2014年12月16日

<宮崎鳥インフル>埋却処分が終了…農水省、現地で調査開始【毎日新聞2014年12月16日】

宮崎県延岡市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認され、宮崎県などは防疫措置で殺処分した約4000羽の埋却処分と発生現場の消毒作業を16日午後7時半ごろに終えた。この養鶏場が出荷した有精卵約6万個も回収して埋却した。農林水産省の「疫学調査チーム」が現地入りし、ウイルスの侵入経路などの調査を始めた。

 県は防疫措置発動に伴い半径3キロ圏内を鶏の移動制限区域、半径10キロ圏内を搬出制限区域と設定し、宮崎、大分両県で農場3戸計1万9580羽の移動や出荷を制限した。

 一方、農水省の疫学調査チーム4人は発生養鶏場で人や畜産資材の出入りなどを調査している。発生農場のそばには川が流れており、野鳥などから感染した可能性も念頭に調べる。

 県畜産新生推進局によると、延岡市の発生養鶏場では14、15両日に計29羽が死んだ。死んだ3羽と生きている2羽を宮崎家畜保健衛生所(宮崎市)で遺伝子検査し、鳥インフルエンザウイルスを確認した。県などの職員計134人が16日未明から防疫措置に着手し、殺処分は約5時間で終了した。並行して隣接地への埋却処分と農場消毒が進められた。【門田陽介、中村清雅】
http://mainichi.jp/select/news/20141217k0000m040092000c.html

公益性が高いニュースと判断し全文引用しました。
埋却、移動出荷制限等その措置が完了したようです。

ttps://archive.today/7Y6zs

posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: