2014年12月15日

モニタリングサイト1000 平成26年度シギ・チドリ類調査 春期調査結果について(お知らせ)【環境省2014年12月15日】

環境省生物多様性センターでは、モニタリングサイト1000の一環として実施しているシギ・チドリ類調査について、平成26年度の春期(2014年4月〜5月)に行った調査結果をまとめました。全サイトの最大個体数の合計は53種、97,499羽で、このうち連続して調査を行っているサイトでは54,850羽と昨年度の67,078羽から減少となりました。減少の主な要因は年変動が非常に大きいヒレアシシギ類が少なかったことによるもので、ヒレアシシギ類を除くと安定して推移していました。
 また、絶滅危惧U類のタカブシギ、セイタカシギ、ツルシギ等水田や湖沼などの内陸の湿地に生息するシギ・チドリ類7種について、モニタリングを開始した2004年以降の個体数が減少傾向にあることがわかりました。減少の要因として、水田などの農耕地や湖沼、河川などの生息地の環境の変化が考えられ、今後の動向に注意する必要があります。(全文はリンク先で)
http://www.env.go.jp/press/100111.html

ttps://archive.today/XMyJE

posted by BNJ at 23:07 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: