2014年12月08日

兵庫は高病原性検出せず 低病原性で問題なし【共同通信2014年12月8日】

兵庫県は8日、南あわじ市で11月29日に死骸が見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たアイガモを鳥取大で確定検査した結果、高病原性ウイルスは検出されなかったと発表した。
 県によると、アイガモからはH1N1型ウイルスが検出されたが、低病原性で問題はないという。発見場所の半径10キロ圏内の監視体制も解除した。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120801001581.html

鳥インフルエンザウイルス自体は水禽に常在です。これもその種のものでしょうか。
H1N1型というと人のA型で聞く型ですが詳細はわかりません。

ttps://archive.today/MiH3R

posted by BNJ at 20:13 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: