2014年12月12日

冬の精霊【中国国際放送2014年12月12日】(鳥類コラム)

ナビゲーター 黄競

 冬、大地は雪でうす化粧し、あたりは一面の銀世界になります。遠く寒いシベリアから飛んでくる白鳥や丹頂鶴、雁など多くの鳥が川と湖の畔に生息し冬を越します。雪の世界を軽快に舞うこれらの冬の精霊たちは、万物が枯れる冬に命の音楽を奏でます。今回の中国メロディーは、これらの冬の精霊を称える音楽を楽しみましょう。

白鳥の湖

 冬、北国の氷結する川面では、つがいの白鳥が舞う様子がよく見られます。白鳥たちは互いに寄り添い、とても仲むつまじい様子です。また、その鳴き声も静かで、心地よいものです。そんな白鳥は、ヨーロッパ文化において神聖かつ美しい精霊と見なされます。ロシアの有名な作曲家・チャイコフスキーの代表作「白鳥の湖」は、白鳥の美しさを音楽で表現しました。(全文はリンク先で)
http://japanese.cri.cn/941/2014/12/12/1s230149.htm

ページを開くと音声がスタートします。ご注意ください。
20分ほどの音声番組です。鳥類に関連した中国の歌と解説が流れます。
オリエンタルな情緒です。

ttps://archive.today/gZFN7

posted by BNJ at 23:17 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: