2014年12月17日

鳥インフル 養鶏王国を覆う不安 初動に区切り、隣県は警戒か【産経ニュース2014年12月17日】

 野鳥レベルから、ついに養鶏に−。宮崎県延岡市で高病原性鳥インフルエンザウイルスの遺伝子が16日確認された。九州南部は全国一の「養鶏王国」だ。ブロイラー飼養数が国内最多の宮崎県は、計約100万羽超の殺処分に泣かされた約4年前の悪夢再来を懸念。夜には防疫を終え、初動対応に一区切りつけたが、県境を接する大分県は飛び火を警戒している。

 宮崎県日向市で養鶏場を営む古本みつ子さん(52)は「4年前はうちも10キロ圏に入っていて大変だった。消毒を徹底し、感染が拡大しないよう祈るばかり」と不安そう。

 16日午前、県庁で開かれた緊急会議には養鶏団体関連の60人が参加。長友種鶏場の長友浩一郎さん(73)は「搬出制限が長くなると商売にならない」と肩を落とした。

 発生農場には重機や消毒液用のタンクが次々運び込まれ、雨の中、白い防護服の県職員らもバスで到着。農場に続く道では、出入りする車を市職員らが消毒した。(全文はリンク先で)
http://www.sankei.com/life/news/141217/lif1412170022-n1.html
http://www.sankei.com/life/news/141217/lif1412170022-n2.html

養鶏農家さんの苦悩が書かれています。
ttps://archive.today/iAJAj
ttps://archive.today/7yFkF

posted by BNJ at 23:58 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: