2014年12月30日

山口で高病原性鳥インフル 3万7千羽殺処分へ【共同通信2014年12月30日】

 山口県は29日、同県長門市日置中の農場の死んだ鶏4羽から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを明らかにした。その後の遺伝子検査でH5型の高病原性と判明した。この冬の国内の家禽での発生は宮崎の2例に続き3例目。

 一方、宮崎県では同日、高病原性の発生で殺処分した鶏約4万2千羽を土に埋めて鶏舎を消毒、防疫措置を終えた。

 山口県によると、農場で飼育しているのは食用の鶏を産む種鶏で、28日に4羽、29日に17羽が死んだため農場の担当者が簡易検査を実施。陽性反応が出たため、県家畜保健衛生所であらためて簡易検査を実施したところ、再度陽性となった。
http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014122901001802.html

昨日の陽性反応から再度簡易検査陽性で殺処分が決まったというニュースです。その後の経過についても続けて掲載します。
ttps://archive.today/v4zQf

posted by BNJ at 23:42 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: