2014年12月30日

長門市の養鶏場で鳥インフルの疑い 県職員ら150人を派遣【山口新聞2014年12月30日】

29日、長門市日置中の養鶏場で飼育中のニワトリから高病原性鳥インフルエンザの疑いが出たことを受け、正月休暇に入っていた山口県の職員らは同日夕方から30日未明にかけて、情報収集や対応策準備などに追われた。同日午後11時、現地対応を行う県職員ら約150人を県庁から派遣した。

県畜産振興課によると、同日午後2時40分ごろ、長門市の養鶏場から鳥インフルエンザの疑いがあるとの報告があった。県西部家畜保健衛生所の職員が立ち入り、死んだニワトリを簡易検査し、同日午後5時半ごろに高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出た。

同日午後6時半から、県や県教委、県警などの関係課で構成する県高病原性鳥インフルエンザ対策連絡会議を開いた。遺伝子検査で鳥インフルエンザの疑いが強いと確認された場合、24時間以内の殺処分、ニワトリや卵の移動制限区域と出火制限区域指定、養鶏場や周辺地域への消毒の実施などを確認した。

県は、28日に宮崎市での「H5亜型」の鳥インフルエンザ発生を踏まえ、県内の養鶏場などへの注意喚起や監視体制の強化を継続していた。鳥インフルエンザの疑いが出た養鶏場では防鳥ネットの破損はなかったという。県畜産振興課の水原孝之課長は「他の養鶏場へのまん延防止も含め、対策に全力で取り組む」としている。
http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2014/1230/2p.html

公益性を考え全文引用しました。対応に追われています。
ttps://archive.today/m4iFN

posted by BNJ at 23:45 | Comment(0) | 養鶏畜産ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: