2019年11月05日

2019年11月2日の鳥類ニュース

カモ猟解禁、岸辺に隠れパーン 長井で同行ルポ、食害防止も担う|山形新聞
https://www.yamagata-np.jp/news/201911/02/kj_2019110200023.php
http://archive.md/Hg7PH

宮城のマガン 人と鳥、距離感を模索  :日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51408310V21C19A0SHJ000/
http://archive.md/IbFEs

県審議会が国見風力発電で報告案 騒音、鳥への影響低減を:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20191102/CK2019110202000012.html
https://megalodon.jp/2019-1102-1038-31/https://www.chunichi.co.jp:443/article/fukui/20191102/CK2019110202000012.html

神戸新聞NEXT|但馬|コウノトリ絶滅から野外に180羽 郷公園20周年の節目祝う
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/201911/0012843444.shtml
http://archive.md/zm2B8
コウノトリの郷公園20年 野生180羽に
http://www.news24.jp/nnn/news16225105.html
http://archive.md/NemPv

神戸新聞NEXT|三田|コウノトリ、2年半ぶり飛来 三田・西相野
https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/201911/0012840917.shtml
http://archive.md/ZGmZ8

神戸新聞NEXT|三木|キジ8羽を放鳥、大空へ 三木・志染小
https://www.kobe-np.co.jp/news/miki/201911/0012840867.shtml
http://archive.md/R40QV

【インスタ日誌】“愛車でドライブ”もう慣れっこ - 産経ニュース
https://www.sankei.com/life/news/191102/lif1911020016-n1.html
http://archive.md/BPDxO

世界最小のツル、越冬地に15季ぶり 紛れ込んで飛来?:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASMC23DJCMC2TLTB001.html
http://archive.md/zOft7

posted by BNJ at 21:40 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バードウオッチャー待望<カモメの観察本>がついに完成!日本国内で見られるカモメ類30種を掲載!|株式会社誠文堂新光社のプレスリリース

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年11月5日(火)に、『決定版 日本のカモメ識別図鑑』を刊行いたしました。

海辺に行けば、比較的容易に出会うことのできるカモメですが、その観察は簡単だと思われがちです。

しかし、実際はカモメの観察はとても難しいのです。

カモメの成鳥は、夏と冬で大きく外見が異なりますが、その識別はそれほど難しくはありません。
難しいのは、同じ種でも、成長過程(おおよそ1〜4年)で刻々と姿が変わり、その姿が成鳥とまったく異なる点になります。

実際の観察では、同一種の群れで中でも群れの中で複数の外見があり、さらに他の種が混じると判別が極端に難しくなります。そのためカモメの観察は、バードウオッチャーの間では、とても難しく奥が深いとされています。


本書では、カモメの観察方法を解説した上で、初心者の方がカモメの識別方法が分かるよう、カモメの大きさや各部位の色彩や形の違いをチャートにした検索図を用います。さらに、カモメの観察で難しいとされる識別のポイントを、各年齢における差異、類似種の見極めのポイントなど詳しく解説します。

このほか、カモメの種ごとのページ以外にも、「雑種」や「世界のカモメ」「カモメ類の雌雄差」「大型カモメ類の換羽状態の見方」などの項目も設け解説しました。


本書では、日本国内で記録がある、または観察例のあるカモメ類26種(37の種および亜種)を大型カモメ、小型・中型カモメ類に分けて紹介、さらに今後渡来可能性があると思われるオグロカモメ、アメリカオオセグロカモメ、オオカモメ、ニシセグロカモメ亜種、ヨーロッパセグロカモメ亜種(4種および、1亜種)を加えた30首を網羅しています。

日本で見られるカモメ全種を網羅し、カモメの観察の難しさを分かりやすくしてくれるのが、この「日本のカモメ観察図鑑」の魅力です。カモメに興味があり、じっくり観察したい人、バードウオッチの深い世界に入り込みたい人に、おすすめしたい一冊です。





【目次】
●はじめに 
●Index
●この図鑑で準拠した大型カモメ類の分類について
●この図鑑の使い方
●用語解説
●各部位の名称
●カモメ類の年齢による羽衣の変化
●初列風切の換羽
●日本で繁殖するカモメ類
●カモメ類の見分け方
●大型カモメ
●大型カモメ類の雑種・色彩異常
●小型中型カモメ
●小型中型カモメ類の雑種・色彩異常
●日本未記録種のカモメ類
●参考文献・ウェブサイト/索引/あとがき

【著者プロフィール】
氏原 巨雄(うじはら・おさお)
1949年、高知県高知市生まれ。日本画の勉強の過程で鳥に興味を抱き、次第に鳥の観察に傾倒していく。鳥をおもな題材とした絵画展を12回開催。1987年、鳥類画家としてイラスト執筆を始める。

氏原 道昭(うじはら・みちあき)
1971年高知県高知市生まれ。小学校低学年時より野鳥観察とスケッチを始め、とりわけシギ・チドリ、カモ、カモメを中心とする水鳥類の識別に打ち込む。東京都立芸術高等学校油画科を卒業後、鳥類画家として個展開催等の活動を経て、父、巨雄との共著でイラストと解説を手掛ける。2000年頃からはインターネットを通じた識別の基礎資料の蓄積や共有にも力を入れている。

【書籍概要】
書 名:決定版 日本のカモメ識別図鑑
著 者:氏原 巨雄、氏原 道昭 
判 型:A5変判、340頁
定 価:本体3,600円+税
配本日:2019年11月5日(火)
ISBN:978-4-416-51852-6

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416518526
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/16049674/?l-id=search-c-item-text-01
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009003190404/
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4416518528
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29876690.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1107027167

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000864.000012109.html
http://archive.md/QhmAl
タグ:書籍
posted by BNJ at 10:25 | Comment(0) | 国内のプレスリリース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする