2014年12月08日

寄り添うエゾフクロウ 三笠の林に愛の巣【北海道新聞2014年12月8日】

【三笠】三笠市内の林の中の木のうろで、降り積もった雪の中、2羽のエゾフクロウが寄り添っている。札幌市円山動物園によると通常の求愛行動は年が明けてからだが、2羽がつがいであれば来春にヒナが生まれる可能性があるという。(全文はリンク先で)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/578966.html

ほっこりするニュースです。リンク先の写真が良いです。
ttps://archive.today/z0x8s

posted by BNJ at 20:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: