2014年12月20日

清楚でスマートなユリカモメ 鳴き声は恐竜のよう【日本経済新聞2014年12月20日】

 これから年明けまでのわずかな期間が私たち哺乳類と鳥類の「歴史」に相当する。太陽を回る惑星として46億年前に地球ができたとして、今日に至るまでを1年365日に例えると、脊椎動物が誕生したおよそ5億年前は11月末頃となる。魚類、両生類、爬虫(はちゅう)類という進化の中で恐竜の時代が12月中旬で、哺乳類と鳥類の繁栄はそれ以降のはずだ。

■カモメで唯一内陸でもよく見る

 体温を一定に保つことができ、学習能力に優れ、子育てをする高等動物と威張ってみても、地球の歴史では新参者であり、私たちが下等と見なす命ほど大先輩に当たる。

 ユリカモメの声を聞いて「恐竜みたい」と言った人がいる。恐竜の声を聞いたことはないが、ギャーとかギューとか聞こえるしわがれ声はお世辞にもよい声とは言い難い。見た目は清楚(せいそ)でスマートだから「天は二物を与えず」の好例と言えまいか。(全文はリンク先で)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80689010Z01C14A2000000/

日本野鳥の会主席研究員安西英明氏がユリカモメについて解説しています。
ttps://archive.today/ydJ8h
ttps://archive.today/xa47A

タグ:ユリカモメ
posted by BNJ at 23:20 | Comment(0) | 鳥類コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: