2014年11月25日

野鳥から初の鳥インフル検出=ドイツで2件目[社会] 【NNA.EU 2014年11月25日】

ドイツ北部メクレンブルク・フォアポンメルン州で、野鳥からH5N8型の鳥インフルエンザ・ウイルスが検出された。同州では4日にも養鶏場で同型のウイルスが確認されており、国内では2件目。野鳥では欧州初となる。クリスチャン・シュミット農相の発表として、ウェルトなどが22日伝えた。(全文はリンク先で)
http://nna.jp/free_eu/news/20141125dem006A.html

世界的に流行の兆しを見せる鳥インフルです。イギリス、オランダ、ドイツと相次いで確認されています。
世界動物保健機関OIEによると、この3国で確認されたウイスルは今年初めに韓国で発生したものと類似しているとのことです。

ttps://archive.today/GqLXS

posted by BNJ at 20:34 | Comment(0) | 海外の鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: