2014年12月01日

半径3キロ農場異常なし 出水ツル鳥インフル【373news.com2014年12月1日】

出水平野で衰弱死したツルから高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、鹿児島県は30日、監視区域内(ツルの回収地点から半径3キロ)の養鶏場33カ所を立ち入り検査。県畜産課によると、飼われている鶏91万4000羽の健康状態に異常はなく、適正な衛生管理が行われていたという。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=61821

とりあえずは朗報です。今後の動向が注目されます。
ttps://archive.today/teCpU

posted by BNJ at 23:59 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: