2014年12月16日

政府、鳥インフルで閣僚会議 緊密連携を確認【共同通信2014年12月16日】

宮崎県延岡市で高病原性鳥インフルエンザが発生したことを受け、政府は16日午前、首相官邸で関係閣僚会議を開き、防疫措置を迅速に進めるため各省が緊密に連携することなどを確認した。

 菅義偉官房長官は「政府一丸となって感染拡大の防止のため万全の対応をしたい」と述べた。

 農林水産省は16日、疫学調査チームを現地に派遣することを決めた。家畜衛生や野鳥の専門家で構成され、周辺環境や農場の状況を調査する。発生現場の近くには野鳥が飛来する可能性があるダムがあり、関連も調べる。小泉昭男副大臣も同日、現地入りする。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121601001282.html

家禽からの検出に伴い国も対応に追われています。
野鳥に対しては環境省が対策していましたが、家畜に対しては農林水産省のようです。
縦割りな感がありますが、成果を期待しましょう。

ttps://archive.today/lpvY3

posted by BNJ at 23:54 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: