2014年11月27日

カモ類から鳥インフル検出 鳥取で採取のフンから 宮城のハクチョウ死骸は陰性【産経WEST2014年11月27日】

鳥取県と環境省は27日、鳥取市気高町で18日に採取されたカモ類のふんから、高病原性の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。
 鳥取大が採取した。環境省は27日、採取した地点の周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定した。
 一方、環境省によると、宮城県栗原市で19日に見つかったオオハクチョウの死骸を確定検査した結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されなかったことも判明した。簡易検査で陽性反応が出ていた。環境省は周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定していたが27日に解除した。
http://www.sankei.com/west/news/141127/wst1411270033-n1.html

鳥取 野鳥から鳥インフルエンザウイルス【NHKオンライン2014年11月27日】
今月18日、鳥取市気高町で採取された野鳥のふんから強い毒性を持つ鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
環境省は周辺の10キロ圏内について、野鳥の監視を強化する地域に指定しました。
鳥取県によりますと、今月18日、鳥取大学が行った野鳥の調査で、鳥取市気高町の日光池周辺で採取した野鳥のガンやカモ類のふんを検査したところ、鳥インフルエンザのウイルスが検出され、強い毒性を持つ「H5N8」型だと確認されたということです。(全文はリンク先で)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141127/k10013529891000.html

鳥取のカモから鳥インフル ふんから検出【SANSPO.COM2014年11月27日】
鳥取県と環境省は27日、鳥取市気高町で18日に採取されたカモ類のふんから、高病原性の鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。周辺で野鳥が大量死する異常は見つかっておらず、県が半径10キロにある四つの養鶏業者を確認したが異常はなかった。
 鳥取県によると、韓国で今年1月から秋にかけて流行している「H5N8亜型」で、野鳥などを定期的に調査している鳥取大が18日にふんを採取した。(全文はリンク先で)
http://www.sanspo.com/geino/news/20141127/sot14112713150005-n1.html

鳥取の18日分がH5N8型と確認されたとのことです。
各地で簡易検査の陽性が出ていますが、この宮城のように本検査で陰性が出ているところがいくつかあります。
情報を注視する必要があります、

ttps://archive.today/HVyQQ
ttps://archive.today/1J731
ttps://archive.today/65UU7

posted by BNJ at 21:32 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: