2014年11月29日

鳥インフルで全国初の協定 熊本県と日本野鳥の会県支部 連携し監視体制強化【日本農業新聞e農ネット2014年11月29日】

 高病原性鳥インフルエンザが近隣アジア諸国で発生しているのを受け、熊本県は28日、日本野鳥の会熊本県支部と野鳥の監視体制強化に向けた連携協定を締結した。自治体と日本野鳥の会との協定は全国で初めて。死亡野鳥の情報共有や死亡野鳥の種の判別、鳥インフルの知識普及で連携、協力する。(全文はリンク先で)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31010

全国初 高病原性鳥インフルで県と日本野鳥の会が協定【TKUテレビ熊本2014年11月29日】
高病原性鳥インフルエンザの早期発見へむけた連携協定が県と日本野鳥の会熊本県支部との間で結ばれました。県内で鳥インフルエンザが確認された場合、速やかな感染拡大防止が期待されます。協定は、県内で死んだ野鳥調査に必要な情報収集の精度を上げるために県内に472人の会員をもつ日本野鳥の会熊本県支部の協力を得ようと結ばれました。調印に臨んだ県支部の高野茂樹支部長は「普段から鳥を観察していることが役に立ててうれしい」とあいさつしました。(全文はリンク先で)
http://www.tku.co.jp/web/news_article/%E5%85%A8%E5%9B%BD%E5%88%9D-%E9%AB%98%E7%97%85%E5%8E%9F%E6%80%A7%E9%B3%A5%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%81%A7%E7%9C%8C%E3%81%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%87%8E%E9%B3%A5%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%81%8C

鳥インフル監視に野鳥の会 熊本【産経ニュース2014年11月29日】
 野鳥による高病原性鳥インフルエンザウイルスの監視体制を強化するため、熊本県は28日、日本野鳥の会県支部(高野茂樹支部長)と「高病原性鳥インフルエンザ(野鳥関係)に関する連携協定」を締結した。死亡した野鳥の情報収集で野鳥の会県支部の協力を得るといい、全国初の試み。(全文はリンク先で)
http://www.sankei.com/region/news/141129/rgn1411290069-n1.html

意外にも全国初の協定とのこと。
見出しにその点が書かれている日本農業新聞をトップに引用しました。

ttps://archive.today/pRu1r
ttps://archive.today/ZAW0h
ttps://archive.today/dshdE

posted by BNJ at 23:57 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: