2020年05月25日

2020年5月23日の鳥類ニュース

青い珍鳥ジュウイチ飛来 枝幸の能代さん撮影「興奮した」:北海道新聞 どうしん電子版
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/423424/
http://archive.md/QyDDH

シマフクロウ調査 日本野鳥の会が日胆地区で|ニュース|苫小牧民報電子版
https://www.tomamin.co.jp/article/news/main/19996/
http://archive.md/VAmIF

青森)「みどりの日」環境相表彰 弘前の小山さん:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN5Q6Q4CN5LULUC014.html
http://archive.md/IsYrD

滝の岩場でせっせと、カワガラスが子育て|環境|青森ニュース|Web東奥
https://www.toonippo.co.jp/articles/-/356106
https://news.yahoo.co.jp/articles/c48aff7e947bd9e40a9662b9c6d163e635a0772a
http://archive.md/8QeNk
http://archive.md/zaxFg

ヤマドリ お散歩中? 那須烏山の大橋さん、毘沙門山で遭遇|地域の話題,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)
https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/314662
http://archive.md/gVTZo

閉ざされた玄関、一人ぼっちの家 ツバメたちごめんね:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN5Q5DZVN5PUTIL00L.html
http://archive.md/yaP8k

茨城)ツバメが農家の土間で子育て つくばみらい:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASN5Q739HN5QUJHB00G.html
http://archive.md/spa61

巣から落下したひなを子育て中 長岡栃尾、親ツバメ奮闘 | 地域 | 新潟県内のニュース | 新潟日報モア
https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20200523545265.html
http://archive.md/Fttdb

海の生物イラスト缶バッジ完成 魚津水族館 イラスト当選者に贈呈 - 富山県のニュース | 北國新聞社
https://www.hokkoku.co.jp/subpage/T20200523203.htm
http://archive.md/zePQN
生き物描いた缶バッジ完成! 魚津水族館 投稿者に贈呈|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]
https://webun.jp/item/7663205
http://archive.md/iMfNc

ツバメ到来に逆さ傘 あわらの農作業小屋:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)
https://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20200523/CK2020052302000053.html
https://megalodon.jp/2020-0523-1120-08/https://www.chunichi.co.jp:443/article/fukui/20200523/CK2020052302000053.html

コウノトリ巣立ち間近 里山の未来考える機会に | 論説 | 福井新聞ONLINE
https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1091249
http://archive.md/6UJhl

仲良くスイスイ カルガモ親子に癒やされ 福井城址 /福井 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200523/ddl/k18/040/192000c
http://archive.md/Z1YmH

神社の池でカモのヒナ14羽かえる 見守る住民ら「元気に育って」 奈良  - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200523/k00/00m/040/107000c
http://archive.md/uroXx

みさき公園から動物受け入れ開始 アドベンチャーワールド:紀伊民報AGARA
https://www.agara.co.jp/article/62303/
http://archive.md/uzSLa

神戸新聞NEXT|但馬|鷹匠が守る、アイガモ農法 田植え前にカラス駆除
https://www.kobe-np.co.jp/news/tajima/202005/0013363349.shtml
http://archive.md/bwAb6

新居浜小の池でカルガモ誕生 教職員に見守られ成長|愛媛新聞ONLINE
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202005230043
http://archive.md/Ja8US

照葉樹林文化館と照葉大吊橋が再開 宮崎・綾町 /熊本 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20200523/ddl/k43/040/490000c
http://archive.md/L0oSB

「中国で最も美しい鳥」ハリオハチクイ、アモイで巣作り 写真12枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3284307
http://archive.md/rUriQ

posted by BNJ at 11:29 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

居候は「フクロウ」 巣から落ちたひな 「なるべく早く森に」 | 丹波新聞

田中さんが飼育しているフクロウのひな=2020年5月20日午後5時13分、兵庫県丹波篠山市内で

兵庫県丹波篠山市の田中稔さん(61)は、自宅でフクロウのひなを育てている。山々に囲まれた場所で、これまでにも複数回、フクロウが軒裏に巣を構え、決まって5月上―中旬あたりに1―3羽が落ちてくるという。周囲にはカラスやキツネなど、ひなの天敵が多いため、毎回10日間程度育て、少し大きくしてから森へ帰している。田中さんは「かわいくて情が移るが、野生動物はやっぱり自然の中でくらすのが一番。この“子”もなるべく早く森へ帰してやります」と話している。


田中さんが与える鶏肉をほおばるフクロウのひな

今年は11日の早朝4時ごろ、「ピチュウ」というひなの声と、親鳥の「グウグウ」という騒がしい声に目が覚めた。外に出ると、軒下の石の上に、ふわふわの羽毛をまとったフクロウのひなが1羽たたずんでいた。

 えさは朝晩の2回、生の鶏胸肉を与えており、1食あたり約50グラムを食べるという。頭をなでると、気持ちよさそうに目をつむり、田中さんによく懐いている。

おっとネコと遭遇

フクロウのひなが屋根から落ちてくる出来事は、昨年と今年だけでなく、15年ほど前にも3年間続いたこともあったそう。

 一度、ひなを入れたかごを野外に一晩置いたところ、朝起きると親鳥が運んできたと思われるネズミが1匹、かごの前に置かれていたこともあった。
 飼育中も夜になると、近くの森から親鳥の鳴き声が聞こえる日があるという。「心配しているのでしょうね。だから毎回、親鳥が鳴く夜に、森の縁までひなを運んで放鳥している。今回もそうするつもり」と言い、「フクロウは福を呼ぶとか、『不苦労』の語呂合わせで縁起が良いとされる動物。大事にしてやるとええことがあるかなぁと毎回世話をしているが、これまで一度もええことは起こっていません」と笑った。
https://tanba.jp/2020/05/%E5%B1%85%E5%80%99%E3%81%AF%E3%80%8C%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%80%8D%E3%80%80%E5%B7%A3%E3%81%8B%E3%82%89%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%9F%E3%81%B2%E3%81%AA%E9%A3%BC%E8%82%B2%E4%B8%AD%E3%80%80/
http://archive.md/MRCBU
posted by BNJ at 11:12 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする