2014年11月17日

オランダの養鶏場でH5N8型鳥インフル、欧州委が緊急対策導入 【ロイター.co.jp 2014年11月17日】

[アムステルダム/ブリュッセル 16日 ロイター] - オランダ当局は16日、中部の養鶏場で感染性の高いH5N8型鳥インフルエンザが検出されたとして、15万羽の殺処分を開始した。欧州委員会の報道官は、緊急対応策を17日に導入する方針を明らかにした。
H5N8型は人から検出されたことはないが、韓国で発生した際には数百万羽が殺処分された。中国や日本でも検出された。(全文はリンク先で)
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKCN0J103T20141117

こちらは型が特定されています。大量の殺処分は悲しいことですが致し方ありません。
ttps://archive.today/KBSIc

posted by BNJ at 20:28 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: