2014年12月21日

鳥インフルで養鶏場巡回調査 宮崎【産経ニュース2014年12月21日】

 宮崎県は20日、延岡市北川町の養鶏場の鶏からH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを受け、県内各地で養鶏場の巡回調査を始めた。感染源の可能性が指摘される野鳥が集まりやすい川や池に近い地域が対象。

 県によると、県内に3カ所ある家畜保健衛生所の職員が調査した。鶏に異常がないか聞き取り、鶏舎の防疫態勢を確認する。年内に調査を終える。

 農林水産省は19日、ウイルスをH5N8型と確認したと発表し、感染経路の特定を急いでいる。
http://www.sankei.com/region/news/141221/rgn1412210009-n1.html

県による巡回です。市や国との連携などあるのでしょうか。
ニュース記事を追う限り各県ともそれぞれがバラバラに動いている印象があります。

ttps://archive.today/2EOyW

posted by BNJ at 23:28 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: