2014年12月30日

長門で鳥インフル陽性 県が移動制限要請【山口新聞2014年12月30日】

長門市日置中の養鶏場でニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、山口県は29日、簡易検査の結果、高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。県は遺伝子検査を行うとともに、半径10キロ以内にある養鶏場などに対してニワトリや卵の移動を制限するよう要請した。高病原性と判明した場合、宮崎の2例に続き、この冬の国内の家禽(かきん)での発生は3例目となる。

県畜産振興課によると、養鶏場は食用のニワトリを繁殖させる親鳥約3万7千羽を飼育。28日に4羽、29日に17羽の計21羽が死んだため、養鶏場の職員が簡易検査を実施し、陽性反応を確認。同日午後2時40分ごろ、西部家畜保健衛生所に「死ぬニワトリの数が増えている」と通報した。県が行った簡易検査でも、17羽のうちの5羽から高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出た。

県は死んだニワトリの遺伝子検査を実施するとともに、同養鶏場の半径10キロ以内にある家禽農場や食肉処理場など29カ所の約62万羽のニワトリや卵などの移動制限を要請。遺伝子検査の結果は同日深夜から30日未明に判明する見通し。

遺伝子検査で鳥インフルエンザの疑いが強いと確認された場合、県職員ら約150人態勢で養鶏場のすべてのニワトリを24時間以内に殺処分して焼却処理する。養鶏場の半径3キロ以内をニワトリや卵の移動制限区域、同じく半径10キロ以内を出荷制限区域に指定する。

県は同日夕方、県や県教委、県警などの関係課で構成する県高病原性鳥インフルエンザ対策連絡会議を開いた。会長の野村雅史農林水産部長は「ほかの養鶏場へのまん延防止など対策に全力で取り組んでほしい」と呼び掛けた。検査結果が判明次第、村岡嗣政知事を本部長とする県防疫対策本部会議を招集して万全の対策を講じるという。

高病原性鳥インフルエンザが確認された場合、県内での発生は2011年2月の宇部市常盤公園以来となる。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2014/1230/1p.html

公益性を考え全文引用しました。
ttps://archive.today/wbiaM

posted by BNJ at 23:44 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: