2014年12月05日

野生生物写真家嶋田忠さんが千歳市に常設ギャラリー【苫小牧民報2014年12月5日】

日本を代表する野生生物写真家で千歳在住の嶋田忠さん(65)が、市内蘭越の道道支笏湖公園線沿いに自身の作品を常設展示する「嶋田忠ネイチャーフォトギャラリー」を5日にオープンした。鳥を観察できるカフェと併設の撮影スペースを設けた。「世界のジャングルを歩いてきましたが、ここが一番だと思う」。34年間、ファインダー越しに向き合った本道の自然や千歳川流域で今まさに生きている鳥の姿を多数展示している。
 長く親交を続け、自然について数々の教えを受けたアイヌ文化伝承者、故中本ムツ子さん(2011年死去)の旧宅を取得して改修した三角屋根の施設。床面積約130平方メートル。入館すると1階にギャラリーが広がる。(全文はリンク先で)
http://www.tomamin.co.jp/20141219686

これは是非行ってみたいギャラリーです。
バードウォッチングができるカフェも併設されているそうです。
プロの写真を大判で見られる場所は意外と少ないので、機会があれば是非。

ttps://archive.today/HWGvt

posted by BNJ at 18:14 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: