2014年12月19日

滋賀・草津の湖岸にコハクチョウ 昨年より1カ月早く【京都新聞2014年12月19日】

 滋賀県内全域が雪化粧に覆われた18日、渡り鳥のコハクチョウが、草津市志那町の琵琶湖沖に飛来したのを、環境ボランティア団体「草津湖岸コハクチョウを愛する会」が確認した。昨年より1カ月ほど早いという。

 午前7時半ごろ、コハクチョウ6羽が姿を見せた。そのうち4羽は30分後に飛び立ったが、2羽は湖上を優雅に泳いでいる。同会によると、2羽はつがいで、07年から毎冬飛来しているという。(全文はリンク先で)
http://kyoto-np.jp/environment/article/20141218000156

うれしい飛来のニュースです。
ttps://archive.today/fRILZ

posted by BNJ at 20:58 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: