2014年12月07日

浸透せぬ防疫意識 渡り鳥、日本も警戒 韓国で鳥インフル猛威【日本農業新聞e農net2014年12月7日】

【ソウル斯波希】韓国で高病原性鳥インフルエンザが猛威を振るっている。今年の発生数は過去最高の245件に上り、ほぼ年間を通して続いた。鶏よりも症状が出にくいアヒルの飼育農場でまん延したことが大きい。アヒル農家の農場消毒などに対する意識が低いのも原因だ。ウイルスを運ぶ可能性が高い渡り鳥の移動がピークを迎え、日本でも最大限の警戒が必要だ。
経営を再開した農場で防疫作業の準備に余念がない朴さん(韓国・忠清北道で) 「これまでは夏になるまでに根絶していたが、今回は異例だ」。鳥インフル対策を研究するソウル大学の金載弘教授は強調する。1月の発生後、アヒルを中心に家きんで大発生し、約1400万羽が殺処分された。夏に終息し、9月4日に全ての地域で家きんの移動制限が解除されたが、同月24日に再発。冬の流行期に入ったとみられる。(全文はリンク先で)
http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=31140

韓国からです。
先に1400万羽の殺処分のニュースがありましたが、原因が書かれています。
やはり消毒等防疫の意識が低かったようです。現在は徹底しているとのことです。

韓国の鳥インフル深刻 殺処分は年間最多1400万羽超【朝鮮日報2014年12月5日】
ttps://archive.today/b4ROH

posted by BNJ at 23:57 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: