2014年12月05日

出水鳥インフル 16養鶏場検査、1農場再指導【373news.com2014年12月5日】

出水平野で越冬中のツル1羽が高病原性鳥インフルエンザに感染した問題で、鹿児島県は4日、感染ツルの回収地点から半径3〜10キロ内の養鶏場16カ所の立ち入り検査を終えた。飼われている鶏に異常はなかったが、1農場で防鳥ネット整備に不備が見つかり、県の再指導を受けた。
http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=61925

不備が見つかったのは残念ですが、形式だけの調査ではないのは良いことです。
ttps://archive.today/RDptJ

posted by BNJ at 23:29 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: