2014年12月22日

カルガモがインフル陽性 鹿児島、野鳥6羽目【産経WEST2014年12月22日】

 鹿児島県は22日、出水市でカルガモ1羽の死骸が見つかり、遺伝子検査の結果、鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。高病原性かどうか調べるため、鹿児島大で確定検査している。

 県によると、出水市で陽性反応が出た野鳥は今季6羽目。出水市の巡回監視員が21日朝、ツルのねぐら近くの水田で死骸を発見した。

 出水市では11月下旬以降、ツル3羽のH5N8型高病原性鳥インフルエンザ感染を確認し、ツルのねぐらからもウイルスを検出した。今月20日にはカモ2羽の死骸の遺伝子検査で陽性反応が出ており、確定検査を実施している。http://www.sankei.com/west/news/141222/wst1412220057-n1.html

まだ確定ではありません。確定検査の結果が待たれます。
ttps://archive.today/TNUsA

タグ:カルガモ
posted by BNJ at 20:44 | Comment(0) | 野鳥ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: