2014年12月20日

大雪影響?つかの間“珍客” 千代田湖【さんにちEye2014年12月20日】

 甲府市下帯那町の丸山貯水池(通称千代田湖)に、コハクチョウの群れが飛来した。成鳥4羽と若鳥5羽が、湖面で水草などの餌をついばんだ。地域住民が18日朝に確認したが、翌19日にはいなくなっていた。
 コハクチョウは夏場をシベリアなどで過ごし冬鳥として日本に渡来する。県内では毎年、笛吹川流域などで確認されているが、数は少ない。
 やまなし野鳥の会は「北日本や日本海側で雪が多く餌がとれないため南下してきた可能性がある。丸山貯水池での確認は久しぶりだ」としている。(全文はリンク先で)
http://www.sannichi.co.jp/article/2014/12/20/00024173

寒波の影響でしょうか。こういうこともあるので観察が欠かせません。
ttps://archive.today/EbkFW

posted by BNJ at 23:00 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: