある。

 三河大島は三谷町財産区が所有する約六・五ヘクタールの無人島。立ち枯れが目立つエリアは、七〜八月に運航される定期船が着く渡船場からは反対側にある。

 西浜で売店を営み、家族向けのカヌー体験などで島を一周する機会も多い柘植基成さん(56)の案内で、現地を訪れた。

 ヨットで西側から回り込んでいくと、島を覆う常緑樹の中に、枝がむき出しになった箇所が目につく。南の沖合から眺めると、島の西端から中ほどにかけて標高四十メートルほどの山の所々が枯れて灰色になり、まだら模様に見えた。山頂付近の木々の枝には、無数のカワウ。一斉に飛び立った群れを見ると、少なくとも数百羽はいそうだ。

樹木の立ち枯れが目立つ三河大島の南側=蒲郡市の三河大島で

 柘植さんによると、二十年前はカワウは目立たなかったが、よそから移ってきて営巣・繁殖するようになったとみられる。海の魚を食べた大量のふんが木を衰弱させ、立ち枯れの範囲が広がってきた。「国定公園の三河大島を守っていかないと。カワウは羽が傷つくのを嫌がるので、木の枝にテグス(釣り糸)を張るなどの対策を考えるべきだ」と危機感を募らせる。

 財産区管理会の小林俊雄会長(73)も「島の南側は風をしのげて暖かく、産卵や子育ての場になっているのだろう。駆除するすべがなく手の打ちようがない」と頭を悩ませている。

 県自然環境課によると、三河大島は二〇〇五〜〇九年には県内に約三十カ所あるカワウ調査地点の一つだった。当時、県は千〜千三百羽前後の生息を確認したが「(産卵・繁殖する)コロニーは見られない」と判断し、調査を打ち切った。その後の推移は「把握していない」という。

 カワウは一九七〇年ごろには絶滅が心配されたほどだったが、その後急増して各地でふん害や漁業被害が問題になっている。県内では今も積極的な駆除は行われておらず、日本野鳥の会愛知県支部は「追い払って分散させるのが現実的な対策だろう」と話す。

 滋賀県や山梨県では、アユなどが食べられる被害を重く見て駆除に乗り出したり、巣に偽卵やドライアイスを投入して繁殖を抑えたりする事例がある。

 (木下大資)
https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20190719/CK2019071902000064.html

https://megalodon.jp/2019-0719-1020-05/https://www.chunichi.co.jp:443/article/aichi/20190719/CK2019071902000064.html
タグ:鳥害 カワウ
posted by BNJ at 10:20 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする