2020年11月05日

2020年11月3日の鳥類ニュース

カメラ少女・藍沙のいきもの大好き:清流の宝石 カワセミ - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20201103/kei/00s/00s/004000c
https://archive.md/lZ8aC

変身するフクロウ「ポポ」引退 掛川花鳥園、来年3月で|静岡新聞アットエス
https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/826779.html
https://archive.md/gIi02

ライチョウ、順調 中央アルプス「復活作戦」:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/DA3S14681634.html
https://archive.md/ANo39
放鳥のライチョウ、5羽の生存確認 中ア・木曽駒ケ岳 /長野 - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20201103/ddl/k20/040/144000c
https://archive.md/F0H7C
中アのライチョウ 50年ぶり群れ形成 | 信濃毎日新聞[信毎web]
https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20201103/KT201102FTI090025000.php
https://archive.md/f4EDU
ライチョウ親子、10羽生存 木曽駒ケ岳、繁殖事業「良好」:中日新聞Web
https://www.chunichi.co.jp/article/147941?rct=nagano
中アのライチョウ復活へ手ごたえ 冬羽姿確認 – Nagano Nippo Web
http://www.nagano-np.co.jp/articles/69450
https://archive.md/K3LUm

ライチョウ復活なるか、雛は成鳥並みの大きさ 調査ルポ:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASNC26W7MNC1UOOB009.html
https://archive.md/5GeLo

放鳥コウノトリが三田に飛来 池で餌をついばむ|三田|神戸新聞NEXT
https://www.kobe-np.co.jp/news/sanda/202011/0013834932.shtml
https://archive.md/pimtq

封じ込めへ防疫研修会 宇和島|愛媛新聞ONLINE
https://www.ehime-np.co.jp/article/news202011030021
https://archive.md/kBKRZ

マングースの捕獲数減でヤンバルクイナの生息域が回復 2026年度までに「完全排除」目指す | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/657803
https://archive.md/IOcCf

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 日別鳥類ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル発生で野鳥の監視強化 国、警戒レベル最高に | 共同通信

鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場に向かう防護服姿の関係者=5日午後1時12分
 環境省は5日、香川県三豊市の養鶏場での鳥インフルエンザ発生を受け、野鳥に対する全国的な警戒レベルを3段階あるうちで最も高い「レベル3」に引き上げた。また、発生した養鶏場の半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。香川県と連携し不審な野鳥の死骸がないか監視を強める。

 最高レベルへの引き上げは東京都大田区の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された2018年1月以来。韓国での発生を受けて先月30日、平時の「レベル1」から「レベル2」に引き上げたばかりだった。同日、北海道で野鳥のふんからウイルスが検出され、約2年半ぶりに国内で高病原性が確定していた。
https://this.kiji.is/697011669764162657?c=39546741839462401
https://archive.md/wOaWN

鳥インフル…野鳥の警戒レベル最高に 国が監視強化 - 産経ニュース
鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場で作業する防護服姿の関係者=5日午後3時3分(共同通信社ヘリから)

 環境省は5日、香川県三豊市の養鶏場での鳥インフルエンザ発生を受け、野鳥に対する全国的な警戒レベルを3段階あるうちで最も高い「レベル3」に引き上げた。また、発生した養鶏場の半径10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定。香川県と連携し不審な野鳥の死骸がないか監視を強める。

 最高レベルへの引き上げは東京都大田区の野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された平成30年1月以来。韓国での発生を受けて先月30日、平時の「レベル1」から「レベル2」に引き上げたばかりだった。同日、北海道紋別市で見つかった野鳥のふんからウイルスが検出され、約2年半ぶりに国内で高病原性が確定していた。
https://www.sankei.com/life/news/201105/lif2011050027-n1.html
https://archive.md/qftOh
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフルエンザ、通常は人に感染せず 熱で感染性失う - SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト

 香川県三豊(みとよ)市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認された。鳥インフルエンザは、A型インフルエンザウイルスによる鳥の病気だ。高病原性に感染すると、その多くが死ぬ。

鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場に入る防護服姿の関係者=5日午前
 国内で高病原性鳥インフルエンザが発生した場合は家畜伝染病予防法に基づき、必要な措置が講じられる。具体的には発生農場での殺処分や焼却、移動制限区域の設定などが実施される。

 厚生労働省によると、通常は人に感染することはない。国内ではこれまで、鶏肉や鶏卵を食べて鳥インフルエンザに感染したとの報告例はない。またウイルスは、加熱すれば感染性を失うとされる。

 ただきわめてまれとされるものの、海外では人の感染例がある。市場などで感染した鳥やその排泄(はいせつ)物、臓器などに濃厚接触したことが原因とみられている。

 このほかウイルス遺伝子の変異で、人から人へ感染する新型インフルエンザとなって流行することも警戒されている。
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/201105/mca2011051502013-n1.htm
https://archive.md/JLjW6
posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥インフル 同業者から不安の声相次ぐ - 産経ニュース

鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場に入る防護服姿の関係者=5日午前

 高病原性鳥インフルエンザが確認された香川県三豊(みとよ)市の養鶏場の周辺では5日、同業者から「卵が出荷できず不安」「対策を徹底する」との声が相次いだ。現場付近は「養鶏が非常に盛んな地域」(浜田恵造知事)。派遣された県の関係者らが作業を急いだ。

 発生場所となった養鶏場では5日朝、防護服を着た作業員を乗せたバスが到着。作業員は消毒用とみられる消石灰の袋を重機で運ぶなど慌ただしく動いた。

 「卵の出荷ができず心配だ」。現場から約3キロの距離にある別の養鶏場の男性(64)は不安を口にする。この養鶏場は計約18万羽を飼育し、1日に約10万個の卵を出荷。日頃から鶏舎周辺に石灰をまき、野鳥のふんの菌を死滅させるといった対策を取っていた。5日朝までに鶏が大量死するなどの異常はないが、「近くで発生してしまい残念。近隣には養鶏場がたくさんあり、鶏や卵が出荷できないのは痛手だ」(男性)

 現場から10キロ圏内にある養鶏場の男性社長(77)は5日朝、卵の出荷先業者からの話で鳥インフルの発生を知った。

 国内では10月、北海道紋別市の湖沼付近で見つかった野鳥のふんから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された。男性社長によると数日前、保健所から注意喚起され、鶏舎の消毒回数を増やしたばかりだった。男性社長は「今年は新型コロナウイルスの影響で卵が売れず、何もかも狂ってしまった。せめて鳥インフルがこれ以上広がらないよう、対策するしかない」と肩を落とした。
https://www.sankei.com/west/news/201105/wst2011050019-n1.html
https://archive.md/UwqBu

「卵出荷できない」 鳥インフルエンザで業者戸惑い - 産経ニュース
鳥インフルエンザが発生した香川県三豊市の養鶏場に入る防護服姿の関係者=5日午前

 高病原性鳥インフルエンザが確認された香川県三豊市の養鶏場の周辺では5日、「卵が出荷できない」と同業者から戸惑いの声が上がった。養鶏の盛んな地域での発生に、派遣された県の関係者らは早期の終息に向け、作業を急いだ。

 「関係者以外立ち入り禁止」の看板が入り口に立つ山々に囲まれた養鶏場。5日朝には白い防護服を着た作業員を乗せたバスが到着した。作業員は、消毒用とみられる消石灰の袋を重機で運ぶなど慌ただしく動いた。

 発生場所となった養鶏場から3キロ圏内にある養鶏場の60代男性社長は、4日夜に県から連絡を受けて知った。「検査を受けて陰性と分かるまで卵の出荷ができず困っている。万が一のことがあればどうしよう」と不安を漏らした。
https://www.sankei.com/life/news/201105/lif2011050008-n1.html
https://archive.md/mY0Yz
posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする